職種別|ドライバー(運転手)の仕事をざっくり知る

中型トラック・準中型トラック・小型トラックのドライバーの仕事・転職・年収情報をわかりやすく紹介

昨今、オンラインショップの発達により、物流の要である陸送、特に配達を行うトラックドライバーは深刻な人手不足になっています。なかでも今回は、直接お客様に配達することの多い、小型車、小型トラック、準中型トラック、中型トラックについて解説していきます。

中型トラック・準中型トラック・小型トラックのドライバー・運転手の仕事内容

小型車、小型トラック、準中型トラック、中型トラックにはそれぞれ車格があり、仕事の用途に応じて使用する車両が変わっていきます。

これらのトラックは近距離、中距離の運行を主とし、小型車、小型トラックは地場配達、主に0~50km圏内がメインで、準中型トラックや中型トラックは地場でも物量の多い取引先や、50~150km離れた場所などの配達をすることもあります。

主にスーパーやコンビニ、飲食店、宅配便など、大型トラックでは配達のできない狭い場所を担当します。

大型トラックによる倉庫間輸送、工場間輸送と違って、直接お客様に接する機会の多いお仕事です。そのため、愛想の良い挨拶や振る舞いが自然にできる方は、お客様とのやり取りもスムーズに問題なくこなすことができます。

もちろん運転をすることで給料をもらうお仕事ですから、普段自家用車のハンドルを握っているときとはまったく違います。運転のプロだという意識を持てる人材が歓迎されます。

種別のお仕事紹介 中型トラック・準中型トラック・小型トラックドライバー_仕事_アイキャッチ
中型・小型トラックのドライバー・運転手の仕事内容をくわしく知る中型トラック・準中型トラック・小型トラックって何? 中型トラック・準中型トラック・小型トラックの違い トラックの名称は、最大積載量も...

中型トラック・準中型トラック・小型トラックのドライバー・運転手の平均的な給料・年収

会社や運ぶもの、また地域によって変動はしますが、大体年収は320万円~400万円辺りが相場です。

大手ほど運行の管理をきっちりと行い、拘束時間と給料のバランスがよいのが特徴で、多少ではありますが賞与も出ます。

月収にすると、総支給が28万~32万円ほどが一般的です。

給料の計算については、時給計算で決まる会社もあれば、基本給にプラス歩合制、日給月給に諸手当を加えたものなど、会社によって色々な給料体系にになっています。

昔よく言われていた、「運送業はがむしゃらに働けばいくらでも給料がもらえる」という仕事ではなくなってきています。

従来と比べるとコンプライアンスの遵守が進められてきていて、ドライバーの体調面等から考慮すれば働きやすい環境になってきていることは間違いありません。

ただし、それでも毎日が残業時間なしの定時で終業するような会社はほぼないといわざるを得ないのが現状です。

種別のお仕事紹介 中型トラック・準中型トラック・小型トラックドライバー_仕事_アイキャッチ
中型・小型トラックのドライバー・運転手の給料・平均年収をくわしく知る中型・小型トラックのドライバー・運転手の平均的な給料・年収はいくら? 年収 400万円程度 月収・月給 32...

中型トラック・準中型トラック・小型トラックのドライバー・運転手の働き方

会社によってさまざまです。24時間稼動している会社であれば、24時間どの時間からの出勤もありえますし、逆に8時出勤の17時終業という会社もよくあります

小型車や小型トラックによる配達の場合は、後者の朝から出勤するタイプの方が多いように思われます。

中型トラックになってくると、中距離の運行をすることもあり、小型車、小型トラックとは別カテゴリの仕事だと考える必要があります。例えばスーパーや商店街などに配達する会社だと、お店の開店前に納品を済ませてしまわないといけないわけですから、当然朝は早いです。

種別のお仕事紹介 中型トラック・準中型トラック・小型トラックドライバー_仕事_アイキャッチ
中型・小型トラックのドライバー・運転手の働き方・生活をくわしく知る中型トラック・準中型トラック・小型トラックのドライバー・運転手の勤務形態はどんな感じ? 勤務時間・休憩 運ぶものや取引先...

中型トラック・準中型トラック・小型トラックのドライバー・運転手の一般的な雇用形態・契約

最近では特に人材確保の観点から、有期雇用よりも無期雇用の方が人材が集まりやすいこともあり、正社員として初めから採用することが多いようです。

ただし、試用期間として3ヶ月から半年等の期間を設けている会社が多く、試用期間中はアルバイト扱いであったり、給料の面で一定額差し引かれていることがあります。

これはドライバーに向いているか否かの判断をする期間であり、経験者であればそれよりも早く通常の社員同様の扱いをするようになります。逆に適さないと判断された場合、採用を見送られることや正社員であっても乗務停止と判断されることもあります。

アルバイト等で入社した場合でも、働きぶりや実績を積み上げることで正社員として雇用して貰えることもあります。

種別のお仕事紹介 中型トラック・準中型トラック・小型トラックドライバー_仕事_アイキャッチ
中型・小型トラックのドライバー・運転手の雇用形態・契約をくわしく知る中型・小型トラックのドライバー・運転手の雇用形態にはどんな種類があるの? 形態: アルバイト 契約社員 派遣社員 ...

中型トラック・準中型トラック・小型トラックのドライバー・運転手で使う車種、取得が必要な資格・免許・試験、経験その他

通常の2トントラックであれば、改正後の普通免許でも運転することが可能ですが、それ以上の大きさになるとサイズに応じた免許が必要になってきます。

そのため、募集に応募しようとする際は、どんなトラックに乗ることになるのか、それに必要な免許はどれかを確認する必要があります。応募欄に、資格取得補助制度あり等記載があることもあるので、今現在持っていないからといって諦めず、一度担当者に確認をしてみるといいかもしれません。

また、自分が免許の改正前か後かも知っておく必要があります。免許の改正は2007年6月2日と、2017年3月12日に行われています。

経験についてですが、ないよりはあったほうが圧倒的に採用はされやすいです。それも今までの実績になりますから、雇う側としてはドライバーとしての適正を見極める上での大事な判断基準になります。

免許改正前後の区別と運転可能な自動車

①普通免許、②準中型免許(5tに限る)、③準中型免許、④中型免許(8tに限る)、⑤中型免許、⑥大型免許

①・・・18歳以上。 最大積載量2t未満 車両総重量3,5t未満 2017年3月12日以降に取得した場合これに該当します。

②・・・最大積載量3t未満 車両総重量5t未満 2007年改正から2017年改正までに取得した場合これに該当します。

③・・・18歳以上。 最大積載量4,5t未満 車両総重量7,5t未満 2017年改正で作られました。

④・・・最大積載量5t未満 車両総重量8t未満 2007年改正の前に普通免許を取得していた場合これに該当します。

⑤・・・20歳以上で、普通免許取得後2年経過していることが条件です。最大積載量6,5t未満 車両総重量11t未満 2007年改正で作られました。

⑥・・・21歳以上で、普通免許取得後3年経過していることが条件です。最大積載量6,5t以上 車両総重量11t以上 

種別のお仕事紹介 中型トラック・準中型トラック・小型トラックドライバー_仕事_アイキャッチ
中型・小型トラックのドライバー・運転手で使う車種や免許をくわしく知る中型・小型トラックのドライバー・運転手の仕事に使用される車種は? 車種: 原付 バイク 軽貨物 バン トラック ...

中型トラック・準中型トラック・小型トラックのドライバー・運転手の仕事に就職・転職するための求人募集を探すには

インターネットサイトを利用して探す他、求人情報誌、新聞広告にも記載されており、多種多様な場所から情報を得ることができます。

そのなかで自分の希望に合った内容の求人があれば、とりあえず一度電話やメールなどで連絡をとり、詳細な話を聞いてみることが大切です。

また、その会社のホームページなどがあれば、そこでも求人募集をされていたりと非常に参考になりますので、気になる企業があればそれと合わせて企業規模や取り組みなどを調べてみると良いです。

種別のお仕事紹介 中型トラック・準中型トラック・小型トラックドライバー_仕事_アイキャッチ
中型・小型トラックのドライバー・運転手の就職・転職情報をくわしく知る中型・小型トラックのドライバー・運転手の求人の募集掲載情報はどうやって探す? インターネットサイトの発達により、さまざまな求人サイトが...

トラックドライバーという職業は、拘束時間が長く、辛い仕事で、世間ではいまだに学歴が低い者、それ以外に就ける職業がない者の就く仕事だというマイナスイメージが根強く残っています。しかし、物流の9割は陸送のトラックドライバーが担っていることも事実です。

大型トラックが物流の拠点間輸送を担い、準中型トラック、中型トラックがそれを小さい規模の拠点に輸送し、またそれを小型車、小型トラックが個別の配送を行うという、物流の流れです。

大きいからすごい、小さいからすごくないということはまったくありません。小型車や小型トラックがなければ物流は成り立たないのです。近い将来、自動化はますます進んでいくことになるでしょう。しかし、まだまだ人の手によって運ぶ時代は続いていきます。

今回、この記事を読まれた方がどのような理由であれ転職を検討されているのであればぜひ参考にして頂いて、転職を決められたときにはプライドを持ってトラックドライバーになって頂きたいと思います。