みんなの転職経験談_横バナー

LINEで転職の気軽な相談はコチラから

ドライバーの転職サイト1
ドライバー/運転手関連の仕事一覧

精密機械の配送ドライバーの仕事内容

日々数多くのトラックによって荷物が運ばれ、その荷物の種類は多種多様となっています。そんな中でも、精密機械を専門に運ぶドライバーは特に慎重さが必要な仕事です。その性質から梱包、車両も専門的なものとなる精密機械。ドライバーも専門的な技術が求められ、その分待遇も高くなる傾向にあります。

その仕事内容とはどのようなものなのでしょうか。

配送する精密機械とはどんな商品のこと?

精密機械とは、微細な部品で構成された機械のことです。精密な電子機器などのハイテク製品を始め、一般家庭で使用されるパソコンやテレビ、時計やカメラなども精密機械に含まれます。

どれも振動や衝撃に弱く、湿気にも気を配らなければならないものばかりです。運んでいるのはレントゲンやMRICTなど画像診断装置やエコーなどの医療機器や、データセンターのサーバーなど、通常の方法で運送するのが難しいものばかりです。大型なものだとロケットや飛行機のエンジンなども精密機械として運ばれています。

精密機械の配送の仕事内容

精密機械や医療機器は、繊細な輸送が必要な仕事になります。そのため、ピアノ輸送などをたしている会社が、そのノウハウを駆使して精密機械の輸送をしているときもあります。商品としては、具体的には半導体やサーバーなど、壊れやすいものが対象になります。

具体的な仕事としては、荷主の依頼のあった場所から、指示された場所まで慎重に商品を運びます。倉庫やセンターから工場などに精密機械を決められた時間で運ぶことが主な仕事になります。

また、基本的にトラックにはパワーゲートが付いており、積み込み時や荷卸し時に商品を傷めないようになっています。ただし、少量の商品であればバンなどで輸送する場合もあります。そして、これらの仕事は混載の他にチャーター便が比較的多い特徴があります。

精密機器の配送ドライバーが使う特殊なトラック

精密機械の配送には中型トラックが使われることが多いです。

その性質から、衝撃に弱く、湿度などにも気を配らなければならない精密機械。とてもデリケートで、通常のトラックで運送すると、故障してしまうこともあります。故障は絶対にあってはならないことですが、精密機械の場合は特に重大なトラブルに発展してしまうことがあり、最大限の注意を払わなければなりません。そうならないために、どんな車両で運んでいるのでしょうか。

精密機械用のトラックに共通しているのはサスペンションが違うという点です。通常のサスペンションはトラックだけではなく普通の自動車にも付いていて、振動を吸収する機能があります。対して、精密機械運送のトラックにはエアーサスペンションというものが付いています。エアーサスペンションは普通のサスペンションのバネの部分が圧縮空気の弾力性を利用したバネ装置になっています。これにより、衝撃を最小限に抑えることができます。トラック以外では乗り心地を重視する観光バスや高速バスにも付いています。

さらに、荷台の高さを感知するセンサーが付いていて、荷台を水平に保てるように感知してくれます。

精密機械の種類によっては温度や湿度の管理が必要になるものもあるので、それらを調節して保つ機能を持つトラックも使用されています。

大きな精密機械を運ぶときには荷台に上下に乗降するリフトが付いたトラックを使用することもあります。

ウィング車という側面が油圧で開くトラックが使われることもあり、側面と後ろのどこからでも積み下ろしができ、フォークリフトで積み下ろしを行うこともあります。

ドライバーに求められる資質

事故を起こさずに安全運転をするのはもちろん、故障がないように運ぶ高い運転技術が求められます。少しの衝撃でも故障が起きてしまう可能性が高く、路面状況などに常に気を配って運転しなければなりません。急発進や急停車にも気を付ける必要があります。それゆえにドライバーの運転には慎重さや繊細さが求められます。

また、梱包を自分で行い、それを運送先で解かなければならない場合もあり、梱包技術と精密機械についての専門知識を身に付けておく必要があります。専門知識を習得するために社内で行われる研修教育を受け、積極的に学び運送に活かす真面目さも求められます。

専門的な技術と知識が必要だが待遇も良い

運転技術だけではなく、運送する精密機械についての知識も身に付ける必要があります。

さらに特殊なトラックを運転し、梱包方法も特別なので大変な部分も多いですが、その分待遇は高くなっています。

経験者が有利な職業ですが、社内の研修を経て現場で経験を積むことにより、未経験者でも実力を付けることができます。

車内で重宝されるために研修を受けて専門知識を学び、さらに扱える車両を増やすと社内での評価も上がり、顧客の信頼も得ることがき、とてもやりがいのある仕事といえます。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー