物流・運送業界のニュースと経営情報

人材の離職を防ぐために運送会社が聞くべきドライバー達の声

快適な職場環境だと、気持ちよく、効率よく働くことが出来ます。その結果、長く働けることにつながります。体力面でも精神面でもハードなドライバーにとって、安心して働くことができるというのは重要な条件となります。ドライバー勤務経験者に、自分たちのお仕事に関してどのような要望があるかについてアンケートを行いました。

ドライバー勤務経験者が仕事に求めることランキング

回答の仕方は、5つの回答を提示し自分の要望にチェックをしてもらいました。回答の比率は、1位は「労働時間の短縮」、2位は「勤務日数の軽減」3位は「荷役作業等の重労働の軽減(機械化希望)」、4位は「福利厚生の充実化(社宅や有休)」最後は「その他」でした。

ドライバーの要望1位は「労働時間の短縮」

アンケートの結果、「労働時間の短縮」を要望している方が多いようです。

  • 労働時間長いと、集中力が切れて、事故を起こしそうになった経験がある。
  • 休憩をとるにも、移動しながらの休憩だったため、疲労回復できない。それに加えて労働時間が長いと疲労が蓄積してしまう。
  • 長時間労働で、腰痛が悪化してしまった。
  • 労働時間の長い繁忙期に備えるため、身体を休める時間を確保したい

運転はいくらベテランとはいえやっぱり神経を使います。そのため労働時間が長いと集中力が散漫となり、事故を招く恐れもあります。休憩がしっかりとれない、腰痛持ちの人は腰痛悪化したとの意見があります。

繁忙期の長時間労働に備えるためにも、労働時間の短縮は不可欠です。命の危険と隣り合わせのドライバーにとって、不安要素を取り除くのは大きな課題です。常にベストな状態で仕事に取り組めるよう、就労時間の見直しが業界全体の課題とも言えます。

ドライバーが安心して働ける環境作りが運送会社に求められている

次に多かった意見は「勤務日数の軽減」、「荷役作業等の重労働の軽減」「福利厚生の充実化」でした。

  • 代わりがいないので、体調不良でも休日がとりにくい。
  • 連勤や夜勤続きと、長距離が続くのはきついので体を休めるために休日がほしい。
  • 荷物の積み下ろしは意外と時間もかかるし、身体に負担もかかる。機械化すると時間短縮や身体への負担も軽減される。
  • 歩合制のため思うようにもらえない月もあるので、家賃の安い社宅があれば助かる。

体調不良でも休めない、不規則な勤務や長距離運転が続くと体力面に支障がでますので、休日を増やしてほしいという意見が多いようです。荷物の積み下ろしは手作業のため、機械化を望む意見にも賛同できます。

また給与が歩合制の場合は、どうしても収入に波が出ます。そのため経済的な社宅があると収入面での安定が見込めます。

どんなお仕事でも環境作りの整備は大前提です。しかし、求められることが車の運転だけでなく、荷物の積み荷にまでと、重労働が多いドライバーにとって、健康面に気を配り安心して働ける環境作りはマストと言えるようですね。

ドライバーズジョブを賢く利用しよう

アンケートの結果を見直すと、「労働時間の短縮」と「勤務日数の軽減」の回答はほぼ同数です。それらを合わせると全体の約7割を占めます。

健康を保って業務に取り組むには、仕事時間の短縮や、休日増加は切実です。

重労働軽減のための機械化の導入も、大きな課題かもしれません。社宅などの経済補助の充実も見逃せないポイントです。

上記の意見からもわかるように、ドライバーのお仕事には多種多様な求人があります。

現役ドライバーはもちろんですが、ドライバーへの転職を考えている人は、ドライバーズジョブの活用をおすすめします。

最初に登録するならドライバーアイランド

ドライバーアイランドは今最も勢いのあるドライバーとして働きたい方向けの求人サイトで、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

優良会社、大手企業から中小企業まで個人にあった会社をご提案

まずは無料で相談してみる