タクシードライバーのリアルな仕事内容

タクシードライバーの採用時の健康診断と健康管理が超重要な理由

タクシードライバーは車両と自分の身体が大事な商売道具です。ですので、ドライバーの健康診断は重要視されています。例えば、お客様を乗せて走行するタクシードライバーが、走行中に体調を崩してしまったら第三者を巻き込んでしまい、命の危険が伴う大変な結果となってしまいます。健康状態はドライバーの生命線とも言えます。

ドライバーの健康診断には、一体どのような項目があるのかをみていきましょう。またタクシードライバーであれば注意しなければならない病気なども解説していきたいと思います。

健康状態で採否まで左右されてしまう?

タクシードライバーの採否には、必ず健康診断の結果が関与します。なぜなら、接客業に加えて、長時間の運転や不規則な勤務など、健康な身体あっての業務だからです。逆に言えば、健康状態に全く問題がなければ、採用の確率がぐんと高くなるのです。

体調不良の運転で、もし大きな事故を起こしてしまったら、悲しい結末になりますし、多方面に被害も出ます。事故に巻き込んでしまったお客様の関係者だけではなく、雇用先のタクシー会社も信用を問われ、今後の経営にダメージを受けるでしょう。このような結果を避けるために健康管理をしっかり行うことが重要となります。

タクシードライバーが受けなければならない健康診断の検査は?

タクシードライバーひ必要な健康診断の項目は、おもに身長、体重、視力、聴力、血圧検査、貧血検査、胸部X線検査、喀痰検査、肝臓機能の検査、心電図、尿検査、血中脂質検査、血糖検査などです。

健康診断をサポートしてくれるかどうかは、各雇用先のタクシー会社によって変わってくると思いますので、担当者に確認をするようにしましょう。

タクシードライバーが注意すべき病気は睡眠時無呼吸症候群(SAS)

タクシードライバーとして、最も注意すべき病気は、「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」です。度々ニュースとなっていて取り上げられていますので、耳にしたことがあるかたも多いと思いますが、日中に急に睡魔に襲われる病気のことです。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の原因は

原因は、いびきなどによって睡眠中に呼吸がとまり、良質な睡眠がとれないことです。この病気は自分では気づかない点が怖いところです。家族に確認をしてもらったり、眠気を多く感じたら、即病院で検査を受けることをおすすめします。

治療を受ければ治る病気ですので、事故を起こす可能性を考えたら心配することはありません。また、車に乗ったままのタクシードライバーは運動不足になりがちです。 休みの日や空き時間には運動をこまめに取り入れるようにしましょう。気分転換にもなって一石二鳥です。

健康診断でNGが出てしまったら

このようなお話しをすると、もしなにか健康診断で不調が出たら、ドライバーとして働けないのではないか、と心配なさる方もいると思います。現在の医学では多くの病気には治療法がありますし、早期発見であれば就労可能だと思います。

 

タクシードライバーはお客様の命を預かる仕事です。健康診断を受けて、できるだけベストな状態を備えておくことが望ましいですが、不調を隠して、リスクを抱えながら業務を行うことが一番ドライバーにとってのリスクとなります。不調のサインを感じたら、病院の医師に相談するようにしましょう。

最初に登録するならドライバーアイランド

ドライバーアイランドは今最も勢いのあるドライバーとして働きたい方向けの求人サイトで、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

優良会社、大手企業から中小企業まで個人にあった会社をご提案

まずは無料で相談してみる