タクシードライバーのリアルな仕事内容

タクシーがLPG(LPガス)をガソリン替わりの燃料に使うのはなぜ?

普段、街中を走っているタクシーは多いですが、ガソリンスタンドでタクシーを見かける事は殆どないと思います。よくよく考えたら不思議ですよね?実はタクシーは一般車と違い、LPガスというガスで走るシステムが組み込まれおり、法人営業のタクシーのおよそ9割がLPガスで走っています。LPガスは、専用のLPガススタンドで補充しますので、我々が一般生活で見かける事は無いのです。今回はタクシーがLPガスを使うメリットとタクシーが使うその他の燃料についてまとめています。

自動車の燃料の種類とタクシーの燃料

自動車の燃料:ガソリン

現在の一般車の燃料はガソリンが主流です。ガソリンは2種類に分かれ、レギュラーとハイオクがあります。スポーツカーなどの高出力なエンジンはハイオクを入れる事が多いです。我々が普段給油する際のほとんどがこのガソリンでしょう。

自動車の燃料:軽油(ディーゼル)

次に、軽油があります。軽油はディーゼルとも呼ばれ、主にトラックやマイクロバスなどがディーゼルエンジンを搭載しています。ディーゼルエンジンは、普通のガソリンエンジンと比べると燃費が良く、リッター当たりの値段が安いというメリットがあります。

しかし、振動が大きく、小型化も難しいため、一般的には普及していません。最近は製造技術の改善で、マツダ車や欧州車などクリーンディーゼルと呼ばれるディーゼルエンジンを搭載した一般車も徐々に増えてきました。

自動車の燃料:LPガス

LPガスは、一般家庭でも給湯器等に使われているボンベに入っているガスの事です。

ガソリンと比べると価格が安く、排気ガスもガソリン車より綺麗と言われています。さらにエンジンに負担がかかりにくく、毎日長時間走るタクシーには最適とされています。

ガソリン車やハイブリッド車を使うタクシーもある

タクシー業界では個人タクシーが主にガソリン車を使っています。タクシー業界にとってガソリン車を使う最大のメリットは、選べる車種の幅が大幅に増える点が挙げられます。個人タクシーの場合、自分の好きな車種で仕事に就けるため自然とガソリン車を選択することになるでしょう。法人タクシーでもVIP送迎用に高級車を用意しているところは多数あります。

また最近ではガソリンと電気のハイブリット車の普及も進んでおり、個人、法人ともにハイブリット車を導入しているタクシー会社は増えてきています。

タクシー以外がLP ガスを使わない理由(デメリット)

LPガスは一見メリットばかりに見えますが実はデメリットも多く、燃費に関してはリッターあたり1桁キロ程度と、大型車を除く現在の大半の一般車に劣ります。

さらにエンジンの馬力が少なかったり、燃料補給をする場所が限られてしまっているためです。LPガスを入れるボンベを定期的に交換しなければなりません。

LPガス車はガソリン車よりもタクシーにぴったり

このようにLPガス車は一般車として普及させるのは少し無理がありますが、タクシーとしてみると、燃費は燃料のコストの安さで相殺され、馬力が少ないことはドライバーがあまり飛ばさない事に繋がります。

これから普及していくタクシーは、LPガスと電気のハイブリットを搭載したタクシーが増えていきます。ハイブリットを導入すると、客待ち時のアイドリングの燃料消費が大幅に削減され、環境性能もさらに改善されるため、タクシー会社にとって大きなメリットにます。

ジャパンタクシーはLPガスと電気のハイブリット車

LPガスと電気のハイブリット車はトヨタが作っており、ジャパンタクシーという新しいタクシーが普及しだしてきました。街中でも徐々に見かける機会が増えてきましたね。

 

タクシー業界を目指している人は燃料に関する知識や、今後のタクシー業界の動向等についても勉強しておくといいかもしれませんね。

最初に登録するならドライバーアイランド

ドライバーアイランドは今最も勢いのあるドライバーとして働きたい方向けの求人サイトで、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

優良会社、大手企業から中小企業まで個人にあった会社をご提案

まずは無料で相談してみる