ドライバー/運転手関連の仕事一覧

宅配/デリバリー/バイク便のドライバーの仕事がまるわかり

Contents

宅配/バイク便/デリバリーのドライバーの仕事内容

宅配/バイク便/デリバリーのドライバーの仕事内容まとめ

宅配便ドライバーの仕事は、お客様から集荷した荷物を、受取人の所へ、安全に届けることです。配達エリアは担当制で割り当てられることが多く、担当エリアにおける配達、集荷を全て行うことになります。 また、配達前の集荷作業も宅配業務の一部となります。

バイク便の仕事は、主に首都圏のオフィス街で、書類や小荷物など、企業から預かったものをバイクを使って配達先までスピーディーに届ける仕事です。すぐにモノを届けるというニーズは、締切が決まっているマスコミ関係、制作会社、出版社などに多く発生します。バイク便は都市部に多く、比較的近距離でも渋滞が多い道を通る場合や、配達する荷物もビデオテープやUSBメモリー、書類など、軽量な荷物を扱うことが多いという特徴があります。こうしたケースでは車よりもバイクの方が向いているのでバイク便が好まれて利用されます。

デリバリーの仕事は主に宅配業務がメインとなります。宅配中のクルマやバイク、三輪バイクを見かけたことがあると思いますが、寿司やピザ、釜めし等をお客さまに届けるために外を動き回っているのがデリバリーの仕事になります。

宅配、バイク便、デリバリースタッフとは

宅配とは

宅配は一般消費者を対象にした小口貨物輸送サービスの事をいいます。荷物は1個単位で、原則重さは30kg以下となり、配送のスピードと安価な料金が特徴です。

バイク便とは

バイク便は、主に首都圏でバイクを使った集荷から、配達まで即配達をする書類や商品などを個別に依頼を受けて最短時間で届けるサービスのことを言います。

デリバリースタッフとは

デリバリースタッフとは、主に出来たての食事を注文してきたお客様の自宅や会社に配達する仕事です。出来上がった商品をオートバイ、3輪バイクなどに積み、お客様の住所を確認してからお店を出発し、到着後に商品と引き換えに料金を受け取り、店舗へ戻るという形で配達をします。デリバリースタッフは注文がなければ、お店でレジ打ちや電話番などの仕事をしています。

宅配の具体的な仕事内容

宅配の仕事は、トラックや自動車で荷物を個人の家や会社などに配達する仕事です。営業所や契約店舗など、決まったエリア内のルートを回って配達を行うルート配送の仕事や、各家庭へネット通販などの商品を届けたりするといった配達(いわゆる宅配)の仕事になります。

他にも、集荷を希望する個人の家や会社へ伺い、荷物を引き取る仕事もあります。 扱う荷物は、資材関係のものや食品、アパレル商品、小包、封筒・書類など多種多様です。配送するものによって普通自動車や2tトラック、4tトラック等運転する車のサイズも異なります。最近ではインターネットやECの普及やメルカリなどの浸透で、配達個数は増え続けています。

まず出社したら、アルコールチェックを行い、当日のスケジュールや配送ルートを確認し、荷物の積み込みを行いま、積み忘れがないか確認します。荷物の積み込みは概ね30分程度です。

午前便の配達に出発すると、午前中は住宅が密集している地域をメインに配達します。在宅率が高い午前中にできるだけ多く配達し、その後は事務所へ戻って昼食をとります。

14時頃から午後の配送に出発し、配送が終わって集荷があれば集荷に回ります。

帰社したら、点呼を行い日報を提出したら業務終了になります。

バイク便の具体的な仕事内容

バイク便の仕事は、通常の荷物や書類と違い、配達先に数時間以内に届けるような、緊急の配達が必要な場合に利用されます。仕事内容は大きく分けると2種類あり、毎日決められた会社などに配送する定期便というものと、電話などで依頼を受けて速達の荷物等を運ぶスポットがあるのが特徴です。

バイク便は、朝、自宅からバイクで都心へと移動し、仕事が出来る状態になったら携帯電話で会社に連絡をします。自宅から会社に出社する場合もありますし、そのまま仕事の依頼がくる場所付近で待機する場合もあります。

バイク便の依頼が入ると、お客様の近くにいるバイク便に連絡が入り仕事が始まります。荷物の集荷場所はどこか、何時までに集荷に行くのか、配達先はどこなのか、といった仕事内容をまず携帯電話で連絡し、確認が終わると依頼内容に沿ってお客様のところへ伺い、荷物の数量と宛先を確認して集荷したら携帯電話などで集荷完了の報告をします。

このような仕事を数件こなし1日8時間から9時間で仕事は終わります。

デリバリースタッフの具体的な仕事内容

デリバリーの仕事は、注文が入ったら、調理して、調理が完了したら商品をきちんと包装して配達に向かいます。出発前には、配達先を地図等で確認して、ルートを頭に入れてから出発します。料理が冷めないようなるべく最短ルートで配達することが大切です。

配達ではスピードも大切ですが、急いで商品の形を崩してしまうと意味がないので、配達を始めたばかりであれば無理せず確実に配達することが大切です。

デリバリースタッフの仕事は、10時過に出勤して準備を始めます。最も忙しくなるのは多くの人が食事をする時間帯の前からで、午前中は11時頃から13時頃までがお昼の注文の多い時間になるため、その分配達の注文も多く発生します。夕方は、17時頃ごろから21時頃の夕食の時間帯に注文が増加します。夕食を食べる時間は人それぞれの都合によって時間が若干異なってくるのでデリバリーの人手が多く必要となります。

宅配/バイク便/デリバリーの仕事はこんな人に向いてそう(歓迎されるタイプ)

経験者の転職者が多い、運送業、バイク便ですが、経験がなくても誰でも簡単にできる仕事といえる程、業務内容は簡単なものではありません。

宅配に向いている人は、まず車の運転に慣れている方です。トラックの運転に関しては入社後の研修でしっかり指導されますが、ある程度の運転スキルがなければ初めのうちは努力が必要となります。なので、運転が好きな方にはぴったりなお仕事です。

バイク便の仕事は、首都圏のお客様が大半で、原付や大型バイクで配達をしています。多くの会社は首都圏から郊外へ、または地方へといった中長距離の配達をしているので、高速道路にも乗れる普通二輪バイクを使うことが多いです。バイク便の仕事に向いている人は、バイクの運転に自信があり、この道を使った方が早いとか、順番はこうしたら早い等、要領よく配達をすることができる人に向いています。更にバイクのメンテナンスの知識があれば、車体トラブルがあっても自分で修理できるので、効率よく仕事ができます。バイクが好きなら、知識や経験が活かせます。

デリバリースタッフに向いている人は、方向感覚や土地勘のある人でスピーディーな配達が出来たり、また万が一配達中に道に迷ったら電話して場所を聞くことが出来るなど機転が利く人が向いています。

宅配/バイク便/デリバリーのドライバーの平均的な給料/年収

宅配/バイク便/デリバリーのドライバーの平均的な給料/年収まとめ

宅配ドライバーの平均的な月収は約20万円から30万円程度です。一般的に賃金が安いと言われるこのお仕事も、近年では基本給が改訂され上昇傾向にあり、年収では350万円を超えるときもあります。

バイク便の平均年収は360万円程度と言われます。バイク便の給与体系では固定給制と歩合給制が主流ですが、歩合給制の場合は仕事量と給料が比例するため、仕事量によって年収に差がでる傾向にあります。

デリバリースタッフは、アルバイトや契約社員が多く時給950円程度が多いとされます。月収は働く時間にもよりますが、長時間働くことがないので100時間働いた場合で月収10万円程度となります。

宅配/バイク便/デリバリーのドライバーの平均的な給料・年収平均的な給料/年収

年収 350万円程度
月収・月給

※賞与は別

20万円から30万円程度
日給 1万円程度 ※一か月あたり20日働いた場合で計算
時給 950円から1200円程度 ※一日あたり8時間働いた場合で計算

宅配/バイク便/デリバリーのドライバーの手当(深夜・残業など)・賞与

宅配深夜勤務手当、残業代の支給はありますし、会社によっては無事故手当、精勤手当、職務手当等色々な手当があります。ただし、手当は会社によって支給要件が違います。

賞与は会社によって支給するかどうかが異なりますが、運送業界では賞与がない会社も沢山あるので賞与有無はしっかり会社に確認することが必要です。

バイク便は残業があるため申請すれば残業代が貰えます。こちらも会社により異なりますが、無事故手当、精勤手当、職務手当等が存在しています。賞与は余り期待できない会社が多いです。

デリバリースタッフはアルバイトや契約社員が多く、時給制がメジャーで、残業も発生します。賞与はありませんが寸志程度のお金が支給されることもあります。

宅配/バイク便/デリバリーのドライバーの仕事でたくさんお金を稼ぐには?

宅配は、長時間働けば残業代を稼ぐこともできますが、それだけではなく、将来は、会社の運行管理者になったり、管理職になることで収入を増やしていけば沢山稼ぐことができます。働き方によっては、宅配は一般的なサラリーマンよりも多く給料を稼ぐ場合があります。

バイク便は、たくさんお金を稼ぐには早朝から深夜まで走り続けることです。

デリバリーの場合ならば、配達したら配達先の近所にチラシをまくなどで、お店や商品のアピールをして、注文を増やすための努力をして歩合給が貰えます。さらに配達の効率をよくして配達を増やせば、お金を稼ぐこともできます。

宅配/バイク便/デリバリーのドライバーの働き方

宅配/バイク便/デリバリーのドライバーの働き方まとめ

宅配は、1日8時間の労働時間を基本にしています。朝は早い人は6時頃から30分単位で時差出社している事が多いです。但し最近は、変形労働時間制を採用して、1日10時間勤務にして、週休3日制にしている会社もあります。

バイク便は、集荷が多い場所に到着したら会社に連絡を入れてから仕事が始まります。早い人は7時ごろから仕事を開始しています。1日8時間で休憩1時間を基本としており基本勤務時間を超過すれば残業になります。仕事の依頼は急ぎの集荷と配達が多いので残業も発生します。

デリバリーは、勤務時間が概ね 11:00から23:00の間とされ、アルバイトで3時間程度から勤務シフトで働く人もいます。

宅配・バイク便・デリバリースタッフのドライバー・運転手の勤務形態はどんな感じ?

勤務時間・休憩 宅配は、18時間で休憩1時間を基本として基本勤務時間を超過すれば残業になります。

バイク便は、18時間で休憩1時間を基本として基本勤務時間を超過すれば残業になります。

デリバリードライバーは、人にもよりますが、3時間からのアルバイトならば休憩はありません。8時間を超えるのであれば休憩は1時間です。

運送・配送エリア 宅配は、働くエリアを中心に大手の会社であれば集荷、配送するエリアは半径20キロ程度の場合が多いようです。

バイク便は現場から現場に配達するので配送エリアが広いのが特徴です。

デリバリードライバーは営業拠点から車両で10~15分以内の配達エリアの場合が多いです。

移動距離 宅配は、会社によって違いがありますが、一般的には1100キロ程度は運転するところが多いようです。

バイク便は、配達するエリアが広いので、移動距離は長いことが多いです。

デリバリーは、移動距離が短いですが、配達の回数は多いのが特徴です。

通勤方法 宅配は、首都圏では公共交通機関が多いですが、地方では車通勤の会社も多いようです。

バイク便は配達開始場所までバイクで通勤となる場合が多いです。

デリバリーは、首都圏では公共交通機関が多いです

研修の有無 宅配、バイク便、デリバリー共に会社によって違いがありますが、研修で運転やマナーについてを勉強することがあります。
その他 待遇は会社により異なります。

宅配/バイク便/デリバリーのドライバーの雇用形態

宅配/バイク便/デリバリーのドライバーの一般的な雇用形態まとめ

宅配の雇用形態の種類は、正規採用の正社員と、非正規採用の契約社員、派遣社員、アルバイト、パートがあります。他には、会社から他の下請け会社に業務を一部委託する業務委託という契約形態もあります。

バイク便の雇用形態は、正社員、契約社員、短い時間のアルバイトもいます。一般的には個人事業主として契約しているドライバーも多いのが特徴です。

デリバリーの雇用形態は、アルバイトとパート雇用が多いのが特徴です。

宅配/バイク便/デリバリーのドライバーの一般的な雇用形態

形態: アルバイト 契約社員 派遣社員 正社員 業務委託
募集: あり あり あり あり あり

宅配/バイク便/デリバリーのドライバーが使う車種、取得が必要な資格・免許・試験、経験その他

宅配/バイク便/デリバリーのドライバーが使う車種、取得が必要な資格・免許・試験、経験まとめ

宅配のドライバーは、小回りが利く車両かトラック、バイクを使っている会社が多いです。宅配の経験者、中型免許や大型免許の有資格者は特に歓迎される仕事です。

バイク便のドライバーは、バイク中心で中型バイクを使用している企業が目立ちますが、スクーターなどを使っている会社もあります。バイクの運転が得意だったり、過去にバイク便ドライバーの経験があれば経験者として優遇されます。

デリバリースタッフのドライバーは、3輪バイクを使用しているところが大半です。経験があれば優遇されます。また近隣の配達エリアの道路事情や裏道などの事情に詳しい場合も優遇されます。

宅配/バイク便/デリバリーのドライバーが仕事に使用する車種

車種: 原付 バイク 軽貨物 バン トラック バス
使用有無: あり あり あり あり あり まれにあり

 

車種: 普通車 中型車 大型車 特大車 特殊車両 その他
使用有無: あり あり あり あり まれにあり まれにあり

宅配/バイク便/デリバリーのドライバー仕事に必要な資格・免許・経験

原付免許 二輪車免許 普通免許 準中型免許 中型免許 大型免許
必要性 あり あり あり あり あり あり

 

その他必要な免許 宅配のドライバーは運転手で必要な資格は、原付免許、普通免許、準中型免許、中型免許、大型免許など運転に必要な車両を運転するための免許は必須です。いきなり大型免許は取得できませんが、少なくとも普通免許がなければ車両を運転できないのでこちらは必須の免許です。

バイク便は、中型バイクを使うことが多いので、中型バイクを運転できる免許は必須のところが多いです。

デリバリーは、3輪バイクか原付を利用している会社が多いので原付免許は必須です。

免許以外に必要な資格 宅配は、荷物をトラックに積み込むのにフォークリフトやクレーンで荷物を積み上げる場合もあるので会社によっては運転免許証以外の資格を保有していると優遇されることがあります。

バイク便は免許以外には必要ありません。

デリバリーは免許以外に必要はありません。

必要な経験 宅配、バイク便、デリバリーの仕事をしていた経験について、不問の会社が多いですが、経験があれば採用される確率は高くなります。

宅配/バイク便/デリバリーのドライバーの仕事に必要な資格をもっていない場合はどうする?

宅配などの荷物を運送するものであれば、特別な免許は不要ですが、トラックに積み込む大型の資材関係や大型の荷物によっては、フォークリフト免許、中型車両や大型車両の運転には、中型免許、大型免許があれば、優遇される場合もあります。そうした会社では、資格がなかったとしても入社してから取得することも可能です。

当然就職してから取得することもできますが、面接の時点ですでに取得しておくと就職には断然有利です。

宅配/バイク便/デリバリーのドライバーに就職・転職するための求人募集を探すには

宅配/バイク便/デリバリーのドライバーに就職・転職するための求人募集の探し方まとめ

宅配の求人募集を探すには、最近ではインターネットで探せば、かなりの件数がでてきますし、ハローワークに行けばも幾らでも仕事があるというのが現状です。また、毎日発行される新聞にも求人が掲載されていますし、ドライバーの仕事は人手不足で要員を確保することに苦戦してる業種ですので、探すこと自体は簡単だと思います。

バイク便の求人も人手不足で求人サイトやハローワークでも幾らでも探せます。新聞や求人広告でも沢山あるので、簡単に探せます。

デリバリースタッフのドライバーは、アルバイトやパートが多いのでタウンワークなどの本や、インターネットでも探すことができます。

宅配/バイク便/デリバリーの求人の募集掲載情報はどうやって探す?

宅配、バイク便の求人の探し方ですが、最初はハローワークにでている求人を探してみてください。ハローワークでは人材確保コーナーまで作り、雇用対策をしています。

次にインターネットでの求人を探してみましょう、ドライバー希望であれば、求人は沢山あるので自分に合った会社の求人に応募して見ましょう。インターネットでの求人は、若者向けの一般的なドライバーの仕事の探し方になります。

年配の方でインターネットを利用してない方は、新聞の求人広告記事を探してください。配送の仕事なら必ず掲載されていますので直ぐに見つけることができます。

デリバリースタッフはアルバイトかパートになるので、アルバイトの求人誌を探せば幾らでもあります。

宅配/バイク便/デリバリーの転職サイトに登録・検索・応募する方法は?

転職サイトを使う方法は、インターネットサイトに求職者である自分の情報を登録します。

これで自分の経歴書ができますので、次に希望の職種を検索します。沢山の求人の中から自分の希望する仕事を探して、希望の会社に応募して応募した会社からの連絡を待ちます。

応募したら採用試験があります。会社によっては筆記試験、性格分析、面接試験が一般的な試験項目になります。

最初に登録するならドライバーアイランド

ドライバーアイランドは今最も勢いのあるドライバーとして働きたい方向けの求人サイトで、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

優良会社、大手企業から中小企業まで個人にあった会社をご提案

まずは無料で相談してみる