みんなの転職経験談_横バナー

LINEで転職の気軽な相談はコチラから

ドライバーの転職サイト1
タクシードライバーのリアルな仕事内容

タクシーが区域(エリア)外営業のルール違反をしたときの罰則

タクシードライバーにとって、長距離ご指定のお客様が乗車されることはとても魅力的だと思います。しかし帰り道での営業活動には注意が必要なのをご存知でしょうか?そこには法律に定められた厳密なルールが存在することを知っておきましょう。

タクシードライバーの厳しいルール。エリア外営業は法律で禁止されれていた!

具体的に知っておきたいのは、道路運送法という法律の第20条になります。この条項では「一般旅客自動車運送事業者は、発地及び着地のいずれもがその営業区域外に存する旅客の運送(路線を定めて行うものを除く。)をしてはならない。」という禁止行為が定められています。平たく言うと、「乗せた場所」あるいは「降ろす場所」のいずれかが、定められた自社の営業エリア内である必要があるというわけです。

実際にドライバーとして仕事をする上では厄介な決まり事と思うかもしれませんが、この条項自体は、タクシー事業者の需給バランスを保つために大切な決め事であることは言うまでもありません。当然、同エリア内では料金設定も一律と定められています。

営業エリアルールを厳守するためにタクシー会社やドライバーに課せられることとは?

こんな法律があるわけなので、タクシー事業を運営する事業者も、そして実際に営業活動をするドライバーにも、ルールを守る為の義務が課せられています。

先ず事業者についてみてみましょう。タクシー事業者は、管轄官庁である国土交通省に営業の許可を申請するのですが、この際に営業エリアも指定して申請することになっているのです。「決まったエリア」が無いと、道路運送法20条の禁止事項が成立しませんからね。この営業エリアは、全国どの地域でも「~~地区」「~~交通圏」などの表記で分けられており、区域にある運輸支局が統括しています。(参考までに、許可申請後の法令試験の受験や、運送約款の作成など、実際に事業を開始するまでにやるべきことも多くあります。)

続いて個々のドライバーはどのようになっているのでしょうか?こちらは乗務記録の義務が法律(旅客自動車運送事業運輸規則第25条)に基づいて課せられており、「乗車地」「降車地」の情報も記録項目として定められています。タクシーを利用すると、ドライバーの方が何か書いているのをご覧になったことがあるのではないでしょうか?あれが乗務記録なんですね。ちなみに「乗・降車地」以外には、「人数」や「運賃」なども記載項目に定められています。

なお、ドライバーによる指定エリア外営業違反が露見すると、乗務員資格の停止措置や、ひどくすると事業者自体の営業停止措置がとられる場合もあるのです。処分の重さから、どれほど重要なルールであるかがお分かりいただけることでしょう。というわけで、会社側は「自分たちの営業エリアはこの範囲にします」という申請する立場であり、実際にルールの厳守を問われるのは現場のドライバーという構図になっていることがお分かりいただけたでしょうか。

お客様にはわからない営業区域外走行。「回送」表示にすればエリア外で乗せていいの?

そうは言っても、本音を言えば路肩でタクシーを待っている人がいれば乗せたいと思うのが人情です。ルールだからと言って、無視して「乗車拒否された」と思われるのも、本意ではありませんね。乗車拒否の問題についても色々とルールがありますが、一先ず、指定エリア外からの戻り中については、「回送」の表示を出しておくことでこの問題は回避できるでしょう。

もし指定エリア外でお客様に乗車いただく場合、お客様の目的地が営業エリア内であるかしっかり確認することが必要です。目的地が営業エリア内であれば、お乗せいただいても問題にはなりません。営業エリア外への乗車をご希望の場合は、あなたの接遇スキル・人間力を発揮する必要があります。お乗りいただけない事情をキチンとご説明し、ご納得いただくためにです。ご納得に時間がかかってしまう可能性や、最終的にトラブルに発展したりする可能性を考えると、やはり「回送」表示で戻るのが一番効率的なのではないでしょうか。

押し寄せるIT化は、タクシー事業についても例外ではありません。この営業エリアのお話でいくと、GPSによる走行履歴の記録システムが大きな効果をもたらしています。ドライバーの記録簿をつける手間を削減できる機能はもとより、「どこで乗せて」「どこで降りた」も一目瞭然となるわけですから、不正防止としての効果は絶大といえるでしょう。

タクシードライバーが営業区域違反をするとどうなるの

タクシーの運転手がこの営業ルールを破って違反した場合、当局から罰則としてタクシードライバーとしての乗務員資格停止になったり、場合によっては事業者の営業停止処分となるばあいもあるので、必ず気を付ける必要があります。また、業界での評判も広まってしまうため、自分が運転しているエリアをしっかり把握しておきましょう。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー