ドライバーの仕事探し・応募・転職のコツ

ドライバーが転職するときの正しい職務経歴書の書き方サンプルと例文

あらゆる就職活動の際に必要になってくるのが、履歴書と職務経歴書のふたつです。このふたつが必要のない転職活動はまずありえないと思って間違いありません。しっかりと準備をして、就職活動を有利に進めていきましょう。ここでは、ドライバー経験者が、転職する際の職務経歴書の書き方をまとめました。転職活動がはじめてだったり、久しぶりだったりすると、戸惑いが多く書き方がわからないもの。是非参考にして準備をしてください。

ドライバー経験者が転職するときの職務経歴書の書き方ポイント①:要約と職務経歴欄

職務経歴書において最も重要なのが最初に書く職務経歴要約と、職務経歴欄になります。

職務経歴の要約の書き方とサンプル

まず要約ですが、ドライバーの職務経験に絞り、どんな経験があり、どんなスキルがあるのかを端的にまとめて書きましょう。細かい経験はこの後職務経歴欄に書くので、端的な記載を心がけましょう。

次に職務経歴書欄ですが、時系列に沿って、何年から何年まで働いていたのか。正式名称での会社名。部署名などがある場合は部署名と簡単な部署の仕事内容。そして、その会社・部署での自分自身の仕事内容。の順で、これらの項目を必ず書きましょう。

経験した仕事内容の書き方とサンプル

仕事内容としては、ドライバーとだけ記載するのではなく、運転していたトラックなどの種類(トン数など)、運転していた距離(長距離、中距離、決まった地域を回っていたなど)、荷物の乗せ卸の有無などドライバーとしてのスキルと認識されるものはすべて端的に記載していきましょう。

職務経歴書で採用担当者が確認したいのは、どのような仕事内容を経験していたかという正確な事実です。ひとつひとつ経験したものは記載していくことが重要です。

職務経歴書への退職理由の書き方

退職理由に関しては、特に記載する必要はないとされているのが一般的ですが、面接時にはほぼ聞かれることになりますので、差し支えないものであれば記載してもよいと考えられます。

ドライバー経験者が転職するときの職務経歴書の書き方ポイント②:活かせる知識・スキル欄

職務経歴欄において、それぞれの企業でのドライバースキルを記載していると思いますが、その中でも特に自分にとって、強みとなるような経験がある人は、この欄に記載しましょう。

例えば、セールスドライバーを経験している場合は、営業スキルありなどです。夜間での長距離移動や、車の整備ができるなど、経験してきていることを改めて記載しましょう。

ドライバー経験者が転職するときの職務経歴書の書き方ポイント③:資格欄

履歴書にも記載する欄があるので、職務経歴書とダブルでの記載になりますが、こちらも面倒がらずにきちんと記載しましょう。

採用担当者によっては、履歴書はさらっと見て、スキルなどはすべて職務経歴書だけでチェックする。などいろんな担当者がいますのできちんと書いていきましょう。

普通運転免許はもちろんのこと、大型・中型の運転免許や、フォークリフトの免許など、活きるものはすべて記載しましょう。そのほかドライバーに関係ないものでも取得しているものがある人は、記載しましょう。

ただし、あまりにも資格マニアで多岐にわたって資格を持ってしまっている、、、という人は、ドライバーに関係あるものだけにしましょう。いろんなことに手を出してしまう人で、ドライバーには実はあまり興味がないのでは?等のことを採用担当者に思われてしまうのを避けるためです。

ドライバー経験者が転職するときの職務経歴書の書き方ポイント④:自己PR・アピール欄

どんな就職活動においても、自己PRは最重要項目になります。

自分が積んできた経験から、志望している会社で活かせる点、貢献できる点を記載しましょう。活かせる経験が多い場合は箇条書きでの記載でも構いません。また、長く活躍してくれる人である、と思ってもらえることが重要ですので、健康・体力があること。志望している企業で積みたい経験など、前向きなことでしめくくりましょう。

自己PR欄ですので、恥ずかしがらずにしっかりと自分の強みを記載していきましょう。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。