ドライバーや運送会社が知っておくと便利な情報

ドライバーの健康管理と労務管理で運送会社が知っておくべきこと

長距離を運転している際に体調不良に襲われると、簡単に事故が起きてしまいかねないトラックドライバーですが、現在、そういった事故が起きないように企業で定期的な健康診断を行うことが義務となっています。実際に健康診断を受けたことがあるものの、どんな内容だったか復習したいという方も、まだ受けたことがないため確認しておきたいという方にも、わかりやすいように説明していきたいと思います。

また、トラックドライバーの置かれている労働環境や休憩の時間について、皆様が知りたいこと・いつからでも行える簡単に健康が維持できる方法をお教えしていきます。

ドライバーの労働環境について

トラックドライバーは、運転時間や休憩の時間など、さまざまな制約があります。今回は、その中の仕事時間・休憩時間についてをピックアップして皆さまにお伝えしたいと思います。

ドライバーの仕事時間の管理

仕事の時間は、一日16時間が最長とされ、基本的には13時間以内におさめなければなりません。また、15時間以上の勤務は週に二度までとされています。それ以外にも二日あたりで運転した時間の平均を9時間以内にしなければならないなど、細かに制定されています。

休憩時間

上記の通り、仕事時間はしっかりと定められています。ですが、休憩の時間も決められており、4時間ごとに30分以上休憩をとらなければなりません。また、休憩は10分以上であれば分けてとることも認められています。

ほかにも、さまざまな制約がありますが、通常業務の間で気をつけるべき事柄はこの2つでしょう。

ドライバーの労務管理について

トラックドライバーに限らず、ドライバーには厳しい労務管理がされています。そして、ドライバーを雇う企業には労働安全衛生法を守るために、定期的な健康診断などを合わせ、3種類の健康診断を行うことが義務付けられています。

3種類とは、《雇い入れ時》《定期的》《特定従事者》で、2つ目の定期健康診断は、半年に一度以上行わなければなりません。

そんなに多くの回数、何を調べるのかと思われる方もいらっしゃるでしょう。実際に受ける健康診断の項目は全て合わせて11つあり、基本的な身長などの検査や、血液検査・尿検査など、さまざまな項目が用意されています。しかし、受けることでガンや大きな病気の早期発見・重大事故の防止にもつながるため、日々強化されていく健康管理についての問題は、とても良いものになっているでしょう。

 

トラックドライバーでなくても、自分の健康を管理するということはとても大切なことです。睡眠の質や食事の栄養バランス、体の疲労が取れない・運動不足だ、など、他にもさまざまな問題を抱えているかたが多くいらっしゃると思います。ですが、体の健康こそ気持ち好く仕事をし、気持ち好く休み、また楽しく生活を送るために一番大事なことです。睡眠不足や病気による居眠り運転・脱水症状による事故等、大きな事故が近くに迫っている方も多いと思いますが、我が身に起きないようにしっかりと対策をし、たのしいトラックドライバーとしての時間を長く続けてください。

最初に登録するならドライバーアイランド

ドライバーアイランドは今最も勢いのあるドライバーとして働きたい方向けの求人サイトで、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

優良会社、大手企業から中小企業まで個人にあった会社をご提案

まずは無料で相談してみる