ドライバーや運送会社が知っておくと便利な情報

リビルド?リユース?トラックの中古パーツを上手に使うコツ!

「特定の部品だけ修理したい」「もう少しスペックをあげたいなあ…でも、車を買い換えるほどではない」こんな時に検討するのがパーツの購入。

ですが、ちょっとした部品でも意外と高額だったりするもの。今回は、新品パーツより安価に抑えられる、中古のパーツについてご説明いたします。

トラックの中古パーツはどこから仕入れているの?

自動車は様々な部品(パーツ)から成り立っており、材料も多岐に渡ります。

中には処理の難しいものもあり、正しく処理・廃棄されないと重大な環境被害を引き起こす可能性もあります。それに加え、解体後のくずのを処分する処理場の逼迫によりかかる費用が高騰していたことから、使用済み車両の不法投棄や不適切処理が多発していました。これらの問題に対処するため、2005年に自動車リサイクル法が施行されました。

この法律のもと、自動車メーカーを含む関連業者は、車を適切にリサイクルすることが求められています。中古のパーツは、このリサイクルの過程で使用済みの自動車から取り出されたものです。

トラックの中古パーツ、リユース品、リビルド品、リンク品の違いは?

中古パーツの分類に明確な定義はありませんが、車から取り出した後の扱いによって3つに分けるのが一般的です。順に見ていきましょう。

リユース品

解体した使用済みの車から「取り出したまま」の状態のパーツです。(清掃は行われていることもあります。)安価ではありますが、解体前の車の状態によって品質に差がある可能性があります。
ライト、ミラー、バンパーなど、駆動そのものに大きな影響のない外装の交換用として特に人気があります。

リビルド品

取り外されたパーツを分解・洗浄し、消耗・摩耗した部分の取り換えや故障部分の修理後に再組み立てを行った部品のことです。このため、劣化していない部分は再利用されますが、性能は新品と同レベルになっています。その分、中古品の中ではやや割高の傾向があります。
エンジン、コンプレッサー、シャフト、ミッションなど、車の機能に影響する部品に多くのリビルド品があります。

リンク品

リンク品の定義はリユース品・リビルド品に比べさらに曖昧なようです。リビルド品と同じように取り外され、故障した部分のみ取り替えた(オーバーホールされていない)部品を指すこともあれば、自動車メーカーが故障時の交換品として用意している製品のことを指す場合もあります。取扱業者によってはリンク品=リビルド品の場合もあります。

繰り返しになりますが、業者によってこれらの呼び名や定義は異なります。購入は、状態を含めてしっかり確認してからにしましょう。

トラックの中古パーツはどこで買える?

本文上記で見てきたような中古のパーツは、どこで買うことができるのでしょうか?

店舗で購入

まずあげられるのは中古部品の販売専門店、整備工場、解体屋などです。
実際に手にとって見てみることができますし、取り付けまでを行ってくれたりするので安心です。中古パーツの購入が初めてなどで取り付けに慣れていない方は店舗で購入するのがいいでしょう。

インターネットで購入

インターネットでの購入には、パーツ専門のオンラインショップで購入する方法と、ヤフオク!などのインターネットオークションで購入する方法があります。
お店に行く時間がない場合でも様々な製品を一覧で参照できたり、マニアックなパーツが見つかったりする点が魅力です。

どんな中古パーツが買える?

取り扱われているパーツは、お店にもよりますが、ウィンドウガラス・ライト・ドア・ミラーなどの外装品から、シート・メーター・ステアリングといった内装品、エンジン・バッテリー・コンプレッサー・シャフトまで様々です。
まずインターネットでどのような製品があるのかを調べ、その後店舗で実際に手にとって見てみるなど、皆様が安心・納得できる購入方法を検討してみてください!

中古パーツの購入で気をつけたいこと

新品に比べて安価で、環境にも配慮できる点がメリットの中古パーツ。また、すでに販売終了しているものが見つかったり、純正品とは異なるカスタマイズができたりするのも楽しみといえます。では、購入時にはどのような点に注意すべきでしょうか。

まず、自分の車とそのパーツがあっているか。きちんと確認せずに見切り発車でパーツを購入してしまったものの、取り付けできなかったり、エンジンなどの場合、最悪車の故障を引き起こしたり可能性もあります。その結果、かえって高額になってしまったりすることも。また、車検に通らなくなってしまうこともあります。そうならないためにも事前にお持ちの車両の年式や型を確認しましょう。

さらに、先に挙げた自動車リサイクル法により、廃車の部品の、認可を受けた業者以外での取り出しは違法となっています(カーナビなどの付属品を除く)。くれぐれも、値段や物珍しさだけにつられて、信頼性の低いパーツ、品質の低いパーツを購入してしまわないように注意しましょう。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。