トラック・建設機械(建機)の種類と資格

トラクターとは?トレーラーとの違いは何か

トレーラーとトラクターについて、あなたはどこまで知っていますか?そもそも似ている名前の車両ですが、明確な違いがあります。車両の種類や、運転免許の取得方法、ドライバーとしての就職の状況までをまとめましたので、参考にしてみてください。難しいそうで遠い存在だと感じていたトラクターを、少し身近に感じてもらえると幸いです。

トラクターとトレーラーの違い

「引っ張る側の車両」とその車両について「引っ張られる側の車両」に分けられます。トラクターは英語でtracktorと言い、引っ張る(けん引する)車両のことです。セミトラクターと、単独走行ができるような大型のフルトラクターの2種類があります。トレーラーは英語でtrararと言い、けん引される(引っ張られる)側の車両です。主にこの車両に荷物を積んで走ります。

一般的には、セミトラクターとセミトレーラー、フルトラクターとフルトレーラーの2つのセットに大きく分類されます。それぞれの詳しい特徴を書いていきますね。

セミトラクターとセミトレーラー

この組み合わせが一番多く使用されています。

セミトラクター、トレーラーは、単独で走行することができません。2つがそろって初めて道路を走ることができるようになります。

セミトラクターは、トラクター側(ヘッド側)の後方にトレーラーをつけて走行します。トラックや乗用車のように、特別な操作はなしにバックをすることができ、縦列駐車なども比較的スムーズに行えます。

また、トラックやトレーラーは陸路だけでなく船やフェリーに乗って目的地付近に行くケースもありますが、セミトレーラーの場合、トレーラーだけを船の中に積み込み、無人で船で輸送できるというメリットがあります。そうすると、船に一緒にドライバーを乗せる必要がないため人件費の削減が可能です。

フルトラクターとフルトレーラー

日本では比較的お目にかかることがないフルトレーラーですが、現在は空港など大きなスペースのある場所で使用されています。

トラクターだけで走ることができ、かつ荷物を積むことができます。単車として使われることもあり、これはセミトレーラーにはないメリットですね。

トレーラーの車体に付いているドロバー(けん引をするための棒)の先端にある輪っかを利用して、車両を連結します。日本では、この連結方法が現在一般的です。

ちなみに、この方法は可動軸が2軸で、荷物の重さが分散される代わりに、バックが非常に難しいというデメリットがあります。

最近になって、センターアスクル式という連結方法が注目されてきています。センターアスクル式では可動箇所が1か所のため、車両の軸が中央になり、セミトラクターのようにバックができる構造になっています。センターアスクル式が普及してこれば、フルトラクターもさらに活躍の場が広がるかもしれませんね。

最初に登録するならドライバーアイランド

ドライバーアイランドは今最も勢いのあるドライバーとして働きたい方向けの求人サイトで、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

優良会社、大手企業から中小企業まで個人にあった会社をご提案

まずは無料で相談してみる