ドライバー年収一覧のバナー_横長
みんなの転職経験談_横バナー
ルート配送・配達

給食の配送ドライバーの仕事(仕事内容/給料/免許/大変・つらい点)がまるわかり

給食の配送ドライバーの仕事内容

給食の配送ドライバーの仕事内容は、給食センターから地域の学校に向けて給食を配送するものです。

配送以外にも積み下ろしの作業などがあります。荷物は各学校の数百人分の給食なので非常に重くなっており、パワーゲートやカートなどを使用しますが、ある程度体力が必要な作業となっています。そして午前中に配送を終えた後は、もう一度各学校を回って使用済みの食器や牛乳瓶などの回収作業を行います。

仕事で使用する車両の大きさは2トントラックや3トントラックで、長距離の配達はなく、市内の学校を回るだけなので1日の走行距離は50キロほどと少なくなっています。

基本的には配送業務と積み下ろし業務がメインですが、会社によっては調理補助をすることもあります。

給食配送の1日の仕事の流れ

給食配送の1日の仕事の流れは次のようになります。

  1. 出社:出社してからはまず、アルコールチェックや健康状態の確認をします。問題がなければ給食センターへ積み込みに行きます。
  2. 積み込み:給食センターで担当エリアの給食と食器の積み込み作業を行います。数百人分の給食を積み込むので体力が必要な作業となります。
  3. 配送積み込みが終われば出発となり、午前中に各学校へ配達をしていきます。件数は限られていますが時間に遅れないよう気を付けなければいけません。
  4. 休憩:配達後は午後の仕事に向けて休憩を取ります。
  5. 回収:再び学校を回り、食器や牛乳瓶などの回収をしていきます。回収後は給食センターで積み下ろし作業を行います。
  6. 帰社:積み下ろしが終われば会社に戻り報告業務や車両の清掃を行いその日の仕事は終了となります。

給食の配送ドライバーの仕事のつらいところ

荷物が重い

給食配達の仕事は配送以外にも荷物の積み込み作業があります。この荷物には給食のご飯やおかず、他にも食器などがありますが、どれも数百人単位の量があるため、とても重くなっています。配送用トラックにはパワーゲートがついていたり、運搬にはカートを使用することもありますが、それでも全てがまかなえるわけではありません。

ですので、求職配送の仕事でもある程度は重いものを持てるだけの体力が必要となります。

時間厳守で責任が重い

給食配達の仕事は午前中に給食を届け終えなければならず、時間は必ず守らなければいけません。仮に時間に遅れてしまうようなことがあれば、数百人規模の子供たちに迷惑をかけてしまうことになるので非常に責任が重いです。個人宅配よりも一度のミスが及ぼす影響が大きいため、常に時間との勝負となります。

時間にルーズな人や時間に追われることが苦手な人にとってはつらい仕事と言えます。

毎日同じ仕事を繰り返す

給食配達の仕事は毎日同じ場所に給食を届けるルート配送なので、慣れてしまえば単調になり、人によっては飽きてしまったりつまらなく感じてしまうこともあります。

あれこれ考えずに仕事をしたい人にとっては向いていると思いますが、仕事に対して日々変化ややりがいを求めている人にとっては刺激が少なくつらく感じるかと思います。

新たなスキルが身につかない

給食配達の仕事は配送と積み下ろしがメインであるため、特別な資格や経験がなくても始めることができます。言い換えれば誰でもできる仕事でもあるため、何年たってもスキルが身につくことがありません。

ドライバーとしての経験値は増えたとしても異業種への転職を考えた時などアピールできる武器が少ないため、将来のステップアップという点では役に立たないこともあります。

給食の配送ドライバーの仕事の良いところ

学校が休みの日は仕事がない

給食配達は学校と休日が同じなので、土日はもちろんのこと、夏休みなどの長期休暇期間も休みとなります。子供がいる人にとっては一緒に過ごす時間が増えるといったメリットがあります。

反対にもっと仕事がしたいという人もいると思いますが、会社によっては学校の長期休暇のあいだは自社の別配送を用意してくれているところもあります

業務内容はあまり難しくない

給食配達の仕事のメインは配送と積み込みの2つです。配送ルートや積み込み手順など最初は苦労することもありますが、どちらも業務内容自体は単純なので覚えるのにさほど時間を要しません。

また、一度仕事を覚えてしまえばルーティーン化できてしまうので未経験から始めてもすぐに戦力として活躍ができます。

運転スキル以外はあまり要求されない

給食配達は毎日同じ場所を回るルート配送なので、仕事内容も単純です。ですので、必要とされるのは最低限の運転スキルであり、それ以外のものはあまり要求されません。

例えば、コミュニケーション能力などは基本的な挨拶ができる程度で問題なく、学歴についても不問としている会社は多くあり、運転免許があれば就職ができます。

再配達の手間やストレスがない

給食配達は宅配サービスと違い不在による再配達の手間がありません。配達先が学校であるため、不在ということはまずありえないので、給食の時間までに届け終えることにさえ気をつけていれば問題ありません。

不在のために同じ所へ何度も行き来するのはものすごくストレスになりますが、給食配達の仕事はそうしたストレスを抱えることなく働くことができます。

やりがいがある

給食配達は毎日同じことの繰り返しで、誰にでもできる単調な仕事です。ですが、子どもたちの待つ学校へ時間通りに給食を届けるというのは非常に責任感のある仕事でもあります。

重い荷物の積み下ろしなど大変なこともありますが、しっかり配送スケジュールを組んでスムーズに給食を届けることができた時など達成感を感じることができ、やりがいも感じることができる仕事です。

給食の配送ドライバーの給料・年収

給食配送の仕事は正社員の場合、月給16万円から24万円という場合が多く、プラスして交通費やその他の手当がつきます。

学校の長期休暇があるため日給月給制を採用している会社もあり、1日あたり1万円程度が相場となっています。長期休暇のある月は出勤日数が10日ほどになるため、給料が10万円程になることがあります。

賞与は年2回の会社が多く、年収は約300万円ほどです。

アルバイトやパートの給食配送ドライバーの場合、時給900円から1400円の間で求人募集がされています。

給食の配送の仕事の労働時間・残業

給食配達の仕事は朝の7時または8時ごろから始まり、17時ごろには終わります。

労働時間は8時間ほどで、ドライバーのなかでは短い部類に入ります。午前中は積み込みや配送でバタバタしますが、午後からは比較的ゆっくりなるため残業はほとんどありません。理由として、給食配達は宅配便と違って配達件数が少ないことや再配達がないことが挙げられます。

給食の配送ドライバーの休暇

給食配送ドライバーの休日は学校のスケジュールと同じなので、基本的に土日祝日が休みとなります。また、長期休暇も学校に合わせているため、夏休みなどかなり長い期間が休みとなります。

プライベート重視の人であれば、こうした休みを利用して旅行の計画も立てやすく、趣味の時間も増えたりと非常に働きやすい環境かと思います。

給食配送の仕事に必要な免許・資格

給食配達の仕事は2トントラックや3トントラックで配送するので、準中型や中型免許を持っている人は優遇されやすいです。平成19年6月以前に普通免許を取得した人であればこれらの免許は必要ありません。

自己負担で免許を取得する場合、普通自動車免許を持っていれば準中型自動車免許が約15万円、中型自動車免許だと約20万円ほどがかかります。

資格取得支援をしている会社もあるので、その場合は普通免許しか持っていなくても募集をすることができます。免許取得の費用は個人で負担するには高額なので、持っていない場合はこうした求人を探して応募するのがおすすめです。

給食配送の仕事に向いている人

責任感のある人

給食配達は時間までに子供たちのもとへ配送しなければならず、非常に責任のある仕事です。

そのため、時間管理が大切で、到着時間を逆算して行動しなければならず、こうしたことができる人はこの仕事に向いていますし、やりがいも感じることができます。

反対に時間にルーズ時間に追われるのが苦手な人にはあまりおすすめできない仕事です。

子どもが好きな人

給食の配送は地味な仕事ですが、この仕事のおかげで子どもたちは毎日おいしい給食を食べることができます。子どもたちから直接感謝の言葉をもらうことはありませんが、自分の仕事が子どもたちの成長に繋がっていると思えるとモチベーションも上がります。

給食配達の仕事は子どもが好きでこうした考え方ができる人に向いている仕事だと言えます。

体力に自信がある人

給食配達は配送以外にも重い荷物の積み下ろしなど体を動かす業務も多いため、体力が必要となります。ですので、運動が好きで日頃から体を動かしていたり、学生時代にスポーツに打ち込んでいたなど体力に自信がある人に向いています。

反対に、運動が苦手で体力に自信がない人には負担が大きく、仕事がつらく感じてしまうこともあります。

給食配送の仕事まとめ

給食配達ドライバーはルート配送で単純な仕事内容ですが、子どもたちに給食を届ける責任感のある仕事です。

荷物の積み下ろしなど体力が必要でつらい作業もありますが、基本的には一人で過ごす時間が多いため一人でストレスなく働きたいという人にとっては良い仕事なのでおすすめかと思います。

給料は低いですが、残業も少なく休日も学校と同じなので、夏休みの長期休暇の期間には趣味の時間そ満喫できたりと、お金よりもプライベートを充実させたいという人にとってはおすすめで、興味があれば一度検討してみるのもいいかと思います。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー