ドライバー年収一覧のバナー_横長
みんなの転職経験談_横バナー
ドライバー・運転手

トラック運転手のイメージが怖いのは過去!ドライバーのイメージまるわかり

トラック運転手の良いイメージとは?

男性からのイメージ

仕事やプライベートで車を運転していた時に、トラック運転手が道を譲ってくれた経験がある男性は多いのではないでしょうか。実際にトラック運転手の方は交通ルールをしっかり守るという意見が多く、運転中に道を譲ってくれたなどの優しい気配りができるイメージがあるようです

インターネット上の情報サイトによると、集荷や宅配でドライバーの方と関わった時に、挨拶をしっかりするなど礼儀正しい面があり、思いやりのある優しい性格の持ち主が多いということでした。

また、不定期な勤務形態の中、トラックで長距離を運転するので、とても我慢強く、時間管理がしっかりできており、繊細に仕事をしているという声もありました。さらに荷物の積み下ろしなど、力が必要な仕事もこなせるようなたくましい体力があるというイメージが多いようです。

また、仕事に対するイメージとしては、ひとりの時間が多いので自分のペースで仕事ができる、人間関係のしがらみに悩んだりするようなことが少なそうだという声が多くありました。

このように、男性の場合は実際に運転中に親切にしてもらった体験や、仕事などで関わりを持った際に良い印象を受けたり、仕事内容に関しては縛りが無く自由な印象があるという意見が多いようです

女性からのイメージ

まずは男性と同じく、交通ルールをしっかり守っているというイメージが多いようです。ドライバー個人に対してもマナーができており礼儀正しく、温厚で優しい人柄の方が多いという声がありました。

男性と少し異なる視点としては、大型のトラックを運転できるのがすごいと思う、重いものを持つときの筋力がかっこいい体力がありたくましい力強くて頼りがいがあるなど、男らしさやかっこよさを感じるといった好意的なイメージが多くありました。

そして仕事に対するイメージとしては、生活を支える立派な仕事だ、家族のためにがんばって働いてくれているなど、家庭から見たイメージや人柄を評価する意見が多くありました。真面目で優しく、明るく爽やかでかっこいいトラック運転手は、近年では女性からも人気の職業になりつつあるようです。

以上のように、女性からもトラックドライバーは肯定的なイメージが多く、優しくしてもらった等のエピソードや仕事熱心な性格など、ドライバーと実際に関わった時に、その人の振る舞いや人柄で印象が変わったという方が多いようです。

トラック運転手の悪いイメージとは?

男性からのイメージ

男性からのイメージは、短気な人が多いなど、トラック運転手に対して少し荒々しいイメージがあるようです。

また毎日時間に追われる仕事のため荒い運転をするといった、トラックの運転に対する否定的な意見がありました。実際に、少し乱暴な運転に遭遇したケースもあるようです。

また仕事に対するイメージとしては、長時間走るので仕事がきつそうだ、という声が多くありました。会社によっては深夜の勤務など不規則な時間のシフトの上、長距離を運転することが、大変できつい仕事だというイメージを持たれるのでしょう。このように、トラック運転手の勤務形態や環境に対してよくないイメージを持っている人が多いようです。

上記をまとめると、ドライバー個人の悪いイメージよりも、道路上での運転マナーが悪いという印象で会ったり、労働環境や働き方に対して悪いイメージを持つ人が多くいるようです。

女性からのイメージ

まずは、男性のイメージと同じように、仕事が大変できつそうだというイメージが多いようです。あるインターネットの情報サイトによると、実際に家族にドライバーがいて、ケガを負ったり身体を壊したりしたという話もありました。

また、コワモテの人が多くて近づきにくいといった、見た目に対する怖いイメージもあるようです。同様に、ガラが悪い態度が横柄だ等、性格面や行動についての否定的な意見もありました。

一昔前までは、トラック運転手といえば、上記のように見た目が怖く怒りっぽい、態度が悪いといったイメージがあったかもしれません。しかし最近ではそういったマイナスイメージを払拭するべく、トラック運転手の身だしなみや接客に厳しい会社がかなり増えてきています

また、女性のトラックドライバーや、人間関係に悩んで他の業界からドライバーに転職を希望する人も増加の傾向にあり、昔とは違って運送業界のイメージが大きく変化しようとしています

トラック運転手はなぜマナーが悪いイメージをもたれるのか

トラックは車体が大きいので、邪魔だと思われがちですが、ドライバーたちは荷物を無事に届けるために最大限の安全意識を持って運転しています。

例えば、トラックには「デジタコ」というスピードの制限装置が付けられており、規定以上のスピードを出すことができません。また車両通行帯が指定されていて車線変更ができない場合があります。このように、交通事故を防ぐためにルールが厳しく決まっており、彼らはそのルールを順守しているのです。

もう一つの理由は、よく目立つからです。大型車両のためどうしても目がいきますし、ドライバーの服装でトラック運転手だと一目で分かります。そのためマナーの悪い行動を目撃すると印象に残ってしまいます

しかし、マナーの悪い人はどんな業界にもいますトラック運転手に限ったことではありません。逆に言えば、マナーの良いトラック運転手もたくさんいるのです。

トラック運転手はなぜ底辺のイメージをもたれてしまうのか

一つ目は、学歴に関係なく就ける仕事だからです。運転免許を保有していれば大学や高校を出ていなくても就職できる場合が多いのは事実です。しかしこれは高度な運転技術を必要とする専門職であるためにそれが可能なのであって、大型のトラックは誰でも持っている普通免許では運転できません。よって新たに難易度の高い免許の取得をした人だけが運転できるトラックなのです。

二つ目は、服装や身なりに良いイメージが無いからです。昔は「身なりが汚い」などというイメージを付けられていたようですが、人と関わる仕事でもあるため、今は清潔感のある方が多いようです。おそらく、荷物の積み下ろしなど力仕事のうえ、不規則で長時間の運転をすることから、そのようなイメージがついたのでしょう。

トラック運転手はなぜ怖い・キレやすいというイメージをもたれてしまうのか

まずは、昔流行した「トラック野郎」という映画の影響が大きいでしょう。トラック運転手といえば、昔はガラが悪く、ケンカ早いというイメージがあったようですが、映画に出てくるような人ばかりではありません。

トラックのドライバーは、他人の大事な荷物を安全に届ける仕事です。乱暴な性格の人は、荷物を大切に扱うことはできませんし、お客さんとコミュニケーションも取りづらいでしょう。安全に運転をするためには、感情をコントロールし、冷静でなくてはいけません。

そしてもう一つは見た目の問題です。服装や髪型が自由ですと、ヒゲや染髪などで怖く見られがちです。また力持ちの方が多いのでガタイが良く、ケンカが強そうに見えるのも原因の一つではないでしょうか。

しかし前述のとおり、最近は身だしなみに厳しい業者がほとんどなので、怖い見た目のドライバーはかなり少ないでしょう。

トラック運転手の実際の性格は?

まずは真面目で責任感の強い人が多いようです。

しばしば自己中で怖い人が多いという意見を耳にしますが、トラック運転手は基本的に1人で行動するため自己管理が非常に大切で、自分の都合で仕事を勝手に変えたりすることはできません。そもそも、ドライバーは常に決められた納期との勝負ですので、自己中な行動はしていられません。毎日のタスクをきちんとこなすため、使命感や責任感を持って仕事をしている方がほとんどでしょう。

また、人間関係など余計なことはあまり気にせずさっぱりとしていて、誰に対しても気兼ねなく、態度を変えない優しい人が多いようです。

トラック運転手に向いている性格は?

一つ目は我慢強いことです。トラック運転手は長時間、長距離を走らなければなりません。基礎体力はもちろん、安全に運転する集中力も必要です。また、高速の渋滞や取引先で発生する待ち時間など、イライラしてしまうようなシーンが多い仕事です。そういったストレスに強い性格は、トラック運転手に向いていると言えます。

もう一つは、自己管理ができる性格の人です。時間管理や体調管理ができていないと、荷物を安全に届けることはできません。トラック運転手は常に時間との戦いです。自分のコンディションに敏感であり、時間を守ることができる人は、トラック運転手に向いているでしょう。

さらに、人と関わることが好きな性格の人であれば、より素晴らしいドライバーになれるでしょう。

トラック運転手が怖がるものは?

車を運転する全ての人が最も怖がるものは事故でしょう。トラック運転手ももちろん同様ですが、トラックドライバーにとって一番怖いのは自転車との事故です。

車体が高いトラックからは、自転車の存在が非常に見えづらく、すぐ近くで自転車が走っていても、視界によっては見えていない場合もあります。

また自転車は自由に運転できるためドライバーが予測できず、急ブレーキをしてもすぐに止まることができません。特に子供など、交通ルールに詳しくない人が、自転車で危ない運転をすることもあり、トラック運転手にとってこれほど怖いものは無い、という人もいるくらいです。

もちろんドライバーは最大の注意を払いますが、実際、このような自転車の事故はとても多く、安全運転のための課題の一つでもあります。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー