開業、車両保有、特殊作業等の手続き

トラックの名義変更が必要な場合と書類手続きの流れ

トラックや自動車の名義変更が必要なケースとタイミング

トラックの名義は、トラックの持ち主が変わった場合に変更しないといけないのですが、誰もが経験することでもありません。よって、いざ変更する際にどういった手続きをしないといけないかご存じない方も多いかもしれませんね。

名義変更手続きは15日以内に実施しないといけません。名義変更が必要になるケースは、トラックを譲渡された時や、中古でトラックを購入した場合などになります。中古車両を購入した場合などは、販売しているお店側で手続きを実施する場合も多いですが、手数料が取られるケースもあり、事前に確認頂くことをおすすめします。

トラックや自動車の名義変更をしないとどうなる?

もし、名義変更を怠ってしまった場合、税金の通知書が以前の持ち主に送付されてしまうなどの問題が起こる場合もあります。変更することを忘れないようにしましょう。

名義変更の手続きの流れ

名義変更を委任して代行手続きをしてもらう場合

では、販売店などの業者に依頼して手続きを行ってもらう場合の流れについてご紹介します。

いくつか書類を用意する必要があり、譲渡を証明する書類と委任状、印鑑証明を車両の前の持ち主から受け取っておく必要があります。それに加えて、新しい車両の持ち主が、車庫証明書と印鑑を押した委任状、印鑑証明、トラックの車検証を用意することで手続きを実施することが可能になります。

名義変更手続きを自分で実施する場合

続いて、自分で変更手続きを実施する場合です。上述した書類に加え、自動車税・自動車取得税申告書と手数料納付書、申請書を準備します。書類は運輸局のホームページからダウンロードすることが可能です。ただし、申請する際は運輸支局に足を運び、窓口申請する必要がありますのでご注意下さい。

そのほか、車両の新しい持ち主と所有者の名義が別な場合は、新しい持ち主の住民票、さらに委任状が必要になります。また、未成年者の場合には当人の戸籍謄本と親の印鑑証明が必要など更に必要な書類が増える場合があります。

名義変更の手続きで注意するポイント

名義変更はインターネット上での申請は出来ません

このように多くの書類を用意する必要がありますが、インターネット上での申請などは出来ません。よって、書類に不備がある場合などは何度も窓口を訪れることも必要になるかもしれませんので、自分で煩雑な手続きをしたくない方は多少の手数料を負担してでも販売店などに手続きをお願いされたほうがよいかもしれませんね。

名義変更に必要な証明書や書類がそろっていないとダメ

また、自分で作業するにしろ、販売店に依頼するにしろ、事前に書類については必要事項が記載されているかをよく確認した上で提出するようにしてください。特に発行日から3ヶ月以内の書類でないと受け付けてもらえない場合もあるので、有効期限についても確認しておく必要があります。さらに、車両を譲り受けてから一定期間内に申請しないといけないというルールもあります。書類の準備が遅くなればなるほど、慌てることになる原因にもなりますので、事前に書類のために必要な準備をしておくほうがよいでしょう。

最初に登録するならドライバーアイランド

ドライバーアイランドは今最も勢いのあるドライバーとして働きたい方向けの求人サイトで、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

優良会社、大手企業から中小企業まで個人にあった会社をご提案

まずは無料で相談してみる