タクシードライバーのリアルな仕事内容

タクシーが交通違反や事故を起こした場合どうなるの?違反防止のコツは?

車を運転する以上、タクシーかどうかにかかわらず交通違反は誰もが起こしかねない

車を運転する理由は人それぞれだと思います。旅行のときに運転する人、通勤のときに運転する人など様々ですが、運転をする人全員が気をつけなければいけないのは、事故を起こさないこと、また交通違反をしないことでしょう。

交通違反はタクシードライバーにもタクシー会社にもダメージ

特に、タクシードライバーやトラック運転手など運転すること自体が仕事となっている人にとって、最も気を付けなければならないのは交通違反によって免許停止となり運転が出来なくなってしまうことではないかと思います。

交通違反は、例え軽微な違反であっても累積することによって免許停止になってしまうこともあります。運転することを生業とする人にとって免許停止になるということは生活が出来なくなることと直結してしまいます。

また、交通違反することは個人の生活の影響だけに留まらず、会社への処分、あるいは会社の評価にも繋がりかねません。会社で働く多くの人に迷惑をかける可能性すらあるのです。

そこで、今回はタクシードライバーが遭遇するかもしれない交通違反に関する情報について紹介していきます。

タクシードライバーがよく起こしてしまう交通違反

タクシードライバーは、常に車を運転しなければならない職業のため、交通違反を起こしてしまうかもしれない機会が多いと言えます。

タクシー運転手によくある交通違反1:客待ちや乗車のときの駐停車違反

特に代表的な、つい起こしてしまう交通違反と言えば「駐停車違反」です。タクシードライバーはお客さんを待つ時間が非常に長い職業です。また、多くの場合、お客さんの待っている場所で車を停める必要があるでしょう。そんな時、ついお客さんを乗せるために交差点や横断歩道上にタクシーを止めてしまうと、交通違反となってしまう可能性があります。

タクシー運転手によくある交通違反2:急いでいるときの一時停止違反

また、「一時停止違反」も、運転する時間が長いとつい起こしてしまう可能性が高い違反の一つです。長時間運転による疲れや、急いでいるからなど違反を起こしてしまう理由はあるのかもしれませんが、道路交通標識は守らないといけません。特に、一時停止の標識がある場所はスクールゾーンがある、視界が悪く事故を起こしやすい、など標識があるなりの理由があるものです。ついうっかりの交通違反が重大な事故に繋がりかねません。

タクシー運転手によくある交通違反3:疲れているとき信号無視

その他に疲れているときなどに起こしやすいのが「信号無視」です。考えことなどをしていて停止線を超えてしまった場合なども「信号無視」として違反となる可能性があります。

これらのように、ついつい起こしかねない交通違反はたくさんありますので、常に注意を払う必要があります。

タクシー運転手によくある交通違反4:乗客に急いでと頼まれたときのスピード違反

タクシードライバーだからこそ起こしかねない交通違反が、お客さんから急いで欲しいと言われた場合の「速度超過(スピード違反)」です。お客さんの要望に応えようという気持ちを持つことは大事なことですが、法定速度はきちんと守る必要があるという認識は常に持ち続ける必要があります。

タクシー運転手によくある交通違反5:Uターン禁止違反と車線変更禁止違反

そのほか、お客さんを乗せた際に、目的地が進路と逆方向だったといったこともあると思います。当然ながら「Uターン禁止」の場所でUターンをするのは、危険な行為となります。また、車線を変更しないと目的地方面に向かえない場合に、黄色のラインがある場所で車線を変更する行為も、周りを危険にさらす可能性があります。

いずれも、お客さんを最短最速の道で目的地まで送り届けたいというサービス精神が招きかねない違反です。また、そういった行為を要望するお客さんもいることでしょう。どのような場合でも、安全を第一としてお客さんを目的地に届けなければいけないという毅然とした態度で職務に臨む気持ちが必要です。

タクシーの事故や交通違反がもたらす影響

個人のドライバーとしての交通違反がタクシー会社の損失になることも

冒頭で述べたように、交通違反が個人の影響に留まらず勤めている会社に影響を及ぼす場合があります。

タクシードライバーの違反が積み重なると、タクシードライバーを雇っているタクシー会社の責任へと結びついていきます。その結果、タクシー会社への監査等が行われることになり、仮にタクシー会社で何らかの過失が見つかった場合は行政処分が下される可能性も考えられます。

タクシーの行政処分

行政処分には様々な種類があり悪質の度合いにより処分も変わりますが、営業できるタクシーの台数が減らされるといった場合や、最悪のケースでは営業停止処分が下されることもあります。

よって、タクシー会社としては会社として処分を下されるリスクは減らさなければなりません。交通違反を繰り返すようなタクシードライバーは会社としてのリスクであるとも言えます。また、タクシー会社はお客さん相手の商売である以上、お客さんからの評価や評判を上げていくことは会社の成長を続けていくためには必要なことです。会社を守るためには、違反を繰り返す悪質なタクシードライバーや勤務態度がよくない場合などには乗務一時停止命令といった厳しい処分を下さざるを得ないことも考えられます。

当然ながら乗務が出来ないタクシードライバーは収入が減り、生活が出来なくなってしまうことも考えられるでしょう。そういったリスクがあることも踏まえて、タクシードライバーは運転を行う必要があると言えます。

タクシーの事故を防ぐためにタクシードライバーが持つべき自覚こそが大事

車の運転に対する慣れや慢心から引き起こされる場合があるのが交通違反です。日頃から運転をしていて運転に慣れているタクシードライバーだからこそ、交通違反に遭遇しやすいとも言えるのです。

タクシードライバーの職務は安全かつ快適にお客さんを目的地に届けることです。交通違反は自身のみならずお客さんを危険に晒す行為でもあります。軽微な交通違反なら問題ないだろうという気持ちが、後々重大な交通違反や事故に繋がっていきかねません。タクシードライバーはお客さんの命を預かっている職業だという自覚を持つことが必要です。

また、乗務時間が長くなり、疲れて集中力がなくなっていることもあるでしょう。そんな時は、自分のミスが他人の命を危険に晒すかもしれない、自分の生活が出来なくなるかもしれない、会社に迷惑をかけてしまうかもしれないといった様々なリスクを思い出しましょう。そして、どのような状態であっても自分は絶対に交通違反も事故も起こさない、という気持ちと自覚を持って普段の乗務を心掛けて下さい。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。