ドライバーの仕事探し・応募・転職のコツ

ドライバーの適性、向いている人はどんな人?

ドライバーへの転職を考えている人は、いまいろんなトラックの求人を見て、どこの会社に応募しようかな?と悩んでいるのではないでしょうか。中には、転職を検討しながらも、実際自分はドライバーに向いているかどうか不安になっている人もいるかもしれませんね。そこで、ドライバーに向いている人、向いていない人をまとめてみました。是非、これからドライバーの転職を考えている人は参考にしてみてください。

トラックドライバーの仕事内容によって適性が変わる

トラックドライバーとして働きたいと考えている人も多いと思います。現代の社会においては荷物を運ぶ仕事をしている人がいるからこそ、スーパーやコンビニに普通に商品があり、消費者は物を手に入れることができます。トラックドライバーとして働けば、日本の物流を支えているやりがいを感じることが出来るかもしれません。

トラックドライバーとしての仕事は一言で言うと、荷物を目的地まで届けることにあります。荷物は会社などによって異なりますが、スーパーやドラッグストアなどで陳列されているような日用品を運ぶ場合や、危険物を運ぶ場合など様々あります。

仕事の手順は、トラックドライバーは会社に出勤後、運ぶ荷物を依頼されトラックに積みます。その後、目的地まで荷物を届け荷降ろしして完了となります。トラックには様々な種類がありますが、当然種類によって運べる荷物量や地域も変わります。また、保有している免許の種類によっても運転できるトラックは変わってきます。

普通免許のみで運転できる小型トラックでは荷物量も少なく、近場で荷物を受け取り、近場に荷物を届けるという仕事が多くなるでしょう。中型免許があれば中型トラックの運転が出来ます。中型トラックであれば中距離での運送がメインの業務となりますが、長距離移動も出来ないことはありません。続いて大型トラックですが、大型トラックの運転には、大型自動車免許が必要です。大型トラックの運転が出来れば全国に渡って荷物を運ぶことが出来るので、仕事の幅が広がるでしょう。また、メリットとしては荷降ろしが楽になる場合もある、ということが言えます。大型トラックの場合、荷物も大きい場合があるので、ドライバー自身で荷物を積んだり降ろしたりすることは難しく、荷物の積み降ろしの作業中に待機していればいいということがあるのです。しかしながら、当然大型トラックは高い運転技術が必要です。狭い道を運転しないといけない場合や、特殊な荷物を運ばないといけない場合もあります。

よってどのトラックのドライバーになるかによって向き不向きや適性が変わってくると言えます。

トラックドライバーに適性がある人、向いていない人とは

トラックドライバー適性がある人の特徴

運転が好きな人

まず第一に、運転が大好きな人がドライバーに向いていますね。なぜなら、1日のうちで運転している時間がとても長いので、運転が嫌いな人には厳しい職業といえるでしょう。

安全運転が出来る人

安全運転ができる慎重な人が向いています。逆に、短気の人や、今までに小さな事故を何度かおこしてしまったことがある人には向いていません。お客様の大事な荷物を綺麗な状態で運ぶためにも、安全運転は必須。慎重な性格の人は気持ちよく働けるのではないでしょうか?

集中力を持って取り組むことが出来る人

トラックドライバーは当然ながら運転席に長時間座って運転をする必要があります。荷物を届けないといけない納期もある中で、いかに集中して運転が続けられるかという点は非常に大事です。集中が切れて、事故でも起こしてしまうと自身が運転出来なくなる可能性もあるばかりか、会社にも迷惑をかけてしまう場合もあります。また、うっかり交通違反を繰り返すようなことがあれば免許停止となることも考えられます。そのような事態にならないように、長時間の運転でもしっかり運転を続けられるような集中力が必要であると言えます。

周りの人と話すのが好きな人

確かに一人で仕事をすることも多い仕事ではありますが、当然荷主と会話は円滑に仕事を進める上では必要です。人と話すことがあまり出来ず、荷主との関係が悪化するような場合があれば、以降の仕事の依頼が途絶えてしまうなど、会社にとっての損失となる場合もあります。

自分で物事を考えることが出来る人

当然ながら荷物を届ける時間には納期があり、納期に遅れることは会社としての信用が下がることを意味します。よって、トラックドライバーは作業完了までの進捗を自分で考える必要があります。また、長時間の運転をする必要がある場合は、自分の体調をしっかりと管理し、時には仮眠やリフレッシュする時間を取りながら、仕事を遂行する必要性もあると言えるでしょう。

その他、ドライバーに向いている可能性がある人の特徴

その他で言えば、例えば短い距離がメインのドライバーは、小さな小道の運転が好きで、細かなドライビングテクニックを求められることが好きな人がよいでしょう。また、個人宅での営業も含まれることもあるため、人と話すことが好きな人が向いています。

逆に長い距離の運転がメインのドライバーは、とにかく長い時間の長距離移動に耐えられる体力自慢が向いているでしょう。またいろんな場所にいってみたい!初めての場所にいくとわくわくするという好奇心旺盛な人にはとても楽しい仕事になるのではないでしょうか?

トラックドライバー適性がない人の特徴

普段ドライブをしていてもあまり楽しめない人

向いてない理由としては当然と言えるかもしれません。トラックドライバーは一日中運転をしないといけない仕事です。また、一般車の運転より小回りが効かない為、運転は難しいと言えます。一般車の運転でも苦手意識を持っているような人は、あまりおすすめ出来る仕事ではないかもしれません。

チームとして動きたい人

トラックドライバーは基本的には一人で荷物を届けるために運転することになります。当然仕事の達成感はあり、無事に時間をコントロール出来たときの喜びはありますが、チームとして何かを成し遂げたという達成感はあまり感じられません。みんなで協力して一つのことをやり遂げたいといったような仕事をしたい方には、あまりやりがいを感じられない可能性があります。

一般的な会社員のような生活を送りたい人

トラックドライバーはやはり荷物の納期が優先されますので、休日等が不規則になる場合が多いです。一般的な会社員のように毎週土日が休みということはあまりなく、就寝時間もバラバラになることも考えられます。また、場合によってはトラックの中で寝泊まりしないといけないこともあるでしょう。そういった生活があまり好きではない人は、辛さを感じてしまうかもしれません。

トラックドライバーを目指す方に向けて

自分はトラックドライバーに向いているな、仕事してみたいなと思った人は是非トラック会社を志望下さい。また、志望理由などとして、ご紹介したようなトラックドライバーに向いている人の適正をアピールするとよいかもしれません。こういった経験があるので体力がある、こういうことが好きなのでコミュニケーション能力があります、など適正と熱意をアピールすれば面接官などからも好印象を持たれることでしょう。

また、未経験の方でトラックドライバーになりたい場合などは、これから免許を取る予定があることや、こういった仕事をしたいなどの思いを伝えるとよいでしょう。

今回ご紹介した内容をもとに、ご自身の仕事に対するやりがいや実現したいことについて考えてみてはいかがでしょうか。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。