みんなの転職経験談_横バナー

LINEで転職の気軽な相談はコチラから

ドライバーの転職サイト1
自動車・トラックの整備点検と故障・トラブル原因と修理

エンジンオイル漏れの解決とオイル交換の費用・価格・工賃

エンジンオイル漏れに気が付かないと、予期せず警告灯が点灯して焦ってしまったり、事業用自動車の場合は特に環境問題に発展したりと、いろいろな影響がでます。漏れにいち早く気付き、的確な処置をすること、慌てずに対処できるよう処置方法やメンテナンスなどをご紹介します。

エンジンオイルの漏れたときの症状と原因は?

エンジンオイルが車外に漏洩する外部漏れとエンジン装置の中の内部漏れがあり、漏洩しているのを発見したり、油量が減ることで気が付きます。外部漏れは環境汚染に直結する問題でもありますので、特に事業用自動車はオイルが流出しないように、整備を怠ってはいけません。どちらにしても燃焼室にオイルが入り込んでしまうため、次々に燃えてしまいますので、気が付いた時にはオイルが無くなっていたというケースも少なくありません。エンジンオイルが空では自動車は走ることができませんので、走行中に無くなってしまうと思わぬ事故につながったり、修復不可能な故障になりますので注意しましょう。

エンジンオイルの外部漏れの場合の症状と原因

自動車の駐車場で、ちょうどエンジン付近の地面にポツポツと黒いしみが出来ていたり、雨の日に虹色の油膜が浮いてきたらオイルが漏れている可能性が高いです。まずは臭いを嗅いでオイルかガソリンか判断しましょう。やり方は、手でシミを触ってみてください。べたべたした感触で手に付いたらオイルですが、さらっとして手につかない場合はガソリンの可能性があります。ガソリンが漏れていた場合、エンジンをかけずに対処しなくてはいけません。

オイルキャップやヘッドカバーパッキンの劣化の為、オイルが部品の継ぎ目から燃焼室へ滲み出る事象がおきます。実際、これが一番多いエンジンオイル漏れの症状と言われており、車両を動かさず長期的に保管する場合もエンジンルーム下部の路面にオイルの斑点ができる場合があります。また、劣化だけでなく、事故などオイルパンが接触により損傷してオイル漏れを起す場合もあります。

エンジンオイルの内部漏れの場合の症状と原因

古い年式の自動車に起こりやすい現象で、オイル上がりと言って、シリンダーとピストンリングの隙間からオイルが燃焼室へ気化したオイルが上がります。ブローバイガスという未燃焼ガスです。かつては路面に向けて放出の為のパイプが設置されていましたが、環境問題が特に取り沙汰されるようになり、再循環型が多く採用されています。ブローバイガスは高圧、高温の気体ですので接合部から漏れ出しやすく、部品の外に出た気体が凝結することにより液化します。燃焼室で燃える為、放っておくとマフラーから蒸気よりも濃く青白い煙が大量に放出されるようになりますし、マフラーは走行中、高温になりますので漏れたエンジンオイルが付着すると引火する恐れもあります。

エンジンオイルが漏れるとどんな問題が起こるの?

エンジンオイルが漏れて起きる問題

オイル漏れで量が足りない状態のときにひとまず補充だけして走行しても、根本的な原因は解消されていないので、異常が進み更にオイルが減ることも考えられます。

オイル不足はオーバーヒートの原因でもありますし、摩擦によりエンジン内部や燃焼室を破損しかねません。エンジンオイルが漏れていては車検の合格基準に満たないですし、公道にオイルをポタポタ垂らしながら走行するのは道路交通法違反であり、法律で禁止されています。

油は水の上ではあっという間に薄く広範囲に広がる性質がありますので、環境問題に関心が高まる近年では特に、流出したオイルで生活環境に被害が生じるとして、行政などが厳しく目を光らせています。

事業用自動車でエンジンオイルが流出した場合

事業用自動車においては特に顕著で、配送先の企業などでオイル漏れを起こしてしまうと、緊急の漏洩油回収処置を施すだけでなく、非常に厳しい指導をうけることになります。相手企業も行政に報告をしたり拡散防止の処置をしたりと重大な事故なのです。

過去の事業用車両の火災事故の統計によると、火災事故原因のうちおよそ12%がエンジンオイルの漏出が原因の火災で、その理由として点検整備不十分や整備作業ミスの割合が多く報告されています。出荷箇所の調査では、エンジン付近からの出荷がおよそ半数を占めています。

エンジンオイルが漏れた時の応急処置はどうすればいいの?

エンジンオイル添加剤ってなに?効果はあるの?

エンジンオイルが漏れる原因により緊急性が多少変わってきますが、まだ走行に影響が出ない程度のオイルの滲みでは応急処置にもいろいろな手段があります。

まずオイルが滲み出ている箇所を含め周辺をきれいに清掃しましょう。塵や埃を払拭することでシーリング効果が高まる可能性があります。それでもまだ滲みがある場合には早いうちに手を打ったほうが良いです。オイル量が減少している場合にはオイルの補充が必要で、その際の添加剤の投入は簡単で有効な応急処置の一つです。

オイル添加剤は修理に比べ安い値段で、エンジンオイルに混ぜるだけでちょっとしたオイル漏れや滲みが改善される優れものです。これにより漏れや滲みの症状が改善した場合、車検も合格です。自動車の代替えを考え中や車検が迫っているが予算がない場合など、急場しのぎの応急処置であれば十分使える方法ですが、すでにオイルが滴ってしまっているようなオイル漏れは添加剤での回復は難しいかもしれません。

添加剤には効果の違うタイプがあり、いずれも数千円から2万円程度の価格でカー用品店やガソリンスタンドなどで扱っています。比較的安い価格で購入できるのが、シールを腐食させて膨らませることでシーリング効果を高めるタイプの添加剤です。それ以外にはオイルと混ざった添加剤が滲み出たところで硬化するタイプや、従来にはなかった内部に被膜を作るタイプなどがあります。グレードが低すぎる添加剤だと質が悪く、エンジンの機能が低下する恐れがありますので、評価重視で選定し、多少値が張っても高評価の添加剤を選びましょう。

添加剤の効果には即効性が無いので、車検対応の場合には、直前ではなく2週間程度時間を見て前もって使用したほうが良いでしょう。そして万が一効果が無かった場合でも添加剤は併用せず、どうしても別の添加剤を試したいときには、添加剤の混じったオイルを抜き、新しいオイルに交換する際に別のタイプの添加剤を補充するようにしましょう。 

エンジンオイルが漏れたときの修理の費用・価格や工賃は?

エンジンオイル漏れときはどんな修理をするの?

修理内容はエンジンオイルの漏出量にもよりますが、オーバーホールが必要な修理もあります。漏れている箇所によって、オーバーホールの範囲を絞ることができますので、一部のみ分解で済む場合もあります。交換の部品の内容により料金も違いますので、見積もりを取るなどして確認してください。

シリンダーブロックやシリンダーヘッドに歪みがあるとオーバーヒートの原因となったり、オイル漏れが起きたりします。オーバーホールでシリンダーブロックやシリンダーヘッドに歪みが確認された場合には研磨または部品の交換という対処方法があります。

エンジンオイル漏れの修理費用・価格や工賃は?

オーバーホールが必要な場合、数十万円の修理費用がかかります。分解する範囲などにより費用や工賃が変わってきますので、どこまで分解するのか、どの部品を交換するのか、清掃の内容や箇所、など詳しくドライバー本人の納得のいくまで整備士に説明を受けると良いでしょう。

次に部品の価格と工賃の目安の例を挙げていきます。まず『オイルドレンボルト』が緩んでいる場合の相場は千円程度です。自分で調整する場合は締めすぎないようにしましょう。かませて締めることで漏れを防ぐ『オイルドレンワッシャー』をプラスすると2千円程の工賃が上乗せになります。オイルパンを外して乾かし、パッキンを交換しておよそ1万5千円です。外部の漏れは6千円から1万5千円前後の値段設定が多いようで、作業が困難な車や新しい機能への対応は高めの相場です。

エンジンオイル漏れの修理はどこに頼んだらいいの?

オーバーホールは自分で分解するのではなく、信頼のできる整備士などの、有資格者がいる修理工場やディーラーに依頼すると良いです。費用でみると、修理工場では部品ごとに点検をしますので、修理が必要な部分だけ交換やメンテナンスをするのに対し、ディーラーはパーツ全体として安全性を見るので、丸ごと交換する事が多い為、修理工場の方が的確で納得しやすい料金でしょう。いずれにしろ、ドライバーなど、人命を預ける自動車の主要部分の点検、整備を任せるのですから、しっかりコミュニケーションを取りましょう。

エンジンオイルに違いはあるの?

自動車とエンジンオイルの相性が悪いと、重く感じたりエンジンにキレが無くなります。相性が良いと踏み込んだり交換時期が近くても、劣化が少なく割と長く使用できます。エンジンオイルはカー用品店でもホームセンターでも多くの種類が並んでおり、どれを選べばよいのか違いが難しいですね。ここで紹介する主要なオイルメーカーはほぼ、どこかで見聞きしたことがあるメーカーだと思います。特徴の違いを見てみましょう。

主要なエンジンオイルメーカーと主な特徴は?

・ワコーズ…整備工場などではよく目にする有名なメーカーです。メーカーが整備工場などに直接訪問営業をする伝統的な販売スタイルの日本製です。

・モービル…いろいろなニーズに対応できる万能オイル ベンツを100万km走らせても新車同様だったというのは有名な話です。

・カストロール…摩擦を低減させ、エンジン自体の力を最大限で伝えるオイルです。油膜強度が強くなる技術を取り入れています。

・スノコ…最高級のエステルオイルを配合しています。グレードが高いオイルですが、とてもリーズナブルに仕上がっています。

・アッシュ…ポリマーを使用していない劣化しにくいオイルが特徴です。

他にもエステルコアテクノロジーを進化させたレスポンスの良さが特徴のオイルや低排出車、燃費基準達成車に適したオイル、グレードの高い車に適したオイル、添加剤の硫黄分を低減し劣化を防いで寿命が長いオイル、超高温でも耐久性のあるオイルなどがあります。

車種にあう指定粘度やグレードがオイルの選定基準ですが、10万kmを過ぎた車では指定粘度だと相性が合わなくなってくることがあり、そのような時には多少硬めのオイルを選ぶと良いです。

エンジンオイルにはどんな点検・メンテナンスをしておけばいいの?時期や頻度は?

エンジンオイルに必要な点検・メンテナンス

エンジンオイルはエンジン内部を冷却し、動作を潤滑する血液のような存在ですが、エンジンの中で循環する閉ざされた環境にあるものですので、基本的には減ることがありません。しかし、自動車の走行距離や使用頻度、環境などにより劣化に差が生じます。例えば渋滞時のノロノロ運転や短時間のタウンユースの自動車の場合、始動してからエンジンが温まる前に目的地に到着しエンジンストップするなど、ドライバーの想定以上にオイルが劣化するのです。

日ごろからエンジン回りをよく清掃、観察しオイルが滲み出ている箇所がないか目視することは異常の早期発見に非常に有効です。そして、ドライバー自身が行うべき点検は、オイルゲージで始動前の冷えた状態のオイルをチェックすることです。オイルの汚れ具合、量、異物混入がないかなどを確認しましょう。量が少ない場合は継ぎ足しが必要ですが、入れすぎや別メーカーのオイル継ぎ足しは厳禁です。別のメーカーのオイルに変えるタイミングはオイル交換のときがベストです。 

エンジンオイルの交換時期や頻度はいつ?

品質レベルや性能をアルファベット2文字で表す『グレード』と、温度による『粘度』が表示されていますので、自動車の取扱説明書に従って適合した物を選びましょう。この選択を間違えると燃費が明らかに悪くなったり、エンジントラブルが起きてしまいます。

交換時期の目安はガソリン車で1万5千km毎か1年毎程度、ガソリンターボ車で5千km毎か、6か月毎程度、ディーゼル車で5千km~1万km毎か、半年~1年毎です。走行距離か頻度のうち先に近づいた方を優先させましょう。

車種やオイルのグレード、自動車の使用環境などによって交換時期が異なりますので、良いタイミングでオイルの交換及びオイルエレメントも同時に交換すると効果的です。ディーラーが勧める、法律で定められている法定点検の時期に同時に依頼する人も多いです。

ディーラーや修理工場などで修理の指摘があった場合、エンジンを下す作業には特別な工賃が発生しますので、同時に交換すべき消耗品がないか確認も行い、換え時の物は多少時期が早めでも一度に取り替えるなど、賢くメンテナンスしましょう。

 

事故の統計からみると、エンジンオイルの劣化が火災事故の引き金となっている場合も多いようです。部品やオイルどれ一つを取っても自動車の安全に不要な物はありません。法律で決められている整備の根本には、安全が必ずついてきます。正しい整備で安全なカーライフを送りましょう。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー