ドライバーの仕事探し・応募・転職のコツ

ドライバーやトラック運転手の採用面接マニュアルと合格のポイント

どんな仕事に就くにも、面接は避けて通れない必須のものですが、ドライバーの職業も例外ではありません。運転免許さえあれば誰でもはじめられる職業だから、面接も運転免許があることを話せば大丈夫では?なんて簡単だと思われる人もいると思いますが、決してそんなことはありません。企業にとって一緒に働く人というのは、どんな時も最重要なものですし、運転手とひとくくりにいっても、接客する場面が多いタクシードライバーや、宅配系のドライバーであれば人柄なども見られます。今回は、そんなドライバーの採用面接で必要な準備を3つにまとめました。

ドライバー(運転手)の仕事の面接準備ポイント

会社の面接会場の下調べ

直前になって道がわからず時間に遅れたということが決してないように、マップ上での場所、行き方のチェック。万が一のときのための電話番号は必ず控えていきましょう。

大切な採用面接です。企業の担当者も忙しい中時間を割いて、面接時間を設定しています。基本的には10~15分前までに到着するようにしましょう。特にドライバーとして採用されたいのであれば、時間に正確であることは大変重要視されます。万が一に備えて、入念な確認をしておきましょう。

チェックポイントとしては、公共交通機関を使用する場合は、どの電車やバスに乗るか、時間は余裕があるか、乗り換えや降りる駅。車で向かう場合は、駐車場、交通渋滞が普段あるのかどうか。などです。また、ビルに到着しても、大きなビルだと入り口にたどり着けないということもよく起こります。逆に小さいビルだと、見つからないということも。こちらは、事前に採用担当者に問い合わせをするのもありです。

もし余裕があれば、一度事前に行ってみてくるというのが安心ですね。

面接に必要な持ち物の確認

面接に行く際に必要な持ち物はたいてい、面接の日程連絡を取り合う中で、志望企業側から連絡があるのが通常です。その指示したがって前日にはすべて持ち物準備をしておきましょう。

ただ、最近は、仲介の紹介会社が入ったり、採用担当者が忙しくて連絡が密にできないということもあるのでその時のためにもここに記載しておきます。

まずは履歴書・職務経歴書は必須。次に運転免許証と印鑑。また条件などをメモすることもあるので、筆記用具はどんな場合でも必ず持参しましょう。

また、持ち物がすくないため鞄を用意せずにポケットなどに必要なものを入れて面接会場に行く方がいますが、絶対にやめましょう。あなた自身、営業マンが手ぶらで自宅に来たら不振だと思いますよね?面接時は、できるだけ一般常識は抑えるのがベターです。

最後に大事な採用面接の場面で、忘れ物がないようにチェックリストをつくっておきました。

  • 履歴書・職務経歴書
  • 印鑑
  • 筆記用具
  • 運転免許証
  • ハンカチ・ティッシュ
  • 求人票などの採用内容がわかるもののコピー
  • 会社までの道すじがわかる地図

平常心で面接に臨むためには必ず必要なものですので、お忘れなく

ドライバー(運転手)の採用面接で合格するためのマニュアル

トラックドライバーの面接でよく聞かれるポイントをイメトレ

面接で聞かれることというのは、志望動機・自己PRの質問以外は割とパターン化されています。その中でも特にドライバー面接で聞かれることは下記になります。イメージトレーニングしていきましょう。

「免許を取得したのはいつで、普段どのくらい運転しているか」

「今まで、違反や事故を起こしてしまったことはあるか」

「わが社で運転するのはこの車種だが、似たような車種は運転したことがあるか」

「何か特殊な運転免許は持っているか。または興味はあるか」

などです。答えられるようにしておきましょう。

自分のことを聞かれているのに、緊張するとなかなか出てこないこともあります。しっかり準備しておきましょう。

面接時に採用担当者に質問したいことを準備

面接時には、たいてい、もしご縁があった場合、「あなたに取り組んでほしいお仕事の説明」があるはずです。求人誌や求人サイトに載っていた内容をそのまま話されるだけの場合もありますので、より仕事のイメージをもってお仕事初日に臨めるように、より細かな質問も必ず準備しておきましょう。

「給与体系、勤務体系で不明点があるか」

「職場環境、例えば何人くらい同じ仕事をしている人がいるか。お昼休憩はどのような取り方か」

「残業はあるのか、ないのか、ある場合は月何時間くらいか」

「最初はだれが自分に指導をしてくれるのか」

などが一般的に最初に聞くべき事項になりますので、双方ご縁があった場合をイメージして、質問を準備しておきましょう。

ドライバー(運転手)の仕事の面接にいくときの服装

ドライバーの採用面接時には、どのような服装で行くのが良いのでしょうか?普段のドライバーの服装は作業着なことが多く、何を着て行っていいのか迷いますよね?採用面接に行く際の一般常識・マナーとともに、ドライバーの採用面接の際には、何が正解なのかをまとめてみました。

持ち物や行き方が完璧でも、当日何を着ていくんだっけ?あれ?靴はどれをはくんだっけ?と行く直前にばたばたするのは、大切な採用面接に向かううえで動揺してしまいます。前日に、着ていくもの一式、靴まで問題がないかチェックをしておきましょう。また髪型・髭・爪などの身だしなみ、全身見られていると思って臨みましょう。清潔感を意識して準備を進めてくださいね

大手の会社や一般企業の採用面接時のマナーと服装

男性の場合の一般的な面接時のスタイルをまずは抑えましょう。

面接時のスーツのマナー

基本は、スーツスタイルで色は黒・ネイビー・ダークグレーなどの色味を抑えたもので、無地なものが一般的と言えるでしょう。合わせるワイシャツも白無地が基本です。またもちろんですがしわくちゃは厳しいです。アイロン掛けがされたものを着用します。いずれにせよ、オーソドックスなチョイスが無難と考えられています。

面接時のネクタイのマナー

ネクタイに関しては、スーツの色に合わせたオーソドックスなもの、ネクタイの柄もシンプルなチェックや無地のものが良いです。ベルトは革製。靴下は必ずくるぶしたけのものではなくスーツ用の黒色、紺の無地。靴に関してもレザーのビジネスシューズ。色も無難のものをチョイスしましょう。

面接時のカバンのマナー

また、鞄は必ず持ってください。A4サイズの書類が入るビジネス用カバンが一般的とされています。

ドライバー採用面接のマナーと服装

では、普段スーツを着ることがない職業であるドライバー面接時の服装はどうするのがよいでしょうか?

基本的には、先に述べたような、一般的な企業の採用面接時の服装で行くのがベストだと考えられます。

たいていの企業は、一般常識をもっている人の採用をしたいと考えていますので、一般的な採用面接時に求められる服装を抑えていくのが重要だからです。

だたし、近年は、例えば、ITエンジニアの企業の場合、Tシャツ・ジーンズなど、逆に普段の服装を見たい。などという企業も増えてきたため、逆に悩みが深くなってきているといえるかもしれません。

例えば、夏場はネクタイが必要かどうか?など、採用担当者に事前に聞くことが可能な場合は、聞いてみてもよいでしょう。「わが社はネクタイを、誰もつけていないのでいらないですよ」などと回答してくれる場合もあります。

いずれにせよ、普段着はもってのほかです。スーツの着方のアレンジに慣れていない場合も、定番の服装で面接に臨みましょう

採用面接ではコートや帽子や半ズボン・半袖はNG

どんなに服装が問題なくも、採用面接時の他のマナーが欠如していれば、せっかくの服装も何の意味もなくなってしまいます。

特に冬場は、コートや帽子、マスクをどの時点で外すのか。ということを間違えると、この人は一般常識がないと思われることがあります。

基本的には、企業の入り口で、コートや帽子、マスクは取り、左脇にまとめて抱えるようにしましょう。寒いからと言って、部屋の中まで入って、着て待っていることは論外になります。知らない人が意外に多いので要注意です。

また夏場は、半そでのシャツを着てくることも昨今は許容範囲とされていますが、できるだけ長そでにしておきましょう。時々、シャツの袖をまくっている人がいますが、そういったことは絶対にしないようにしましょう。

最後に、面接の前に鏡で身だしなみチェック

採用面接とは、人生において重要な仕事が決まるか決まらないかの大一番といえるでしょう。

採用面接に出かける際は、必ず鏡で全身をチェックしましょう。靴下が片方まがっていないか。シャツの裾はちゃんとズボンに入っているかなどはもちろんのこと。

髪型とヒゲもチェックしましょう

髪型に寝癖がついていないか。ひげが汚くはえていないか。口臭は大事か?スーツにかびなどの汚れはないか。など、ひとつひとつ丁寧にチェックしてから出かけましょう!大切な大一番です。見た目で「この人は採用できない」と思われないように、最終チェックを忘れずに。

面接前の緊張をほぐすためのリラックス

最後のポイントは、緊張しすぎずリラックスすることです。せっかく志望動機や自己PR、企業の研究をして採用面接に臨んでも、緊張のあまりなにも話せなくなってしまっては、もったいないですよね?

前日までに、面接時のイメージトレーニングを何度かしたら、あとはリラックスして、良いイメージをもって面悦に臨みましょう!

ドライバー(運転手)の仕事の面接でのNG事項

面接とは、この後長い付き合いをお互いできるかどうかを企業側、求職側の双方が確認するとても大事な場です。以下のことは絶対に面接時にはNGですので覚えておきましょう

・面接の時間に遅れる(ドライバーにはたいてい正確な時間が求められます。面接に遅れるのはもってのほかと思われます)

・面接の服装が普段着(ドライバーだからスーツでなくてもよいかもしれません。しかしTシャツなどはもってのほかです。基本的にはスーツ。準備できない場合は、襟付きのシャツにスラックスを用意しましょう)

・面接で、敬語を使わない(常識がないと思われます)

そのほかにも、立って挨拶ができない。最初に自分のフルネームが名乗れない。などもかなり非常識にとられますので、必ず面接の最初は立って、フルネームを言い、お辞儀をして、採用担当者におかけくださいと言ってもらうまで着席は待ちましょう。