ドライバーや運送会社が知っておくと便利な情報

業務用トラックのレンタル・リースはあるの?料金はどのくらい?

私たちが数日間の旅行やドライブ、荷物の運搬などで一時的に車を借りる場合には、レンタカーを利用するのが一般的ですが、より長期間の貸借契約として、リースという種類の契約もあります。それでは、業務用トラックの場合はどうなのでしょうか?まとめてみました。

業務用トラックのレンタルやリースってあるの?

トラックもレンタル契約と同様にリース契約もある

ニッポンレンタカーやトヨタレンタカー、日産レンタカーなど、街中で多くの店舗を見かけるように、自動車には、数日単位でレンタルが可能なレンタル契約があります。一方で、希望する車種をリース会社が代行購入し、一定の期間に渡って貸し出しを受けるというリース契約もあります。リース契約は最短でも1ヶ月以上借りることが前提とされているために(過去は数年単位の長期期間が一般的だった)、主に法人にて行うことが多い契約です。そして一般的な自動車だけではなく業務用トラックについても、レンタル契約とリース契約の双方があります。

レンタル契約とリース契約の主な違い

車を借りるというのはレンタルもリースも同じですが、前述のとおり、レンタルは一時使用として、一方リースは計画的に長期間の契約が前提です。レンタルは在庫が無ければ希望車種を借りることはできませんし、料金は割高ですが、解約は容易で、割引を除けば価格設定は一律です。リースは大型、中型、小型に関わらず希望車種を予約できますし、オプション品や社名の掲載、塗装などもユーザーの希望に合わせられますが、双方の信用状況次第で料金設定が変動します。また、中途解約で違約金が発生する場合があります。

トラックの所有者はあくまでも借りている相手

レンタル契約はもちろんですが、カーリース契約も車の所有者はカーリース会社であり、車検証にもカーリース会社が記載されています。レンタル契約の場合、保険についてはオプションで料金を追加して加入することになっており、事故の際の免責が補償されます。一方、カーリースの場合は、自賠責保険だけ加入されていることがほとんどです。万が一、全損事故を起こした場合に、任意保険などに入っていなければ、リース契約が強制的に終了となり中途解約金発生する上、その車の最低額が減少することで、多くの支払いを求められることになります。

どんな種類のトラックや建機がレンタル・リースできるの?

ほとんどの種類のトラックがレンタル・リース可能

レンタル契約やリース契約ができるトラックの種類は多種多彩で、大型、中型、小型など一般的なトラックである平ボディタイプから、荷台に積んだ土砂などを下すことができるダンプ、箱型の荷物室が付いているバン、後ろではなくて再度が開くウイングバン、他にも冷凍車や冷蔵車などがあります。搭載量も1トンから4トンまでと、ほとんど全ての車種についてレンタルもリースも可能です。ただし、レンタルの場合はタイミング良く在庫が無ければ借りることできません。そのため、前もって店舗への予約や在庫の確認を促される場合もあるようです。

建機・重機も幅広くレンタル、リース共に可能

パワーショベルやクレーン、ブルドーザーなど、建設や土木の作業に用いられる機械のことを建機や重機と言いますが、これらの車種のレンタルやリースについても、トラックと同等にあります。また、フォークリフトや散水車、ローラー車やバキューム車など特殊な車両もレンタル、リース共に可能です。ただし、クレーンなどの建機のレンタルについては、店舗で在庫の確認などが必須になるため、基本的には予約で依頼することがほとんどです。

中型・大型トラックのレンタル料金はどれくらい?

トラックも乗用車のレンタルとほぼ変わらない

2トン車2人乗りの平ボディタイプのトラックが3時間7,000円~9,000円前後、1日で13,000円~15,000円前後、荷台の長いロングボディタイプのトラックが3時間9,000円~13,000円前後、1日で17,000円~19,000円前後、箱型の荷台が付いているバンタイプで3時間10,000円~15,000円前後、1日で20,000円~23,000円前後と、セダンやワゴンタイプの乗用車と大きく値段設定は変わりません。ただし、ゴールデンウィークや年末年始などの、いわゆるハイシーズンと言われる期間になると、値段が割高になるのもレンタルならではの価格設定です。

トラックは積載量やタイプによって値段の違いがある

トラックのレンタルに関しては、2トンよりも3トン、3トンよりも4トン、ショートよりもロングと、搭載量によって値段は割高になります。例えば、トヨタレンタリースにおいて、車種ダイナでは、2トン車で1日13,000円前後、2トンロング車で1日17,000円前後、3トン車で1日17,000円前後、3トンロング車で1日24,000円前後、車種レンジャーの4トン車で1日30,000円前後となります。また、同じ2トンでも箱型の荷台が付いていれば1日17,000円前後、箱型の荷台が付いた2トンロング車の場合、24,000円前後、3トンで27,000円と割高です。

時間単位で長く借りればそれだけ割安になる

トラックのレンタルも、長い時間借りることで割安になりますが、月額になるとむしろ割高といえます。例えば、先に挙げたトヨタのダイナで、2トン車で1日13,000円前後ですが、以降1日毎9,000円前後となっていますので、1ヶ月レンタルすれば、270,000円程度になります。同じく2トンロング車は1日17,000円前後ですが、以降1日毎12,000円前後ですので、1ヶ月で365,000円程度となります。車種レンジャーの4トン車で1日30,000円前後ですが、以降1日毎20,000円前後ですので、1ヶ月で610,000円程度となります。

中型・大型トラックのリース料はどれくらい?

長期間契約が主であるだけに割安

リース契約の場合は長期間契約が主です。その分、1ヶ月のリース料金は割安に抑えることができます。前述のダイナの2トン車では、1年間契約で1ヶ月60,000円~、5年間契約で1ヶ月50,000円~など、レンタル契約で1ヶ月借りるよりもかなり割安ですし、長く借りるほど割安になっていきます。いすゞの平ボディタイプのトラックであるキャンターの場合、5年払いで約50,000円~ですが、7年払いのプランだと約40,000円~となり、長期契約になるほど月額が安くなるのは、車を購入した場合のローン契約に似ています。ただし、途中で契約を破棄すると、違約金が発生するという部分で、ローン契約とは違いがあります。

レンタル契約同様に搭載量やタイプによって値段が違う

リース契約の場合、レンタルとは違って様々な種類の車種を選ぶことができますが、もちろん、車種によってその値段は大きく異なります。例えばいすゞのトラックであるエルフのバンとウィングタイプは5年契約で67,000円~、7年契約で55,000円~ですが、冷凍車タイプになると5年契約で124,000円~、7年契約で100,000円~となります。また、ダンプタイプでは、5年で52,000円~、7年契約で42,000円~となっています。もちろん、リースの場合にはオプションもつけることはできるので、ナビやETCカードリーダーなどを付属した場合には、さらに月額は上乗せされます。

 

業務用トラックにも、レンタル契約やリース契約があり、短時間の利用であればレンタル契約、数年単位の長期間の利用であればリース契約がお得です。また、車種はレンタル契約なら店舗の在庫次第、リース契約はローン契約と同じように、好きな車種を選ぶことができ、オプションや塗装なども自由ですが、所有者は車を借りる側にあることが、購入とは大きく違う点です。

最初に登録するならドライバーアイランド

ドライバーアイランドは今最も勢いのあるドライバーとして働きたい方向けの求人サイトで、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

優良会社、大手企業から中小企業まで個人にあった会社をご提案

まずは無料で相談してみる