ドライバーや運送会社が知っておくと便利な情報

トラックはリースと購入のどちらを選択すべき?比較してみました

トラックを導入する際、避けて通れないのは資金の問題。
一括で購入できない場合、多くの方がまず検討するのが「ローン」による購入だと思います。でも、ローンだと利息が発生するし、頭金もかかるし…と、迷われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。ローンを組んで購入する以外にトラックを入手する方法として、「リース」という仕組みがあることはご存知ですか?ここではリースについて説明いたします。ケースによっては購入の方がいい場合などもありますので、ご参考にしてください。

トラックのリースとは?レンタルとの違いは?

リースは、簡単にいうと「長期のレンタル」。

皆様がリース会社と契約をし、リース会社の持ちものであるトラックを長期借り受ける形となります。契約期間中は、リース代金をリース会社に支払います。

レンタルと違う点は、あらかじめ決まった契約期間の途中で返却すると、違約金が発生するという点。

ローンと違い、頭金や利息は発生しませんが、契約にあたっては審査があります。審査が通ると契約成立、納車となります。また、印鑑証明や車庫証明などの書類が必要です。事前に必要な書類をリース会社に確認しましょう。

カーリースの特徴とメリット・デメリット

トラックリースの特徴

もう少し詳しく、リースの特徴を見ていきましょう。

まず、先述したようにリースは「レンタル」なので、あくまでトラックの所有権はリース会社にあります。

このため、自前で保有している車のようなカスタマイズは制限されます(会社やプランによっては、指定された範囲内でのオプション品取り付けや塗装は可能です)。

その代わり、車両にかかる保険の手続きや車検、契約タイプによってはメンテナンスなどの管理にかかる手続きはリース会社が行います。また、それに伴い発生する費用は、月々のリース代に含まれています。

トラックリースのメリットは節税、修繕費、手続きがラク

トラックをリースすることのメリットの一つとしてあげられるのは、節税効果です。

毎月のリース代は経費として計上できます。トラックを新たに導入して事業を開始・拡大といったステージの場合、税金の負担が軽くなるのは大きなメリットとなるでしょう。

また、多くの場合は修繕費が組み込まれているので、車両の管理費を抑えることができます。頭金がかからず、毎月の支払い額が一定に保てる点もメリットとして挙げられます。

車両登録などの事務手続きの手間もなく、納入までの期間も早いので、すぐに業務に活用できます。

トラックリースのデメリットは中途解約とカスタマイズが難しいこと

では、リースのデメリットはどのような点があるでしょうか。

まず、一度契約すると中途解約ができないこと。途中で解約する場合は、違約金が発生します。

また、リースしたトラックの所有権はリース会社にあるため、自分好みにカスタマイズしたり、使わなくなったから売却したり、ということはできません。

契約完了後に買い取る場合、トータルで見ると購入より高くつくこともありますので注意が必要です。

 

リースはこんな方にオススメ

「仕組みはわかったけれど、自分の場合、結局購入したほうがいいのか、リースのほうがいいのかわからない…」そんな方のために、「リースのほうが適しているケース」をご紹介します。

トラックの利用期間が限られている場合

あらかじめ長い期間の利用を想定していないのであれば、リースで一定額を払うほうが安く済みます。

逆に、トラックの耐用年数は長いので、長期の利用を想定している場合は売却やカスタマイズなどの自由度が高い購入を検討したほうがいいかもしれません。

トラックの購入資金力が不足している場合

ローンと違い頭金不要のケースが多いので、まとまった資金がなくても車両導入のハードルが低くなります。

また、車両管理に関する事務作業を行う必要がなくなりますので、業務の効率化にもつながります。

 

トラックのリースについて、特徴やメリット・デメリットを見てきました。リースで利用できる車両の種類は会社により様々で、運送・物流だけではなく土木・飲食など様々な業界の方にトラックリースのサービスは活用できると言えます。また、新型の車両を購入より安く導入できるだけでなく、最近では中古に特化してリース料を抑えるリース会社もあります。

皆様の業務へのトラック導入のご参考になれば幸いです!

最初に登録するならドライバーアイランド

ドライバーアイランドは今最も勢いのあるドライバーとして働きたい方向けの求人サイトで、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

優良会社、大手企業から中小企業まで個人にあった会社をご提案

まずは無料で相談してみる