みんなの転職経験談_横バナー

LINEで転職の気軽な相談はコチラから

ドライバーの転職サイト1
ドライバーの仕事探し・応募・転職のコツ

ドライバーに転職したり請負で個人事業主になるときの人気の仕事・職種は?

ドライバーに興味をお持ちの方はトラックが好き、乗用車が好き、バスが好き、そして何より運転が好きという方が大勢いると思います。ドライバーのお仕事は、大きく分けると、誰を(何を)運ぶか、どうやって運ぶか、どんな雇用形態で運ぶか、で色々と異なってくるので整理してみましょう。

Contents

まず持っている免許の種類で選べるドライバーの仕事や職種が変わります

一種免許(普通・中型・大型など)を持っている場合のドライバーが選べる職種

普通運転免許をお持ちでしたら、配送ドライバー、トラックドライバー、宅配ドライバーなどが有ります。中型、大型はそれに準じてサイズの大きい車に乗れる、又は乗って仕事が出来るという事になります。

二種免許(普通・中型・大型など)を持っている場合のドライバーが選べる職種

普通運転免許よりハードルが高いのがお客様を乗せるお仕事をするのに絶対必要な資格である第二種運転免許です。それぞれ中型、大型が有ります。この免許を取得していれば、タクシー、ハイヤー、バスを運転する業務に付くことが出来ます。タクシー、路線バス、観光バス、配送ドライバー、トラックなどの職種は人気が有りますので、仕事を募集している会社も多く雇用条件、研修制度などが充実していますので入社後の待遇の良し悪しを充分検討してご自分に適した会社を選択されると良いでしょう。

運転代行や送迎ドライバーも2種免許が必須

ドライバーの職種として、他に運転代行や送迎ドライバーなどが有ります。運転代行ドライバーはお客さまを乗せて運転しますので、勿論第二種運転免許が必要になります。

送迎ドライバーには幼稚園や小学校等のいわゆるスクールバスドライバーが有りますが勿論第二種運転免許が必要になるのは当然です。送迎には決まった店舗や商店などと契約して、車持込みで少人数の送迎をするドライバーの仕事も有ります。

 

ドライバーのお仕事で大事な事は、まず物を運ぶか、人を乗せるかで必要となる資格や免許が大きく違って来るという事を良く認識しておかなければなりません。人を乗せる仕事を選択するのでしたら、第二種運転免許が必要になりますので、免許取得への準備をしっかり進めて行きましょう。

雇用されないで請負で個人事業主としてドライバー業を開業する方法もあります

最近急速に広がってまいりました新形態の業種をご紹介しましょう。業務の進行は全てインターネットを介して行われます、仕事の依頼を請負う個人事業者と言う立場で働きます。

軽貨物の宅配だけでなくレンタカーの回送も人気の請負職種に

従来より一般的な個人事業主は赤帽などのラストワンマイルの宅配などの軽貨物配送でしたが、昨今ではレンタカーの回送業でも広がってきています。

具体的な仕事の流れはまず、インターネット上で仕事の依頼を【個人事業者】として請負います。

回収先の店舗情報を入手し、指定回収先まで電車やバスを使って移動します。回収車両を受け取って、高速道路は使用せずのんびり運転して指定納入先を目指します。指定納入先に納車して業務終了です。精算業務等は全てインターネットを介して行われますので、面倒な書類書きなどはほとんど有りません。ご自分のペースで自由に仕事が出来ますので、運転好き、旅行好きな方には向いているお仕事のやり方ではないでしょうか。

請負で個人事業主をするメリットとデメリット

請負形態の特徴は請負う側が個人事業者となる事です。個人事業者ですから請負うのも断るのも自由です。

もう一つの特徴は個人事業者ですから事故等の不測の事態が生じた場合、ほとんど全ての責任を負う事態も充分有り得ます。今後請負ドライバーがますます広まって行くと予想されますがこの辺の責任回避の為の保険制度等が整備される事を期待したいです。

今後インターネットを利用して個人事業者として運転の仕事を請負う形態の仕事は今後どんどん発展して、様々な形に変化して行くと予想されます。

煩わしい人との接触が少なく手続きなども簡略化されて一見便利な感じがしますが、個人事業者として請負う仕事ですから当然ですが何かトラブルが発生した際にはすべて自分で責任を持って対処して行かなければならない事態が多いと思います。

良い事も多いですが、トラブル時には大きな責任が掛かって来る事をしっかりと認識してお仕事選びの参考にしていただきますよう、お願いします。

つらい?儲かる?楽?ドライバーの人気職種や業種タイプを仕事内容ふくめてご紹介!

ドライバーの仕事は実際どんな仕事なのでしょうか?一般的には運転している時間は一人で気楽そうな感じだとか、長距離で色々な土地や街を眺めながら走るのはとても楽しそうだとか、そういったイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。実際に現役でお仕事をされていらっしゃる方々に伺うと、確かに一般の事務職などと比べると上司の顔色を伺ったりする事も無く、運転している時は好きな音楽を聞きながら運転しても文句を言う人は誰も居ませんので精神的にはかなり気楽に出来ると言うご意見が多いです。ドライバーと一口にいっても、物を運ぶのと人を乗せるのでは免許や資格に大きな違いが有ります。運営会社がどのような業種なのかによってドライバーの仕事も様々な職種が有ります。全てをご説明するのは難しいので代表的な職種とちょっと珍しい職種をいくつかご紹介します。

ドライバーの職種・業種って具体的に何のこと?

業種は運送業とか砂利採取業とか会社が運営している仕事の種類の事をいいます。

職種は各人が受け持っている仕事の種類の事をいいます。

運送業といいますと荷物と人も含まれますので、バスや飛行機も広い意味で運送業に入ります。ここではもう少し絞ってドライバーとして身近な仕事にはどんな物が有るか具体的に見て行きましょう。

もっと稼ぎたい!効率重視で歩合でどんどん給料を増やしたいなら配送業の宅配ドライバー

配送業とは手数料を受け取って荷物を運ぶ仕事です。

貨物自動車での配送、商店、コンビニや個人宅などへの宅配、一定のルートを回るルート配送などが主な業種になります。お家やコンビニなどに荷物を届ける配送車の姿は皆さんが街で良く見掛ける光景ですね。

キツイけど儲かる宅配ドライバー

宅配ドライバーは担当地区の企業や個人宅一軒毎に荷物をお届けする業務です。お歳暮やお中元の時期などは沢山の荷物を配達するので歩合給も増えて高収入を見込めます。

勿論荷物が多いぶん体力的に少々キツイので覚悟をしておく必要が有ります。

配送の中でもやや安定するルート配送の運転手

季節にあまり影響を受けないのがルート配送の仕事です、ある一定のルートに定期的に荷物を配達します、残業もほとんど有りませんので安定感を求める方やご自分の時間やご家族との時間を多く持ちたい方に向いているでしょう。

給料も安定も欲しいなら空港のグランドハンドリング

他にも皆さんが普段あまり目にする事が無いですが、安定していて給料が比較的良いドライバーのお仕事が有ります。

それは空港内で航空機に色々な物を運んで支援するグランドハンドリングと言うお仕事です。一流航空会社の航空機の支援ですからやりがい感を考えるとなかなか良いのではないでしょうか。

給料の安定を求めるなら寝台車、霊柩車のドライバー

安定を求めるのでしたら寝台車、霊柩車のドライバーという仕事が有ります。

ご遺体は法的には物として扱われるため、基本的には普通運転免許を所持していれば業務につけます。

入社時にオーダーメイドの制服を作ってくれたりして待遇面を充実させている会社も増えています。

安定して成長しているのが、この寝台車、霊柩車のドライバー職の業種です。

大型トラック、トレーラーなどと特殊車両のドライバーのお仕事

大型トラックやトレーラー、建築用特殊車両などは普通免許とはまた別の免許が必要です。大型車は大型運転免許、特殊車両は特殊車両運転免許がそれぞれ必要です。

免許のハードルがあったり、運転のコツなどはありますが、特殊な免許や経験を持っている人は少なかったり、昨今ではドライバーの高齢化で人材不足にもなっているのでチャンスな職種とも言えます。

運転技術を習得するには教習所で講習を受けるのが早道です。こちらも運営会社の様々な支援と研修制度が有りますので直接問い合わせて詳しい内容を聞いて見る事をおすすめします。

意外と楽?生コンクリートミキサーのドライバー

その他大型免許をお持ちでしたら生コンクリートミキサー車ドライバーがオススメです。

生コンクリートは工場で作られてから2時間から5時間で硬化してきます、作ってから90分以内に現場で使用しなくてはいけいルールになっています。

ですので基本的には現場まで30分から40分の距離を3回から5回往復する仕事が生コンクリートドライバーの仕事です。

生コンクリートの積込みや流し込み等の作業は現場の担当者が機械を使用して行いますのでドライバーはレバー操作をするぐらいです。

車庫に帰ってからミキサー車の清掃をして業務終了です。

建設現場は基本的に夜間作業をしませんので、当然生コンクリートドライバーも残業などはほとんど有りませんので実は労働環境としてなかなか良いという事はあまりご存知無い方が多い職種です。

人と接するのがOKなら二種免許を取得して旅客運送業でのドライバーのお仕事も

前述の通りタクシー、ハイヤー、路線バスや観光バスのドライバーは特別な免許を取得しなくてはなりません。お客さまを安全にお乗せするのですから、安全運行の技術、道路交通法の知識等をしっかり身に付けた人に交付される第二種運転免許が必要です。3年以上の普通免許所持歴が有れば受験出来ます。

モノを運ぶのではなくヒトを運ぶため、より接客サービス的な要素も強くなってきますが、そうしたコミュニケーションが好きな方には向いています。

旅客運送運営会社では人材育成に力を入れていますので、免許取得に様々な支援制度と研修制度を設けて皆さんの受け入れ体制を整えてくれている会社が多いので興味の有る方は各運営会社のホームページなどをご覧になって下さい。

ドライバーに転職しようと求人募集に応募したり、ドライバー業を開業する前に

ドライバーのお仕事には様々な業種に併せて沢山の種類が有ります。

個人事業主になってドライバー場をスタートするもよし、従来通りのドライバーと会社という雇用関係のお仕事を探すもよし。

転職する際は、求人募集も沢山有りますので、雇用条件特に入社後の研修制度等をしっかり確認して、ご自分により適した会社をじっくり選択するようにして下さい。

荷物だけでは無く人を乗せる場合には第二種運転免許が必要ですし、大型車には大型運転免許、特殊車両には特殊車両運転免許の取得が絶対条件になります。また、ガソリンや石油など危険な物を運ぶ時には危険物取扱者という国家資格も必要になります。

ご自分で興味の有る職種と車の大きさ、そして荷物を扱うのか人を乗せるのかと言う具体的に条件を絞り込んでご自分に適した職種のお仕事を見つけて下さい。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー