自動車・トラックの整備点検と故障・トラブル原因と修理

エンジンルームの洗浄・点検と費用・価格・工賃

日ごろはボンネットの中に隠れている部分、教習所でしか開けた事がない、開けてもどれが何のパーツかわからない、汚れているのは分かるけど掃除の仕方がわからない、そんなエンジンルームの疑問をひとつずつ紐解きます。エンジンルームをきれいにしたくなること間違いなしです。

エンジンルームって何?

エンジンルームってどこ?

エンジンルームは一般乗用車ではフロントのボンネットにあるのが主流です。運転席の右下あたりにレバーがあり、引くとボンネットが開きます。開いた隙間から手を入れ持ち上げたら必ずステーで固定しましょう。 ドイツの自動車メーカーのポルシェやフランスの自動車メーカーのルノーにはリアエンジンを搭載している車両があり、それらは逆で、後ろのトランクルームの位置がエンジンルーム、フロントボンネット部分がトランクルームです。リアエンジンでは荷重が後ろに下がるので鋭い加速とハンドルが軽快なのが特徴です。

トラックも乗用車とは違う位置にエンジンがあり、軽トラックはシートの下か荷台の下、中型トラックや大型トラックはキャブの下です。降車してキャビンを上げるとエンジンが見えます。

エンジンルームに入っているものは?

自動車教習所の初めの教習で学ぶのがボンネットを開けた始業点検方法ですね。自動車にとって一番大切な部分なので何よりも先に学習します。エンジンルームの中央にはエンジン、周りを囲むようにバッテリー、冷却水タンク、ウォッシャータンク、オイルフィラーキャップ、ブレーキ液タンクがあります。液量を確認する場所です。エンジンルームは埃や砂がたまりやすく、オイルがにじみ出たり、静電気や発した熱により汚れが頑固にこびりつきやすい環境にあります。

中古車の選定の際には必ずボンネットを開けて確認する事からもわかるように、エンジンルームは自動車にとって大切な部分です。ボンネットの内側で見えないし、とても手入れしにくい場所ですが、エンジンルーム洗浄、清掃及び点検をしないといけません。

エンジンルームの洗浄・清掃する時期やタイミングは?

エンジンルームの洗浄・清掃のタイミング

3か月に1回程度はエンジンルーム洗浄・清掃を行うのが望ましいです。エンジンルームのパーツは水ぶきをしても大丈夫ですが、グリスが流れてしまったり、電気系統など水を苦手とする物もがありますので、高圧洗浄機などでジャブジャブ洗い流すのは避けた方がよさそうです。

また、パーツをきれいにするタイミングで各液量の残量チェックや、キャップ部分、部品のつなぎ目部分からのオイル滲みがないか確認をすると良いでしょう。ゴムや樹脂部分、塗装の劣化などの確認もあわせてしておくと異変にいち早く気が付くことができます。

定期点検時とエンジンルーム清掃

定期点検時にはエンジンルームを細かくチェックしますので、その時に整備工場などにエンジンルームの洗浄・清掃を相談することもできます。定期点検時の洗車サービスのようにエンジンルームの清掃をしてくれる整備工場やディーラーはありません。定期点検に出す前にエンジンルームをきれいに清掃しておくと、整備工場でも『ドライバーが丁寧に扱っている車』という認識が生まれ、より丁寧な整備をしてくれるようですので、試してみても良いですね。細かい作業になりますので費用は別途見積もりしてもらい、価格と工賃の確認をしましょう。

エンジンルームを洗浄・清掃しないとどんな問題が起こるの?

エンジンルームを洗浄・清掃しないと起きる問題

一般的な使用環境では稀ですが、オフロード走行をした場合など、エンジンルームに異物が引っかかる場合があります。エンジンルームで子猫が暖を取っていたという話題もありました。そのような場合には枯葉やゴミなどは燃えやすいですし、子猫も命にかかわる事態になります。硬い小枝や小石などが入り込んでしまった場合には部品を損傷しかねませんので、取り除かないと危険です。

また、エンジンルームが埃や砂まみれの状態では、ボンネットを開けた時の見栄えもよくありません。せっかく自動車のボディーがきれいに磨かれていたとしても、エンジンルームが汚れているせいで見た目の価値が下がってしまってはもったいないことです。

埃や砂が部品の接合部に堆積していると、万が一冷却水やオイルがにじみ出ていたとしても、早期発見はしにくいです。液類の不具合は早期発見することで部品の調整や交換が最低限で済むのです。

エンジンルームの洗浄・清掃はどこで出来るの?自分で洗浄するときの注意点は?

エンジンルームを洗浄する方法

エンジンルームの洗浄・清掃は細かい部分が多いので意外とはかどらず、かなりの時間を要するので億劫になりがちです。開けたことが無いか、自分で軽く拭き掃除をする程度のユーザーも多いでしょう。エンジンは走行前の冷めた状態で手入れをしないと、熱せられた部分でやけどをしたりします。洗車場などへ移動直後のエンジンを洗浄することはとても危険です。

清掃は、市販のミストタイプやスプレータイプの専用の洗浄剤を使って、素材が同じパーツごとに端切れやウェットシートなどで汚れを拭き取ります。使い古しの歯ブラシなどを使用すると細かい部分の汚れを簡単に落とすことができます。エンジンクリーナーガンなどでプロ並みの洗浄をする人もいるでしょう。汚れがひどい時は中性洗剤やアルカリ性洗剤を使ってこすり落としても大丈夫です。最後に乾拭きをして仕上げると余分な洗浄剤が取れて汚れが付着しにくくなります。

エンジンルームを洗浄する時の注意点

水に弱い電気系統は防水テープを巻いたり、ビニールで覆ったりして水がジャブジャブかからないようにすると安心です。完全防水でなくても大丈夫ですが、養生したとしても高圧洗浄機などで洗い落とすのは、必要なグリスなどの潤滑油まで水圧で流れてしまうので、好ましくありません。

樹脂部分や塗装部分などは紫外線にさらされていなくても、経年による細かい傷や劣化により従来の輝きは減ってしまいます。愛着があり長く乗りたい車や、放置しすぎて自分では手の付けられないような頑固な汚れが付着してしまった場合など、専門業者に依頼して新車のように甦らせてもらうのも良いでしょう。

エンジンルーム洗浄、清掃後はそのまま放置せず、エンジンをかけて水分を蒸発させないと故障の原因になりますので注意してください。

エンジンルームの清掃を依頼するには?

自動車を持ち込まなくても出張サービスをしてくれる企業もあります。メンテナンスメニューもいくつもあり、費用を見ながら組み合わせて依頼する事が出来ます。例えば、ヘッドライトの白濁補修とエンジンルームの洗浄、シートや内装とエンジンルームの洗浄、外装のガラスコーティングとセットにしたりもできます。

長期間使用していて、車内のいろいろなにおいが重なり不快に変わってきたときも、エアコンの消臭処理や車内洗浄をしてもらうことですっきりするでしょう。ボンネットフードまできれいになりますので、まさに新車の輝きです。洗浄時には部品のワックスがけ、樹脂やゴム部分の劣化防止処置、塗装のひび割れにはコーティングなども施されます。 

エンジンルームの洗浄・清掃にかかる費用・価格や工賃は?

エンジンルームの洗浄・清掃にかかる費用・価格・工賃

エンジンルームの洗浄・清掃だけを依頼するのではなく、点検や他のメンテナンスも合わせてプランニングしてもらうことが多いです。洗浄・清掃に対する追加料金の目安は5千円から1万5千円ですが、水濡れ防止などの処置や細かい配管が多かったりと手間がかかるので対応していない整備工場やディーラーが多いのが難点です。

 トータルケアを扱う整備工場は多様な車種に対応した、いろいろなメニューを組み合わせてユーザーの悩みを解決する提案をします。ケア部分の数や工数に応じ費用や価格、工賃は変わってきますが、例えば、工賃込みの価格で大型ワンボックスのトータルケア2万円、軽乗用車で1万3千円などです。別料金で車内洗浄も可能です。

 

 

プロはエンジンルームを見ながらエンジンをかけて、振動や音の違いで調子を聞き分けることができます。大きな振動は調子が悪い証拠のようですが、そこまではいかなくとも、愛車の不調は真っ先に感じ取ってあげたいものです。そのためにも少々ハードルの高いエンジンルームの洗浄・清掃に挑戦してみてはいかがでしょうか。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。