タクシードライバーのリアルな仕事内容

タクシーの運転手になるには?タクシードライバーの採用の流れ

身近な職業として思われがちなタクシードライバーですが、平均的な勤続年数も高く、中年から始める人も多い職業です。実際にドライバーとして働くには、何が必要で、どんなことを学んで、どんな条件があり、そしてそれらはどこで学べるのかご存知でしょうか?

タクシードライバーと一口に言っても、会社やドライバーによって、勤務体系や給与体系が違います。意外とご知られていない「どうやったらタクシードライバーになれるの?」か、タクシードライバーになるために必要な免許等や、気になる体系の違いなど、軽く解説していきます。

まずは免許証、タクシードライバーに必要な資格は二種免許

真っ先に気になるのは、やはり運転免許証ですね。ご存知の通り、車の免許証にも色々と種類があります。タクシーのように旅客の運送する仕事の場合は、いわゆる一般の運転免許証では就業することができません。旅客業務で車を運転するには、”普通自動車第二種免許”を取得する必要があるのです。

第二種免許とは、お客様を乗せて賃金を得る仕事に必要な免許です。この免許がないと、タクシーやバスなどの、人を乗せて運賃をいただく仕事には就けません。回送や無料送迎、トラックなど、荷物の運送や賃金が発生しないものは第一種で十分です。

俗に二種免許と呼ばれるこの免許証は、もちろん個人で自動車学校に通うことでも取得することはできます。

ですが、まだ二種免許を持っていないあなたがタクシードライバーになりたいとお考えなのであれば、自動車学校に通うより先にタクシー会社の求人にエントリーし、採用されることが一番の近道と言えそうです。

というのも、採用となれば、仕事をする上での必要な資格として二種免許取得の費用を会社が負担してくれるケースも、最近では珍しくないからです。

タクシー会社に応募前に資格取得していなくても、各会社によっては、資格取得するためのサポート体制をとっているところもありますので、資格がなくても応募はすることが出来ます。

(事前に持っていた方が採用されやすいというケースもあるかもしれませんので、そこは自己責任でお願いします。)

 

なお、二種免許は普通免許を持っていて、日常的に運転出来ていれば、取得するのはそう難しくはない資格です。

そして、一部エリアでは地理試験に合格することが必須条件になっているところもあります。東京や大阪の都市部では、交通量が多く道路も複雑なため、地理を把握しているというスキル証明になるのです。日々の業務を円滑に行うためにもこの地理試験は受けていたほうが安心という面もあります。そして、この試験もそれほど難解なものではありません。

入社後に、こういった試験サポートを受けられる会社が多いので、この資格が問題となることはないと言えます。これらがタクシードライバーになるための条件ですが、その他に特別なキャリアやスキルの必要がありませんので、全くの未経験からでも就労することが出来ます。その地域の地理に明るくない、と不安になる方もいますが、心配ご無用です。ほとんどの会社でカーナビを使用しています。いざというときはカーナビがある、と思えば、安心して就労することが出来ると思います。

タクシーの運転手で採用されるために必ず通る面接

というわけで前後しますが、先ずあなたがすべきことは、タクシー会社の求人へのエントリーと言うことになりそうです。

採用試験に関しては会社ごとに色々あると思いますが、一般的には、必要書類(履歴書・職務経歴書等)の提出~面接という流れでしょう。面接という基本的な対面試験で、あなたのタクシードライバーとしての資質を確認されます。例えば、

 ・時間にルーズでないか

 ・身だしなみはきちんとしているか

 ・指定した服装、持参物は漏れていないか

 ・会社にあった人物であるか

など、会社の顔となりお客様に一番近いところでサービスを提供する人物として相応しいか、会社があなたを見るための面接です。特別なことをしたり言う必要はないでしょうが、求められている人材になれるかをしっかりアピールする必要があります。募集要項をよく読み、余裕があればその会社がどのような会社であるかを下調べしておくのもよいでしょう。

タクシーの運転手になるときの健康診断・確認

面接の日程に合わせて、健康に関する確認もヒアリングなり何らかのチェックが行われるタクシー会社が少なくありません。場合によっては、きちんとした健康診断の受診も指示され、その結果の提出も必要書類に含まれる場合があります。

やはりお客様を乗せて運転するというお仕事ですので、運転中の健康トラブルを起こす可能性を確認するのは、大切なポイントであることは言うまでもありません。健康不安が事故に直結するわけではありませんが、無事に採用されてからも健康こそお客様の安全に直結するものとして、体調管理も心掛けていきましょう。

タクシードライバーとして採用された後は地理試験が必要

めでたく採用となった暁には、通知の内容に基づいて出社し、人事担当者からの指示に従って必要な手続きを遅滞なく実施することになります。二種免許未取得の方は、採用日までに確実な取得をしなくてはいけません。会社で取得をサポートしてくれる場合は、提携自動車学校での合宿形式の場合もあります。スケジュールをしっかり確認して、一発合格を目指しましょう!

そして、同様に必ずパスする必要があるのが地理や道の知識を問われる難関の地理試験です。東京・神奈川などの首都圏タクシーセンターで実施されるこの試験は、40問のマークシート形式で行われます。各社で試験対策の研修が行われるのが一般的になっています。正答率80%で合格といわれる難関ですので、こちらもしっかりと取り組んでくださいね。

最後はタクシー車両の運転・車両・営業ノウハウの研修

二種免許も取得、地理試験にも無事合格したあなたを最後に待つのは、タクシー車両に関する研修となります。

乗客として乗っていても分かるとおり、ドアの開閉であったり、料金メーターの操作であったり、タクシー車両には普通の車両とは異なる設備や機能が多数ありますよね。それらの使い方に関する研修や、会社独自の割引サービスもこの時学ぶことになります。最近だと、会社によってはアプリを使った予約や呼び出しなどの内容も、研修に含まれるのかもしれません。

これら機能面や販促のルールの他、しっかり抑えておきたいのは成果を上げやすい道路や時間帯といった、営業ノウハウ。タクシードライバーとして会社に貢献するためには、実はここが一番大切なポイントとも言えそうです。

最終的には教育担当者を乗せて実際に車を走らせることになります。独り立ちしてしまってからでは中々聞けないと思いますので、疑問点や不安なところはこの際にしっかり聞いておさらいしておきましょう。

 

必要な資格、知識、突破すべき研修も無事にやり遂げたあなたは、いよいよ一人で公道を走ります。さぁ、タクシードライバーデビューですよ!

最初に登録するならドライバーアイランド

ドライバーアイランドは今最も勢いのあるドライバーとして働きたい方向けの求人サイトで、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

優良会社、大手企業から中小企業まで個人にあった会社をご提案

まずは無料で相談してみる