自動車・トラックの整備点検と故障・トラブル原因と修理

トラックのラジエーターの仕組みと点検まるわかり

トラックには、様々な装置が使用されており、その中でラジエーターという装置があります。詳しく知らない人のためにも、車が安全に走るために必要なラジエターの具体的な機能・仕組み等を解説していきますので、しっかりと理解して、より安全に楽しく仕事をするためにも故障する前に防止できるように心がけましょう。

ラジエーターとは

ラジエーターの効果

ラジエーターってどういうものなのしょうか?

ほとんどの場合、ラジエーターはその目的と得られる効果の関係でエンジン付近にあることが多く、車のフロント部分に配置されており、その最大の目的はエンジンを冷却することです。

ラジエーターがオーバーヒートを防ぐ

これにより俗にいうオーバーヒートとよばれる動作不良状態を防いでいます。

トラックが走るためには、エンジンで燃料を燃やす必要がありますが、燃料の燃やしているとき大量の熱が発生し、これが長く続くと焼き付いてしまいエンジンが正常に作動しなくなります。

このような事態を起こさないためにもラジエーターを常に正常に作動させることは絶対条件となります。

ラジエーターの仕組み

ラジエーターの構造は、ラジエーターにあたる風によって冷やされた冷却水をエンジンの周りに走らせて熱くなったエンジンを冷ますという構造になっています。

冷却水を貯めたタンクから連なる循環路はラジエーターホースとよばれエンジンを冷やす重要な任務を担っています。

また、コアをよばれるホコリやゴミが中に入ることを防ぐ部品や、冷却水の沸点を上げるためにタンク内に圧力をかけるためのキャップ、また冷却水を冷やすために作動する冷却ファン等、正常に稼働するために大事な部品がいくつもあり、正常運転を維持するために貢献しています。

そしてエンジン周りで熱しられタンクに戻ってきた熱い冷却水は、冷却ファンや走行によって入り込む風によって冷却され、再びホースを通ってエンジンを冷ますという一連の流れを繰り返しています。

フロントグリルとラジエーターの関係

車体前面にあるフロントグリルは、スポーティであったり、ゴージャスであったり、トラックだけでなく自動車全般のデザインにとても大きな影響を及ぼしています。

実はこのグリルは、穴が開いていて内部に貫通しています。これは、エンジンルーム内の装置に風を送り込む役割をしているためです。

より一層、ラジエターを効果的に働かせるために冷却水を冷やし、またエンジンルーム内の温度を下げるために熱くなった空気を外に排出する必要があり、グリルは風が滞留しないように設計されています。

別名ラジエターグリルとよばれるのは、ラジエターを保護するためのグリルが進化してボディと一体化され今のデザインになったためです。

また、停車時や低速時でも有効に風を活用できるようにも設計されていて、グリルはこのように機能面もとても大事ですが、トラックそのもののデザインにも大きく影響するため、安全に走行するために機能性を重視しながらも格好良さも追及しなければならず、多面的に考えられて作られています。

ラジエーターの故障と点検

ラジエターを故障させないためにいくつか注意するポイントがあります。

ラジエーター故障の原因と発見方法

主にホースまたはタンクから液もれすることが故障のほとんどですが、頑丈に作られてはいるものの実は消耗品で、熱したり冷ましたりを繰り返した冷却水が何度も通過するため日を追うごとに劣化していきます。

走行中でも、アクセルを踏んだときに異音が発生したり回転数が不規則になったり、エンジン回りで通常とは違う音や様子が見受けられた場合はすぐに確認するかディーラーなどで点検を受けましょう。

ラジエーターは早めの交換が大事

また普段からの定期点検を必ず実施して劣化しているようであれば早めに新しいパーツに交換することに努めましょう。

ラジエターは正常に機能するための直結する機器のため常に気にかけるよう心掛け、早期に対応することで大きな故障や事故に発展しないよう対処しましょう。

最初に登録するならドライバーアイランド

ドライバーアイランドは今最も勢いのあるドライバーとして働きたい方向けの求人サイトで、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

優良会社、大手企業から中小企業まで個人にあった会社をご提案

まずは無料で相談してみる