ドライバー年収一覧のバナー_横長
みんなの転職経験談_横バナー
ドライバー・運転手

ガラの悪いトラック運転手やマナーの悪いドライバーが減っている理由がまるわかり

Contents

トラック運転手のガラが悪いとされる理由

学歴が低いから頭が悪くてガラやマナーが悪いと思い込む偏見

インターネットやSNSをみていると、トラック運転手は世間からガラが悪くマナーも悪いと思われてしまっている残念なケースがあります。

その理由を調べると、トラック運転手は中卒や高卒で、頭が悪いからガラも悪く、マナーも悪いという、先入観や偏見からきているようです。しかし実際のところは、トラック運転手の多くはマナーもしっかりしており礼儀も正しいドライバーが増えてきています

これは現在のトラック業界は中卒から大卒の方まで多様な人材が活躍している中、運送会社がトラック運転手の教育に力を入れるようになっていることが原因として挙げられます。

トラック運転手はキレやすいという誤解

確かにトラック運転手の仕事は、事故や通勤ラッシュでの渋滞や、取引先での荷待ちの時間、などストレスがかかる状況が多々あります。そういった事が原因でまれに態度に出てしまうといった事はありえます。

しかし大半のトラック運転手はそういった状況で、心が折れそうになっても、我慢し、笑顔を絶やさずに頑張っており、むしろ現在のトラック運転手は、大らかで優しい人でなければ続かない仕事であると言えるほどです。

トラック運転手がガラが悪い、キレやすいというのは誤解というほかありません。

トラック野郎のイメージ

デコトラに乗って、パンチパーマにサングラス、金のネックレスをしてガニ股で歩く!?といった昔のトラック野郎のイメージをトラック運転手に持っている人が多くいるようで、その為にトラック運転手はガラが悪いという印象を持っている人も多いようです。

現代のトラック運転手でそういったスタイルで仕事をする方はほとんどいません。もしいたとすれば、その方は絶滅危惧種!?なんて言われるかもしれません。

敬語が使えないからガラが悪いとされてしまう

トラック運転手がお客さんとしゃべる時に、ついつい友だち言葉になってしまい、ガラが悪いと思われる事があります

トラック運転手はフレンドリーな人が多く、顧客や出先のリフトマンとしゃべる際、相手と壁ができてしまう事を嫌い、敢えてタメ口でしゃべる人もいます。そういった事がマナーが悪いと誤解されている部分もあるようです。

トラック運転手のマナーが悪いとされるとき

車間距離を縮めてマナーが悪いと思われてしまう

トラックは車高が高く見晴らしが良いため、トラック運転手はついつい車との距離を詰めてしまいがちです。また着時間に余裕がない場合や、忙しく余裕がない時に、車間を詰めて走行するトラック運転手がいます。

こういったマナーの悪い運転は追突の危険があるだけでなく、一般の運転者からすると、恐怖を感じたり不愉快な気持ちになってしまいます

これだからトラック運転手はマナーが悪い!なんて事にならない運転をトラック運転手は心掛けなければなりません。

車線変更をせずにマナーが悪いとされてしまう

車線が二車線ないし三車線あるにも関わらず、最も右の車線を進路変更せずに走り続けるトラック運転手は一般のドライバーからするとマナーの悪い人、という事になってしまいます

通常、右車線は追い越しをかけたら、できるだけ速やかに進路変更し、左車線に戻るのが運転マナーというものです。

あくまで右側の車線は追い越しをするための車線ですので、進路変更せずに、いつまでも右側の車線を走り続ける事は、一般ドライバーからマナーが悪いという印象をもたれてしまいます。

狭い道で路上駐車をしてマナー違反をしてしまう

狭い道の多い住宅街の中や繁華街での路上駐車は通行の妨げになり、大変周囲に迷惑がかかってしまいます。こういった路駐行為が目立つと、一般の運転者からするとトラック運転手はマナーが悪いと思われる要因になっています。

実際に狭い道路などで大きなトラックが路上駐車していると、大変通りづらくなり、片側交互通行のような状況になってしまう場合もあります。

狭い道でのトラックの路駐は大変危険ですし、マナー違反です。あまりにもひどい場合、警察や運送会社に通報される場合もあります。

見た目や身だしなみが悪いからガラが悪いと考える人々

トラック運転手は無精髭で髪はボサボサ、おまけに私服?そんな印象もありマナーが悪いと思われてしまいがちです。ただし理由がある場合もあります。服に関しては規模の小さい会社では、制服がない運送業者もあるので、制服の有無でマナーが悪いとは言えません

また長距離をおえて、コンビニやサービスエリアでリラックスしている長距離運転手、身支度を整える前のトラック運転手などもいて、ひとくくりにされてしまうと、可哀想な気がしますが、それだけトラック運転手が世間から厳しい目で見られているという事かもしれません。

運転マナーやゴミ・タバコのポイ捨てをするとガラが悪いと思われる

一部のトラック運転手は少し気に入らない事があると、大きなクラクションを鳴らしたり、無意味な車線変更を繰り返したりなど、マナーの悪いトラック運転手が実際に存在します。

また、路上にゴミや・タバコのポイ捨てをするトラック運転手が、少数ではありますが一定数いて、そういった身勝手な運転手の行動がトラック運転手の運転マナーの悪さやガラが悪いといった悪評の原因になっています。

立小便や尿便ペットボトルのポイ捨ては論外

尿便ペットボトルのポイ捨ては人として論外ですが、立小便などは、20年位前までは寛容な時代もありました。ただ現在では社会が成熟化し、モラルやマナーに厳しくなってきているため、立小便といった行為も大変なマナー違反と捉えられます。

実際、トラック運転手がサービスエリアやトラックステーションで立小便をしているのを見かけるとマナーが悪いと思われますし、万が一、顧客の工場などの敷地内で立小便をした事が発覚した場合、出入り禁止などの厳しい処分が下される事があります

住宅街でのアイドリングはマナーが悪い

住宅街でのアイドリングはエンジン音や振動が近隣の迷惑になってしまい、住民からトラック運転手はマナーが悪いと思われる原因になってしまいます。

確かにトラック運転手は取引先の開門や始業時間の関係で時間まで周辺で待機しなければならない場合などあります。

その間、暑さ・寒さをしのぐためにエンジンをかけておきたい気持ちは分からないでもありませんが、マナーが悪いと思われない為にも蓄冷クーラーや蓄熱マットを使うなどの工夫が大事になってくるのではないでしょうか。

マナーに関するトラックドライバーの誤解

トラックドライバーが右車線を走行する理由

トラックドライバーが右側車線を好んで走行するのには理由があり、彼らなりの理屈があります。道路端には多くの街路樹が立ち並んでおり、大きなトラックで左側車線を走行すれば、トラックの荷台やボディーに当たってキズが入る可能性があります。

トラックドライバーにとってトラックは大事な道具であり、また誇りでもあります。そんなトラックを大事にする気持ちがトラックドライバーが右側を好んで走行する理由にもなっています。

また左側の車線は自転車や歩行者、障害物などがある場合もあります。トラックドライバーはそれらを避けるために、右側を走行したいという気持ちもあり、一概にマナーが悪いとは言えない部分があるのです。

トラックドライバーが路上駐車をせざるを得ない理由

トラックドライバーは配達のためにやむをえず路上駐車をしなければならないシチュエーションが多く存在します。

宅配の仕事では駐車場に駐車して荷物をお客さんに届けらける事は稀で、そのほとんどが一時的に路駐して、配達しなければなりません。また大きなトラックで道に迷ってしまった時なども路上駐車せざるをえない場合があります。

こういった状況はトラックドライバーも好き好んでやっているわけではなく、そのトラックドライバーのマナーが悪いわけでもありません

トラックドライバーが車間距離を詰めたり停止線を超える理由

車高が高く大きなトラックを運転していると、トラックドライバーは十分に車間距離をとっていると錯覚してしまい、実際は車間距離が取られていないときがあります。逆に車間距離は取られているのに、後のトラックに威圧感を感じた乗用車のドライバーが車間距離が取られていないと誤解する場合もあるようです。

またその大きな車体ゆえに信号や渋滞の絡みで、交差点の停止線をまたいで、停止してしまうトラックもあります

こういった事はあってはいけませんが、トラックドライバーに悪気はなく、マナーが悪い事で起きる事ではありません

トラックドライバーはマナーの良い人が増えている

運送会社のコンプライアンスが求められるようになっている

昔のトラックドライバーは荷物さえ運んでいればマナーは二の次といった時代もありました。しかし現代の運送業界は成熟期に入ってきており、運送業者や荷主にもしっかりしたコンプライアンスが求められるようになりました。

また現在のトラックドライバーは荷主の営業マン的な役割もになっており、トラックドライバーの印象が荷主の印象、となるようになってきました

そういった事で各運送業者は教育に力を入れてきておりマナーの良いトラックドライバーが増えてきています

ドライブレコーダーがあるのでマナーが悪くならない

最近ではトラックドライバーが万一の事故にあった場合に備え、トラックにドライブレコーダーを装備する運送会社が増えてきています

このドライブレコーダーは常時撮影をしているため、トラックドライバーもマナーの悪い運転ができないようになってきています。

最近では室内を撮影するドラレコまで出てきているので、トラックドライバーにしてみれば、窮屈な時代となってきたわけですが、トラックドライバーのマナーの向上には一役買っていると言えるのではないでしょうか。

未経験でもトラックドライバーに転職する人も増えている

最近ではさまざまな職歴・学歴を持った人がトラック運転手に転職してきています。以前のトラック業界は中卒・高卒の方がトラックドライバーの中心を占めており、経験者が多かったのですが、近年では大卒でトラックドライバーを目指す方や、未経験の方も多く運送会社に入社してきています。

現在のトラックドライバーは昔のトラック野郎のイメージではなく、サラリーマン風のマナーの良いトラックドライバーが増えてきている印象です。

ガラの悪い人はトラックドライバーを辞めていく時代

先述しましたが、近年のトラックドライバーは荷主の看板を背負う営業マンの役割もになっています。出先で何かトラブルを起こすと自分の会社だけでなく、荷主の所にまでクレームの電話が入ってしまう時代です。

そういった事情もあり、運送会社はマナーの良い人を好んで採用しますし、マナーの良いトラックドライバーの育成に力を入れるようになってきています。

マナーの良いトラックドライバーが増える事で、ガラの悪い運転手やマナー悪い運転手は会社の中で居場所がなくなり、辞めていく時代になってきているのです。

トラック運転手はさっぱりした性格のいい人が多い

トラックドライバーのイメージはネガティブなものが多く、マナーやガラが悪いといったものばかりですが、実際はそうではありません。

近年のトラックドライバーの仕事は、待機時間や渋滞、などストレスや忍耐力が必要な事が多いうえ、荷主の営業マン的な役割もあり、前向きで明るい性格でなければ続けていく事が難しい仕事になっているからです。

もちろんトラックドライバーの中には、短気でガラの悪い人も一部でいますが、多くのトラックドライバーの性格は、大らかでさっぱりした性格の良い人が多いです。

ガラの悪い運転手・マナーの悪いドライバーが少ないのは大手運送会社

トラックドライバーのイメージが運送会社のイメージになるといっても過言ではありません。こうした理由から、大手の運送会社になるほど、トラックドライバーの教育には力を入れています。ですからガラが悪く、マナーの悪い運転手は大手の運送会社ではやっていけません

結果的にそういったマナーやガラの悪いトラックドライバーは中小運送会社に流れていきます。もちろん中小運送会社の中にも教育に力を入れていて、質の高いトラックドライバーを多数抱えているところもありますが、全体的にみると、大手運送会社の方がガラが悪く、マナーの悪い運転手は少ないといえるでしょう。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー