ドライバー年収一覧のバナー_横長
みんなの転職経験談_横バナー
ゴミ収集(パッカー車)・産業廃棄物・バキュームカー

バキュームカー運転手(汲み取り屋)はどんな仕事?仕事内容や免許がまるわかり!

Contents

バキュームカーとは

バキュームカーの機能

バキュームカーはし尿や汚泥など固形物と液体が混ざったものを吸引するための車両です。運転席の後部には大きなタンクがついており、付属のホースを利用して汲み取りを行います。浄化槽内に溜まったし尿をはじめとする廃棄物を汲み取ってタンク内に回収し、これを処分場まで運搬して排出するのがバキュームカーの主な機能です。

昔のバキュームカーの役割

昔は汲み取り式トイレが主流でした。汲み取り式トイレとはボットン便所の愛称でも親しまれているもので、し尿をタンクに溜めておくタイプのものです。タンク内のし尿を定期的に除去するため、バキュームカーによる汲み取りが頻繁に行われていました。

しかし、下水道の普及に伴い、多くの家庭や企業が汲み取り式トイレから水洗式トイレにリフォームしました。水洗式トイレは使用後の下水を下水道または浄化槽に直接排出するため、タンクにし尿を溜めておく必要がありません。水洗式トイレが増えたことで、バキュームカーの役割は徐々に失われていきました。

現在のバキュームカーの役割

現在は水洗式トイレが普及しており、汲み取り式トイレのタンクから直接し尿を汲み取る機会はほとんどありません。ただし、浄化槽の利用地域では現在でもバキュームカーが活躍しています。これは、浄化槽内に蓄積したし尿などの固形物を定期的に除去してきれいにする必要があるためです。

また、工事現場やイベント会場などに設置される簡易式水洗トイレも下水道と接続されておらず、し尿が蓄積されていきます。これらの汲み取りもバキュームカーの大切な役割です。

バキュームカー運転手(汲み取り屋)の主な仕事内容

バキュームカーを運転する

バキュームカー運転手(汲み取り屋)の主な仕事内容として、まずバキュームカーの運転があげられます。バキュームカーの作業場所は一般住宅やビル、工事現場などであり、各地の現場まで毎回バキュームカーを運ばなくてはなりません。また、回収した廃棄物を処分施設まで運搬することも必要です。

車両のサイズはさまざまですが、中型免許が必要な2t、3tサイズのものがメインとなっています。一般の車両よりもサイズが大きいため、運転には注意が必要です。

産業廃棄物を処理する

バキュームカー運転手(汲み取り屋)は工場や建設現場などから排出される汚泥や廃油を回収するのも仕事の1つです。そのほか、畜産業で排出される動物の糞尿を回収することもあります。これらは液体と固形物が混ざった形状をしているため、バキュームカーで吸引することで効率的に廃棄処分できます。

産業廃棄物はその内容によって処理施設や処分方法が異なるため、現場の種類に応じて適切に作業や対応を行う必要があります。

浄化槽の保守点検と清掃をする

浄化槽は定期的に保守点検および清掃をすることが法律で義務付けられており、汲み取りを実施する会社は、多くの場合これらの業務までトータルで請け負っています。そのため、保守点検や清掃もバキュームカー運転手(汲み取り屋)にとって欠かせない仕事です。

保守点検の作業内容は、本体の破損や異臭、異音、害虫の発生などのチェック、水の浄化がきちんとできているかのチェックなどです。また、保守点検と合わせて配管やブロアー、マンホールなどの掃除を行います。

汲み取り作業を行う

バキュームカーの主な役割は浄化槽の汲み取り作業を行うことです。

浄化槽にはトイレの排水などが流れ込んでいます。汚水は微生物のはたらきなどによって浄化されきれいになりますが、水と一緒に流れ込む固形物は浄化槽内に溜まっていくため定期的に除去する必要があります。放っておくと、異臭が発生したり汚水の浄化機能が低下するなどの問題が発生する原因となります。

バキュームカー運転手(汲み取り屋)の仕事内容としては、車両についているホースで浄化槽内のし尿を吸引し回収することがあげられます。

バキュームカー運転手(汲み取り屋)の仕事は大変なの?

臭いがきつい

バキュームカーは浄化槽に溜まったし尿を汲み取るのが主な役割です。そのため、汲み取りや清掃の作業中はどうしてもし尿の臭いからは逃れられません。

現在はバキュームカーに脱臭機が取り付けられるようになり。車両そのものが臭いということはなくなりました。しかし、バキュームカー運転手(汲み取り屋)が汲み取りや清掃の仕事を行う以上、臭いの問題はつきものです。嗅覚が敏感な人や臭いで気分が悪くなりやすい人にとっては特にきつい仕事だと言えるでしょう。

肉体労働も楽ではない

バキュームカー運転手(汲み取り屋)の仕事には肉体労働の一面もあります。汲み取り作業の際には重いホースを操作する必要があるほか、地中に埋められている浄化槽の清掃や点検を行うためには重さ40kgもある鉄のマンホールを開け閉めしなければなりません。この仕事は高齢になっても比較的続けやすいとはいえ、ある程度の体力が必要とされる、決して楽ではない仕事です。力仕事をきついと感じる人には向かないでしょう。

悪天候でも仕事をしなくてはいけない

浄化槽は基本的に屋外に設置されています。そのため、汲み取り作業や点検、清掃といった業務はすべて屋外で行われます。晴れている日は良いですが、雨が降ればカッパを着て仕事をしなければなりません。雨の中での作業はどうしても動きづらく、作業効率は落ちてしまいます。また、夏の暑さや冬の寒さを我慢しながら作業するのもきついものがあります。

運転手という単語からは車内で快適に過ごせそうなイメージを持ちやすいですが、バキュームカー運転手(汲み取り屋)は運転よりも屋外での作業が中心となることは覚えておいた方が良いでしょう。

バキュームカー運転手(汲み取り屋)の仕事は楽だとよく言われる

基本的には清潔に仕事ができる

バキュームカーに対して汚い、臭いというイメージを持つ人は多いです。バキュームカー運転手(汲み取り屋)は常に身体からし尿の臭いがするという話を聞いたことがある人もいるでしょう。

しかしそれは過去の話であり、現在はそのようなことはありません。昔はバキュームカー自体が臭いを放っていましたが、現在は消臭器が設置されているため車両は無臭です。それに、よほどのミスをしないかぎり作業者がし尿まみれになることもないでしょう。時々作業着にし尿が付着することもあるとは言え、基本的には清潔に仕事をすることが可能です。イメージよりも衛生的に働けるのはこの仕事の楽なところだと言えます。

重い荷物の持ち運びは少ない

バキュームカー運転手(汲み取り屋)が重い荷物を持ち運ぶことは多くありません。取り扱いに体力が必要とされるのはバキュームカーのホースとマンホールの蓋くらいのものです。

運送業のドライバーであれば毎日重い荷物を持ち運んで腰を痛めてしまう人も少なくありませんが、バキュームカー運転手(汲み取り屋)であれば身体を壊す心配はそれほど必要ないでしょう。ドライバーの仕事の中でも比較的楽な部類に入る仕事だと言えます。

残業が少なく勤務時間が短め

バキュームカーが汲み取ったし尿や汚泥は専用の処分施設に運ばれ処理されます。処分施設の営業時間には限りがあるため、バキュームカー運転手(汲み取り屋)は時間内に持ち込めるようスケジュールを管理する必要があります。

このような事情から、バキュームカー運転手(汲み取り屋)が施設の受け入れ時間を過ぎてまで作業することは基本的にありません。その結果、残業は少なく勤務時間は短めとなります。夜はしっかり休息を取ることができ、プライベートとも両立しやすいのはこの仕事の楽なところです。

休暇もしっかりとれる

バキュームカー運転手(汲み取り屋)の仕事は1年を通じて同じように必要とされるものであり、繁忙期や閑散期はありません。そのためバキュームカー運転手(汲み取り屋)は比較的休みが取りやすい仕事と言えます。また、休日はし尿や汚泥の処分施設が営業していないため、汲み取りの依頼に対応できないのも大きな理由です。

一般的に、ドライバーは休みを取りづらい職種とされています。その中にあって、バキュームカー運転手(汲み取り屋)は休暇をしっかりとれる楽な仕事だといえるでしょう。

学歴は関係ない

バキュームカー運転手(汲み取り屋)の仕事は学歴不問のところがほとんどです。中卒や高卒であっても気にせず受け入れてもらえるのは嬉しいポイントです。また、この仕事は学歴よりも経験がものを言うため、入社後に学歴のせいで不当な扱いをされる可能性も低いでしょう。学歴と関係なく努力が報われやすいのはこの仕事の楽なところだと言えます。

就職志望者が少なく仕事に就きやすい

バキュームカー運転手(汲み取り屋)の仕事に対してはきつい、汚いというイメージを持つ人が多く、積極的にこの仕事に就きたいと考える人は少ないです。実際には衛生的に仕事をすることが可能であり、待遇も決して悪くないとは言え、そこまで調べた上で判断する人はほとんどいません。そのため求人が出されても応募は少なく、結果として競争率が低く就職が決まりやすいというメリットがあります。

現在離職中の人など、特に急いで仕事を見つけたい人にとっては、楽に内定を得られるチャンスです。

人間関係の煩わしさはほとんどないので楽

バキュームカー運転手(汲み取り屋)は基本的に1人で作業を行います。上司や同僚と会うのは朝と夕方、作業前後のわずかな時間に過ぎません。1日中顔を突き合わせることはごくまれにしかないため、人間関係のトラブルに発展する可能性はほとんどないと言って良いでしょう。煩わしい人間関係に悩まされることなく目の前の仕事に集中していれば良いのは、この仕事の楽なところです。

バキュームカー運転手(汲み取り屋)の仕事の魅力

給料が比較的高い

バキュームカー運転手(汲み取り屋)の仕事に対してはきつい、汚いというイメージを持つ人が多いです。その分、給料が比較的高いのはこの仕事の大きな魅力です。初任給でも18~25万円程度支給され、40代の年収は400~720万円程度にもなります。

この仕事は確かにきつい一面もありますが、慣れてしまえば労働環境としては悪くないことが多いです。残業が少なくさらに給料も比較的高いとなれば、就職先の選択肢としては十分魅力的だと言えるでしょう。

安定した収入を得られる

バキュームカー運転手(汲み取り屋)は、自治体や自治体から業務を委託されている会社で雇用されて働く場合が多いです。そのため仕事がなくなる心配は少なく、将来的にも安定した収入を得られることが期待できます。大手企業ですら倒産することが珍しくない現代、安定収入が約束されているのは大きな魅力と言えます。

やりがいがある

バキュームカー運転手(汲み取り屋)の仕事は社会にとってなくてはならないものです。この仕事をする人がいなくなってしまえば、浄化槽は利用できなくなり多くの人の生活や企業活動が成り立たなくなります。世の中に必要とされる仕事に従事することは大きなやりがいとなるでしょう。

また、この仕事は顧客と接する機会も多いです。顧客から直接「ありがとう」の言葉をもらえることに魅力を感じる人は少なくありません。人に感謝される仕事であることを実感し、気持ちよく仕事に取り組むことが出来るはずです。

バキュームカー運転手(汲み取り屋)の仕事に必要な免許/資格

運転免許

バキュームカー運転手(汲み取り屋)がバキュームカーを運転するためには車両の大きさに応じた運転免許が必要です。中には大型免許がなければ運転できない車両を使っている会社もありますが、多くの場合、中型免許があれば運転が可能です。

そのため、バキュームカー運転手(汲み取り屋)の求人は応募資格として中型免許を持っていることが求められます。トラック運転手が取得することの多い免許ですが、それ以外で持っている人は少ないでしょう。この仕事に就きたいが免許を持っていないという場合は、まず免許を取得する必要があります。

中型免許を取得するための条件としては、20歳以上であることや、準中型、普通、大型特殊免許のいずれかの免許を取得して2年以上経過していることなどがあげられます。また、受験の際には視覚検査に合格する必要があります。

浄化槽管理士の資格

バキュームカー運転手(汲み取り屋)は汲み取り作業だけでなく浄化槽の清掃・管理業務を請け負うのが一般的です。浄化槽は定期的な清掃と保守点検が義務付けられており、浄化槽の管理を行うためには浄化槽管理士の資格が必要です。

浄化槽管理士の資格を取得するためには、年1回の試験に合格するか、13日間にわたる講習を受講して最終日の考査に合格するかのどちらかが必要です。試験は合格率約20%と難易度が高く、一方で講習は約80%が合格できることから、多くの人は講習によって取得しています。なお受験や講座受講にあたって実務経験などは必要なく、誰でも取得することが可能です。

バキュームカー運転手(汲み取り屋)の仕事に向いている人

運転が好きな人

バキュームカー運転手(汲み取り屋)は毎日バキュームカーを運転します。作業現場へ行くのにも、汲み取ったし尿や汚泥を処分施設へ持ち込むのにも運転は欠かせません。運転が好きな人であれば、楽しみながら毎日の仕事に取り組むことが出来るでしょう。

また、バキュームカーは特殊用途自動車に分類される車です。このような特殊な乗り物を日常的に乗り回せるのも魅力の1つです。

安定した仕事がしたい人

浄化槽は地域の住民が日常生活を送るためになくてはならないものであり、流行や景気による需要の増減はほとんどありません。そのためバキュームカー運転手(汲み取り屋)の仕事量は一定であり、将来的にも安定収入が期待できます。安定した仕事がしたい人にとって、バキュームカー運転手(汲み取り屋)の仕事はぴったりだと言えます。

責任感のある人

浄化槽の汲み取りや保守点検、清掃の作業はいくらでも手抜きが可能です。バキュームカー運転手(汲み取り屋)は基本的に1人で行動するため、上司によるチェックはありません。また、手抜きをしてもほとんどの顧客には気づかれないでしょう。

しかし、いいかげんな仕事はいずれ浄化槽のトラブルを引き起こし、顧客や会社からの信頼を失うことにつながります。1人きりでも責任感を持って取り組める人に適した仕事です。

バキュームカー運転手(汲み取り屋)なら知っておきたい豆知識

バキュームカーが物体を吸引する仕組み

バキュームカーは圧力差を利用してホースから物体を吸引し、タンク内に溜めこむことができる車両です。タンクには真空ポンプがついており、これを利用することでタンク内の圧力を下げます。この状態でバルブを開くと、タンクから伸びたホースの先端部分との間に圧力差が生じます。ホース先端部分の圧力はタンク内よりも大きいため、まるで水が高いところから低いところへ流れるように、圧力が高いところから低いところへ空気や水が流れていきます。つまり、ホースを浄化槽の中に浸しておけば、浄化槽内の水や固形物が自動的に吸い取られてタンク内に溜まっていくのです。これは、バルブを閉めて圧力差による吸引を遮断するか、タンク内とホース先端部分との圧力が等しくなるまで続きます。

バキュームカーの構造

バキュームカーはいくつかの部品から成り立っています。

1つは汲み取ったし尿や汚泥を溜めておくためのタンクです。運転席の後部に大きなタンクが設置されているのはバキュームカーの大きな特徴です。

また、バキュームカーに不可欠な部品として真空ポンプがあげられます。真空ポンプはタンク内を減圧し、圧力差によってし尿などを吸引できるようにするためのものです。これとは逆に、処理施設で内容物を排出する際には加圧することでスムーズな排出が可能となります。

タンクには2種類のホースがついています。1つはし尿などを汲み取るための吸引ホースで、直径約50mm、長さ約20mのものが2本あります。バキュームカーの駐車場所と浄化槽の設置場所とが離れている作業現場も多いことから、幅広い現場に対応できるよう長めに用意されています。もう1つはタンクの内容物を排出するための排出ホースです。こちらは直径約65mm、長さ約4mと、吸引ホースよりも太く短いです。

そのほか、現在利用されているバキュームカーには脱臭機がついています。タンク内に吸入された空気が排出される部分に取り付けられており、し尿などの悪臭が周囲に広がるのを抑える役割があります。

バキュームダンバー車との違い

バキュームカーと近い車両としてバキュームダンパー車があります。どちらも運転席後部の大きなタンクが特徴で、外見はよく似ています。しかし、これらには大きな違いがあります。

一番の違いは吸引力です。バキュームダンパー車はバキュームカーよりも高い吸引力を備えており、地下深くの下水を掃除したときに出る廃液や建設現場で出る廃材など、バキュームカーでは吸い込むのが難しいものを吸い込むために利用されます。ポンプの動力が独立しているバキュームカーとは異なり、バキュームダンパー車はポンプを作動させるために車の動力を利用することも珍しくありません。

また、バキュームダンパー車はタンク内容物を排出する際に、タンクの運転席に近い部分を持ち上げて斜めに傾けることができます。排出ホースを利用するバキュームカーと比較して、流れにくい内容物を効率よく排出することができます。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー