タクシードライバーのリアルな仕事内容

タクシードライバーの営業ノルマのウソホント

タクシーのドライバーに興味を持っている方は、その仕事内容や、勤務時間はもちろん、お給料についても詳しく知りたいのではないでしょうか。タクシーのドライバーは、一般の企業と少し違い、ノルマが課されていることが多い、と聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

副業や、転職を考えている人、新卒の方、いろんなケースがあると思いますが、今回は気になる「ノルマ」について、まとめてみました。参考になると幸いです。

タクシードライバーに営業ノルマはあるのか?

運転手のノルマの実態

ずばり、タクシー業界では、ノルマはあることが一般的です。

これを聞いて、皆さんはどう感じたでしょうか?また、ノルマ、というと皆さんはどんなイメージを持たれますか?言葉だけを聞くと、なんだかネガティブなイメージのような気もしますよね。ここからは、お給料の構造と、ノルマについて、もう少し詳しく紹介していきたいと思います。

タクシー業界の給与の構成

タクシー会社による違いはあるものの、基本的にタクシードライバーのお給料は、「基本給+諸手当+インセンティブ(歩合給)」」で構成されています。この歩合給の比率は会社によって違いがありますが、タクシー業界では、他の業界よりも比較的、歩合給の比率が高いことが多いです。

営業ノルマと給与の関係はどうなっているの?

そして、本題のノルマについてですが、ノルマは、基本的に「基本給」に含まれていると考えられます。ノルマ以上の成果を出せた時に、超えた分に対する「歩合給」が支給されます。

ネガティブに考えれば、ノルマが達成できなければ基本給+手当分の給料しかもらえない、ということですが、ポジティブに考えると、ノルマ以上の頑張りをすれば、歩合給がもらえ、給与が増える(つまり、頑張った分だけ、ダイレクトに報酬がもらえる)ということです。

今は少しずつ社会も変わってきていますが、昔ながらの企業や公務員などでは、いまだに年功序列制で、いくら仕事の成果を出しても頑張りが報われない(報酬は変わらない)、という若手社員もいます。こういったことを考えると、タクシードライバーのように、ノルマや歩合制で働いたほうが、やる気のある方は稼げるかもしれないですよ。

営業ノルマや歩合制という言葉に拒否反応が出る方へ

営業ノルマの割合は会社や求人によって異なる

ここまで読み進めて、やはり「ノルマ」という言葉や、「歩合制」、「インセンティブ」という言葉に拒否感がある方に、朗報です。そういった場合には、給与の構成で、歩合給よりも基本給や手当の比率が高いタクシー会社を選択することも可能です。ノルマを達成できなかったとしても、基本給と手当は必ずもらえるものなので、毎月の生活に使えるお金が大きく変動してしまうことはないでしょう。また、ノルマがなく、最初から基本給(固定給)と手当のみで給与が構成されている会社もあるでしょう。こういった会社では、「ノルマを超えられない」というある種のストレスから解放されると思いますので、精神的に気楽に働けるかもしれません。

労働の成果を給与にもっと反映させたいならノルマはポジティブ

ただし、こういった会社を選ぶ際には、長期的な視点で考えると、将来の給料アップがあまり望めない可能性がある、ということを忘れないようにしましょう。タクシードライバーも、その他の仕事と同じく、経験を重ねることで学ぶことがあったり、少しずつ自分自身を成長させることができます。入社した当初と比較すると、業務年数を重ねるごとに、徐々に乗せるお客様の数も増え、売上も上がり、顔なじみの顧客もできたり、仕事がしやすくなってくると思います。そんな時に、お給料は入った頃とほぼ変わらない、ということが起こりえます。その時に自分がどう感じるかは、一度想像してみたほうが良いかもしれませんね。

なお、会社によって、手当(福利厚生など)の内容も違いますので、募集をしている会社の求人や給与条件を見て、わからないことはしっかりと会社へ確認するようにしましょうね。

 

ノルマがあることで、辛いと感じるか、より頑張ろうという気持ちになるかは、あなた次第です。お給料は、モチベーションを左右する大事な要素だと思いますので、自分がどんな価値観で仕事がしたいのか、しっかりと考え、リサーチも怠らないことが重要ですよ。

最初に登録するならドライバーアイランド

ドライバーアイランドは今最も勢いのあるドライバーとして働きたい方向けの求人サイトで、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

優良会社、大手企業から中小企業まで個人にあった会社をご提案

まずは無料で相談してみる