自動車・トラックの整備点検と故障・トラブル原因と修理

事業用自動車・トラックの日常点検:ランプ類の点検

トラックのランプの役割

トラックには、走行車や周りの人に知らせるための数々のランプがあります。

このランプは、安全を確保するためにはなくてはならないものです。ランプには、トラックがどれだけの大きさかということや、トラックとの距離はどれくらいかを示してくれる役割があります。

ただ暗いから、という理由だけで点灯するものではありません。少しの油断で、ランプが切れていたがために大事故になってしまうことも考えられるのです。

また、ランプが切れていると、警察が発見した場合に罰金を取られたり、点数が引かれたりしてしまう可能性が出てきてしまいます。

そういう面でもランプはしっかりと日常的に確認しなくてはなりません。それでは点検の方法や点検の意味について説明していきます。

トラックのランプの日常点検方法

まず、ヘッドライトを目視します。この時に汚れていないかチェックします。

トラックを長く乗っているとどうしても汚れてきてしまいます。あまりにも汚れていると、せっかくランプをつけても思うように光が届かないということもありますので、汚れに関してはこまめにチェックするようにしてください。

ヘッドランプの汚れの中で最もポピュラーなのは黄ばみです。黄ばみはなぜおきるかといいますと、紫外線の影響で表面がだんだん傷みが生じたり、ライトの熱により発生してしまいます。

また、洗車でも傷がついてしまうことがあります。ですので、常日頃からヘッドライトをチェックしたり、洗車するときは優しく行うようにして下さい。

汚れ以外にもヘッドライトの不調はあります。片方しかつかなかったり、両方とも切れていたり、ハイビームとロービームが上手く作動しないといったことが挙げられます。このような症状が出た場合、整備士に報告して下さい。

そしてテールランプの点検についてです。ブレーキランプとバックランプは自分の一人では確認できないので、必ず他の人に見てもらうようにして下さい。

また、共通してチェックしなくてはならないのは、ライトが照らしている向きや方向、明度に異常がないかということです。つい忘れがちになりますが、習慣化して点検するように心掛けて下さい。