開業、車両保有、特殊作業等の手続き

トラックの車検・法定点検は乗用車と費用や期間が違うってホント?

商用車と乗用車はさまざまな違いがあり、例えばトラックやバン、ライトバンは車検や点検を毎年受ける場合があります。そもそも、何が違うのか、商用車だとお得なのか?といったウワサなど、おおまかにまとめてみました。

トラックなどの商用車は4ナンバーか1ナンバーが基準

商用車というと、パッと思いついたのはトラックやバン、ライトバンなどの車、仕事に使う、荷物を運ぶということですよね。走行距離が段違いのタクシーもこれに入ります。

もちろん具体的にはもっと細かい基準があり、商用車のナンバープレートは、1ナンバーや4ナンバーになっています。そうでなければ、乗用車です。

なお、トラックやバンだから商用車というわけではありません。特に、トヨタ ハイエースなどは乗用車としても結構見かけます。

商用車のうち、4ナンバーはわかりやすい規定があります。

全長4.7m以下、全幅1.7m以下、全高2.0m以下、排気量2,000cc以下の小型貨物自動車

これ以外の普通貨物自動車は1ナンバーとなるわけです。

後部座席に乗るとだいたい椅子が固くてほぼ直角になっていて、後ろに倒せるようになっていないことが基本です。ある意味、乗り心地の悪さも特徴と言えるでしょう。さらに、走行距離や多くの荷物を載せることなどもあり、エンジンやボディ等全体的に丈夫です。

商用車の車検の期間・法定費用・保険・印紙代は乗用車と違うの?

初回は二年ですが、後は一年ずつになります。性能や安全性を求められるため、厳しく項目も多く、車検にかかるお金も高くなります。ですが、維持費は安いです。

4ナンバーの自動車税は最大積載量で決まります。最安は8,000円!例えば3ナンバー(普通の自動車)は排気量です。最低29,500円とやはりお高い。

法定費用については、自家用と事業用は変わってきます。重量税は自家用(3,300円~)より事業用(2,600円~)の方が安いです。

自賠責は二年と考えると、自家用(29,470円)より事業用(43,220円)の方が高くなっています。自家用より走行距離が長いと想定され、その分事故などにも遭いやすくなると考えられているためです。3ナンバーは25,830円なので、かなり上がっています。

印紙代は小型自動車の扱いになり、一律1,700円です。

任意保険に関しては、会社やその内容によって変わります。同じような保険であれば、グレード違いなら当然4ナンバーの方が安いです。

同じ貨物車でも1ナンバーと4ナンバーで費用は違うの?

1ナンバーと4ナンバーは何が違うのか?

単純に1ナンバーの方が大きい車は多くなるので、税金などの費用が高くなります。高速道路の料金においても、中型料金や8tを超えると大型・特定大型料金となり、4ナンバーは普通料金と軽貨物車であれば軽自動車料金に分かれています。

スペックが同じくらいなのであれば、安く済む4ナンバーのものを買う方が良いでしょう。

4ナンバーに変更することは出来るの?

仕様によって異なりますが、2tトラックは4ナンバーです。軽トラも入ります。軽自動車の場合、車検も二年ごとになり、かかる維持費も小さいです。

4ナンバーの条件は?

ここでは、細かい数字で定められている4ナンバーについて解説していきます。

  • 全長4.7m以下、全幅1.7m以下、全高2.0m以下、排気量2,000cc以下の小型貨物自動車
  • 55kgとして考えた乗車定員の重量を、積載量が上回っていること(貨物車なので荷物優先!)
  • 荷台の床面積は1平方メートル以上であること(軽自動車は0.6平方メートル以上)
  • 運転席より後ろの座席面積<荷台面積
  • 後ろのドアを開けた時の開口部が縦80cm以上・横80cm以上になること(軽自動車は縦60cm・横80cm)
  • 荷物を置く所と座る間に保護する壁や仕切りがある(例外あり)

これを見ると、条件が多く分かりづらいと思うかもしれませんが、元から商用車であればこの点はすでにクリアしています。自分で変更・改造したりせず、乗っていれば引っかかることはまずないです。最大積載量においては、計量などせずに載せているうちにオーバーしてしまうこともあるので気をつけましょう。

乗用車を商用車にすることは可能なのか?

貨物自動車の条件を満たせば変えることもできます。つまり、快適なリクライニング付きの椅子を固くて折りたたむことしかできないようなものにして、座る場所より荷物を置く場所を大きくするなどの荷物優先の構造にするのです。その後、陸運局に申請して車検証も内容が変わり…手間と費用と、場合によっては業者に依頼するお金もかかることになります。

4ナンバーがやっぱり費用はおトク

だいぶおおまかになってしまいました。詳細なものについては省いております。あくまで貨物車なので、余計な機能が付いていてはいけない等、普通の車両とは違う所が多々あります。あまり快適さを求めると認められなくなりますので、ご注意ください。

まとめると、安全面の費用に関しては高くなりますが、全体的に車両としては安く収まります。基本的にお得になるのは4ナンバーです。

重い荷物や長い走行距離を前提としているため、丈夫で長持ちであり、一年ごとに厳しい車検を受けているので、中古であろうと長く付き合っていくことができるのも商用車のメリットでしょう。

最初に登録するならドライバーアイランド

ドライバーアイランドは今最も勢いのあるドライバーとして働きたい方向けの求人サイトで、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

優良会社、大手企業から中小企業まで個人にあった会社をご提案

まずは無料で相談してみる