トラック・荷台・備品装備の使い方とコツ

トレーラーの運転のコツ:カーブを勉強する

トレーラーの運転、特にバックやカーブはとても難しそうですよね。はたして自分に出来るだろうかと不安に思ったあなたへ、基本の技術と気を付けたいことをお教えいたします。これを読んで、かっこいいドライバーを目指してください。

トレーラーでカーブをするときの基本ポイント

まずは、自分の乗っているトラクターの長さや幅について、しっかり把握することが大切です。ミラーだけでは確認しにくい死角に危険が潜んでいます。

トレーラーの長さを把握する

長さをしっかりと把握していない場合、踏切や交差点で危険です。

例えば黄色信号で無理に渡ろうとした場合、乗用車であれば通過できたところ、トレーラーだと渡り切れず、赤信号に変わってしまうこともあります。こういったケースは運転者も非常に焦ってしまうため、事故につながりやすくなります。

絶対に無理をせず、心と時間にゆとりを持った運転をしましょう。

トレーラーの車幅と内輪差を理解する

カーブを曲がるときには、車幅の把握が必要です。

トレーラー車体が長いため、乗用車やトラックよりも前方にトラクターの頭を突っ込んでからハンドルを切る必要があります。

そのたきに内輪差が起こるため、特に左カーブの時には左の後方側面を曲がり角などにぶつけないように注意する必要があります。

また、内輪差を恐れて大回りしすぎると、今度は曲がった先の対向車に接触してしまうこともあります。もしも対向車に接触してしまいそうな場合には、無理に曲がらずに対向車が先に通りすぎるのを待つか、少し後退をしてもらいましょう。安全が第一です。

カーブの前に減速が必要

また、カーブの前には減速を十分に行うことも重要です。急ブレーキを踏むとタイヤロックが生じ、最悪ハンドル操作ができずに横転してしまうケースもあります。カーブ前にはきちんと減速し、ゆっくりとカーブにさしかかりましょう。

トレーラーのカーブで注意すべきポイント

まず大前提として、トラクターは大きく、危険が伴う乗り物だということは、しっかりと肝に銘じておきましょう。また、トラクターやトレーラーは、車幅や車長がとても長いため、運転には思ったよりも時間がかかるということを忘れないでください。心にゆとりを持たせるには、無理のないスケジューリングが必要です。時間に余裕をもって運転をするようにしてください。

トレーラーで下り坂を運転するときの注意点

下り坂が続くと、「慣性ブレーキシステム」が作動し、自動でずっとブレーキがかかる状態になります。

これは安全対策の1つですが、あまりに長いとホイールが熱くなってしまうので、注意する必要があります。

特に高速道路などは、事前に走行する道の情報を仕入れておくほうが良いでしょう。

トレーラーで悪路を運転するときの注意点

路面が悪い(濡れている、降雪など)時は、スリップしてタイヤがロックしてしまう可能性があります。

急ブレーキをかけないことや、荷物を積みすぎないことなど、自分で管理できるリスクはきちんと管理しましょう。心がけ次第で、防げる事故もあります。車両自体のメンテナンスも定期的に行い、少しでも不安がある際には、その不安が払しょくできるまではその車両に乗らないようにすることがおすすめです。

トレーラーならではの事故も多いため、常に車体の大きさを自覚して、安全運転を心がけましょう。

750kg以上の牽引車は牽引免許が必要です

ちなみに、日本でよく走っているトレーラーは、セミトレーラーという車両です。750㎏を超えるけん引車は、けん引自動車免許が必須ですので、覚えておいてください。

大きくて目立つ車なだけに、トラクターは道路では注目されることが多いです。マナーを守り、無事故、無違反で安全運転でお願いします!

最初に登録するならドライバーアイランド

ドライバーアイランドは今最も勢いのあるドライバーとして働きたい方向けの求人サイトで、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

優良会社、大手企業から中小企業まで個人にあった会社をご提案

まずは無料で相談してみる