ドライバーや運送会社が知っておくと便利な情報

運送会社の保険と未加入の場合の責任とリスク

車を運転する人間ならば、誰も起こしたくないのが車の事故。ましてや、トラックのドライバーともなると日々長時間運転するため、事故に遭うリスクはどうしても高くなります。
ドライバー自身が安全運転を心がけているつもりでも、肉体的な疲労や、時間に追われた事による精神的な焦りから、不慮の事故を起こしてしまう可能性は残念ながらゼロにはなりません。一方で、トラックのドライバーが事故を起こしてしまった際、会社が保険に未加入だったためにドライバーが多額の負担をしなければならなかった、というニュースに不安になられた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

自動車事故に関する2つの保険

自動車事故に関する保険は2種類あります。自賠責保険と、任意保険とも呼ばれる自動車保険です。

義務とされる自賠責保険とは

自賠責保険は、車を購入した際に加入が義務付けられています。また、加入していないと車検も通りません。このため、強制保険とも呼ばれています。
補償の範囲は、被害者の怪我・死亡のみで、車両・モノに対する補償や自身の怪我・死亡は含まれません。補償の額は怪我が120万円まで、死亡が3,000万円までと定められており、これを上回ると自己負担となります。

自動車保険(任意保険)とは

「相手方の怪我が120万円までしか補償されないなんて不安だ」、「自分も怪我をすれば働けない期間が出てくるのでは…」、「ガードレールなどのモノや、自分の車が壊れてしまったら自腹なのか」。こういった部分をカバーするのが、任意で加入する自動車保険です。別途保険料の支払いは必要になりますが、ドライバーだけではなく車社会で生活する人すべてにとって自動車保険への加入は安心材料になると言えます。特約などの締結により、きめ細かに補償内容をカスタマイズすることもできます。

運送会社の自動車保険加入状況は?

自賠責保険は未加入だと違法となるため、問題になってくるのは自動車保険の加入状況です。以前、多くの運送会社は自動車保険に加入していないという実態が報じられたことがあります。

トラックなど、車両を多く保有する運送会社で、全ての車両に任意で保険をかけると、保険料も相当な額になります。中小の会社の場合、資金的な余裕がないケースもあります。任意の自動車保険に加入せず、資金を積み立てし、それを補償の原資とする自家保険の仕組みを有している会社もあります。

ドライバーに転職する人は就職先の加入状況確認を!

ドライバーの労働環境改善の傾向、また、業務受注時に、自動車保険の加入を確認するケースが増えていることなどから、今後加入を取り巻く状況は変わっていくことも考えられます。
まずは現在お勤めの会社、これからドライバーとしての就職を考えている方は面接を受ける会社の保険加入状況をしっかり確認しましょう。

万一未加入だった場合、自賠責保険でカバーされない部分の負担について、どのように整理されているかを確認することも重要です。
もちろん、「保険に入っているから大丈夫」と安心しきってしまうのではなく、普段から事故を起こさないよう、体調管理も含めて心がけることが大事です。ご自身の責任だけでなく、会社が安全運転に対し高い意識を持っているか、体制が整えられているかどうかという点も、会社を見極めるポイントの一つと言えるかもしれませんね。