ドライバーの仕事探し・応募・転職のコツ

未経験応募OK?トラックドライバーになるにはどうすればいい?

憧れのあのかっこいいトラックに乗って仕事をしてみたい!と思っても、経験や免許がネックになりがちです。未経験でもトラックの運転手になる方法についてまとめました。

まずは未経験者応募可のドライバー求人を探すこと

「未経験者歓迎求人」には、本当に未経験でも応募できるのか?

確かに、未経験者を一から育てるよりも、仕事の内容をある程度理解している経験者を採用したほうが良い、と考える会社もあるでしょう。しかし、未経験者が応募できない求人ばかりか、というと、必ずしもそうではありません。

また、ネットショッピングなどが増加し、荷物の量やニーズも増えている一方、ドライバーの高齢化や人手不足も深刻化しています。未経験者でも良いので人材を確保したい、という会社のニーズも増えてきていると言えます。これは、未経験からトラックドライバーを目指す人には朗報でしょう。

どんな仕事でもそうですが、まずは応募してみなければ何も始まりません。

転職サイトの求人内容をしっかりチェックしてみよう

まずは、未経験者を募集している求人をよくチェックをしましょう。未経験者でも応募できる求人を掲載している会社の中には、充実した研修を行ってくれる会社や、免許取得の費用負担などをしてくれる会社があります。わざわざ未経験者歓迎と求人に記載している会社は、未経験者をドライバーデビューさせるためのフォロー体制がしっかりしている可能性が高いです。

ドライバーの面接時に必ず確認するべきこととは

次に面接で会社の担当者としっかり話をして、実際に働く際の疑問などをなくしていきましょう。

まずは、給与面と研修、勤務時間などについては必ず確認しましょう。また、トラックドライバーとしてデビューするまでにかかる時間なども、聞いておいたほうが良いでしょう。

もし採用されたとしても、休日がきちんととれない、給与が低すぎるなど、理想と現実の乖離が起こってしまうとつらいものです。

また、トラックドライバーの仕事は、体力勝負でもあります。大きな荷物を扱い、高速道路を運転するなど、危険も伴います。そのことをしっかりと理解し、福利厚生面についての確認をするなど、長期的に働くビジョンを持ちましょう。

初心者ドライバーとして採用された後にやるべきこと

ドライバーの不足などで、未経験でも採用される可能性は低くないものの、ドライバーとして独り立ちできるまでには時間がかかります。荷物の積み下ろしなど、運転業務以外にも必要なスキルや知識があるからです。

また、トラックの運転をしたことがないと、業務自体にも不安が出てくる可能性があります。その場合には、先に個人的に大型運転免許を取得することを考えてもよいかもしれません。そうすることで、実際の運転に対する不安が軽減されるでしょう。

デビューしてしまえば、一人の裁量で計画を立てて業務をこなすことができます。また、運転中は一人なので人とのコミュニケーションのわずらわしさはなく、マイペースに仕事に取り組めるようになるでしょう。

最初に登録するならドライバーアイランド

ドライバーアイランドは今最も勢いのあるドライバーとして働きたい方向けの求人サイトで、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

優良会社、大手企業から中小企業まで個人にあった会社をご提案

まずは無料で相談してみる