ドライバーの仕事探し・応募・転職のコツ

トラックドライバーの仕事に転職するメリット

転職を考えた時、選択肢の1つとしてトラックドライバーを思い浮かべたことはありませんか?給料は良さそうだけど、労働時間が長そう、業務がキツそう、メリットよりもデメリット割合が多いイメージのトラックドライバー。長距離の移動・夜間の移動・休日の移動・重い荷物の乗せおろし、渋滞を我慢する忍耐強さなど、ちらっと考えただけでもハードワークが想像できますね。

しかしながら、ドライバー職には多くのメリットもあります!今回はドライバー職のメリットとデメリットをまとめてみました。これからドライバー職への転職を考えている方必見です。

トラックドライバーの仕事をするメリット

普通免許以外の免許や資格は絶対必要ではない

単刀直入に言うと特別な資格は必要ありません。必要最低限の普通免許があればドライバー業界に応募出来ます。むしろ、無資格でも採用になるという事例もあるほどです。それほど人手不足だという事ですね。会社の方では仕事がコンスタントに入ってきているのですが、働き手が足りないという、業務の飽和状態に陥っているのです。ですからまず、無資格でも求人募集に応募してくれたら、面接など対応してくれます。やる気が見られるなら、無資格でも採用するのです。この人なら続けてくれるはず!と思ったら、入社してから必要な資格を取得してもらう方法をとるのです。普通免許、大型免許、フォークリフトなど会社の補助制度の免許取得費用補助を使い資格を取得してもらいます。

稼げるようになるための免許や資格が取りやすい

トラックドライバーのお仕事だけではありませんが、キャリアアップ、すなわち給与のアップを狙うためには、自分から進んで行動していくことが重要です。今持っている免許だけではなく、例えば大型免許を取得して、ドライバーとしての経験を多く積む。危険物取扱者試験を受け、資格を取得すると、運ぶ荷物の幅が広がり、キャリアアップしていけるでしょう。また運行管理者資格というのもあり、管理者側で求められる資格があるため、ドライバーの経験をある程度積んだ段階で取得しておくと、リーダー・管理職となることが可能です。

運転しているだけで、キャリアアップは見込めないと考えられがちなドライバーのお仕事ですが、上記の点をおさえていけば、キャリアアップは十分に可能なお仕事といえるでしょう。

人手不足で仕事の求人が多いので転職しやすい

運送業、配送業などドライバーが必要な業種では、辞めずに長く働いてもらいたいと願っています。その為にはどうすればいいのか。それは、働く為に良い条件を提案する事です。辞めたら損する、この職場が1番良いなと思わせる事が大事です。するとどうでしょう、今度は働き手が更にいい条件を探し始めるのです。どんどん良い条件の職場を求めて移動するのもいい手段だと思います。

手に職がついて運転の技術がアップする

当然のことながら、日々日々運転するのがお仕事のドライバー職。運転しているとかなり困難な場面に遭遇しますよね。細い道でのすれ違い、狭い場所への駐車、など。ドライバー職でなければ停められないような場所も制覇できるドライビングテクニックは、誰にでも自慢できる特技となること間違いなしです。また特に大きなトラックやバスの運転手であれば、4輪車運転の技術が日々日々高まっていきます。安全運転も習慣化されるため、いいことばかりですね。

ネット通販の盛り上がりを考えると、ドライバーの職種がなくなるということはおおよそ現段階では考えられません。また、大変な仕事ということもあり、常に人手不足でもあります。ドライバーの経験があれば、お仕事が見つからない、食べていけるだけの給料を稼げないということはほぼ100%ないといってもよいでしょう。これはドライバー職の最大のメリットではないでしょうか。

長く仕事が続けられる環境が整っている

体が資本の仕事、ドライバー。何年も何十年も続けていけるのでしょうか。ひと昔前ならごく一部の人だけが続ける事が出来たでしょう。仕事中ほとんどの時間は運転、荷物の上げ下ろしなど体に負担の掛かる業務内容です。続けていくと何かしら体に支障が出てくるのは間違いありません。しかしどうでしょう、最近のドライバーは70歳でもバンバン働いてますし、会社員定年の65歳の方なんてたくさん働いています。それは、働く環境が向上したり、トラックの性能が向上している事が大きく関係しています。荷物の上げ下ろしもやり易くなっていますし、運転席も長時間座る事を前提に快適に仕事が出来るように改良されています。最近は年齢や体の事をそれほど気にせずに働ける環境が整って来ているので、長期間働く事が出来るでしょう。

トラックドライバーの仕事は、過酷な一面があることは確かです。しかしながら、ドライバーの仕事は安全第一というのは言うまでもありません。過酷すぎる環境で、疲れた体では安全運転は不可能ですので、ほとんどの会社がドライバーが長く活躍できるような労働条件を整えてくれるでしょう。そういう意味であ、長期的に働いていく環境があるといえます。

ドライバーの仕事に限ったことではありませんが、周囲のドライバーと協力し合ったり、新たな免許取得に挑戦したり、より良い運送ルートを考えて会社に提案したりなど、日々の業務の中で努力を積み重ねていくことでキャリアアップとお仕事の継続が叶うでしょう。日々の努力と健康管理を怠なければ長期的に働き続けられる仕事です。

配送の仕事で運転しながらいろんなところに行ける

地域密着型のタクシードライバーや、宅配ドライバーであれば、その地域に精通することができますね。例えば自分が生まれ育った地域でも知らないところはたくさんあるので、どんどんいろんな道を通れるのは毎日新鮮なのではないでしょうか?また、いろんなランチスポットやお食事処をめぐることも可能です。毎日のランチをいろんな場所で楽しめるというのは、ほかの職種では決してあじわえないメリットといえるでしょう。

また長距離のトラックドライバーであれば、道の駅をはじめとして、近場の温泉や、旅館などもお仕事の合間にめぐることが可能です。日本全国を巡る機会があるドライバーという仕事でしか得られないメリットですね!

地理や道に尋常じゃないくらい詳しくなれる!

当然のことではありますが、ドライバー職というのは常に運転をしています。そのため、地理にとっても詳しくなることができます。タクシードライバーであれば、近道・細道・地元の人しか知らない抜け道など、乗車客に教えてもらうこともあるため、どんどんと担当地域に関して詳しくなります。また宅配ドライバーであれば、駐車できる道、ごみ収集車がいる道など、地域情報の細かい点などにも精通します

トラックドライバーの仕事をするデメリット

ここまでメリットを沢山述べてきましたが、もちろんデメリットもあります。

ひとつめは、高齢になればなるほど、体力的にしんどい職業ということです。長時間座りっぱなし、かなり重い荷物を載せ降ろしなど、腰や膝などを痛めるとかなり毎日しんどくなってしまうという一面はあります。とはいえ、昔に比べれば社内で快適に過ごせるグッズであったり、ドライバー職を卒業して、管理者になるという道も考えられるので、体力に自信がないひとは身体を大切にしながら、ステップアップを会社に相談していきましょう。

ふたつめは、長時間労働の可能性です。一般的なサラリーマンのお仕事と違い、渋滞に巻き込まれたり、長距離の移動があったりすると、1日8時間で区切りがよくならない可能性があります。しかしながら、無理な長時間の運転は事故のもとということは会社も承知していますので、劣悪すぎる環境がある会社は現代においてはほとんどないといってもよいでしょう。

いずれにせよ、ドライバー職のデメリットは体力的にきつい場面があるということが考えられますね。

ドライバーの仕事はAIやロボットに取られるのか?

テクノロジーの進化により、いままで人が行っていた仕事がどんどんとAIにとられていくという情報を耳にしたことがある人が多いのではないでしょうか?トラックドライバーの仕事は、将来なくなってしまうことはあるのでしょうか?

代替されると考えられているのは、ドローンでの荷物の運搬です。また、自動運転技術の発展により、運転は将来必要とされなくなる。と一部では言われています。ただし、ちょっとでもコンピューターがバグると大惨事が予想されており、一般的な移動のための運転意外の分野、すなわち荷物の運搬の業界で、自動運転が取り入れられるのはまだまだ先だと予想されています。ただし、ドライブテクニック自体はどんどん簡易的になっていく可能性はありますので、先に述べたようなキャリアアップを視野にいれて仕事に取り組むことが将来的には大切になってくるでしょう。

すべてを比べてみて本当にオススメ出来る職業なのか

これまで色々と情報を開示してきましたが、どうでしょうか。いかに運送業、ドライバー業が働きやすい環境に置かれているのか。興味が湧いてしょうがないのではないでしょうか。要はやる気さえあり、一歩踏み出す勇気さえあれば、サラリーマンより稼ぐ事ができ、充実した福利厚生の恩恵も受けられ、定年以上まで長く勤める事が可能なのです。AIによる自動運転が開発されていますが、まだまだ実用的ではありません。先日も残念なニュースで自動運転死亡事故がありました。やはり人の手は必要ですね。求められることは素晴らしいですね。もう選ばない理由が見当たらないです。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。