自動車・トラックの整備点検と故障・トラブル原因と修理

事業用自動車・トラックの日常点検:タイヤの点検

タイヤの点検や測定、充填はタイヤが熱を持っていない状態で行います。走行の直後など、タイヤが熱い状態で点検や測定を実施すると、正確な点検結果が得られなかったり、破損の原因になったりします。日常点検で点検するのは装備済みのタイヤです。スペアタイヤの点検は、必要があれば装備済みのものと同様の点検を実施します。

タイヤの空気圧の点検

目視により、タイヤがどの程度たわんでいるかを確認したり、タイヤゲージ使用により空気圧が適正かを確認します。

不適切な空気圧により生じる問題は、乗り心地や運転の快適性が悪くなるだけではありません。タイヤの異常な摩耗の原因になり、それは事故を招きますし、交換時期が早く来てしまい不経済でもあります。

空気圧が低すぎる場合は接地面が広くなるため、走行する際にバランスがとりづらくなり、燃費の悪化や偏摩耗の発生の原因になります。空気圧が高すぎる場合は接地面が小さくなりすぎるため走行時の安定性が低下し、接地面であるタイヤの真ん中だけ摩耗します。この事からもわかるように空気圧は低過ぎても高過ぎてもいけません。

タイヤは走行において重要な役割を担う部品ですが、自転車と同様に、使用せず放置しているだけでも徐々に空気が抜けていき、空気圧は低下します。その速さは、5% / 月と言われていますから、使用していないから劣化していないという性格のものではありません。点検を正確に行い、適正に空気圧を管理することが大切です。

空気圧が適切でない場合には、空気を充填します。空気圧が低いことに気が付かず走行するのを防ぐ為、自動車の車種ごとの指定の空気圧に対して、バスやトラック用のタイヤの場合は+0~80kPaほど高めに調整しましょう。

タイヤの亀裂・損傷の点検

タイヤに亀裂や損傷がある状態で走行することは、パンクやバーストにつながります。損傷だけではなく、石や金属片が刺さったり溝に挟まったまま走行することも、同様に不具合を招きます。接地面や側面に異常がないかどうか、目視により全周を点検します。

何らかの外力によりタイヤの一部が大きく腫れているような場合も、そのまま継続して使用することは事故の元ですので異常としてチェックし、交換するなどの対処をします。

タイヤの摩耗の状態の点検

先にふれたように、適切な空気圧で運行しないとタイヤは接地面の真ん中だけや、左右に偏って摩耗していきます。接地面が異常に擦り練っていないか点検しましょう。

均一にすり減っていても、通常の走行でその距離が長くなれば、摩耗はさらに進行します。摩耗によりタイヤの溝が浅くなると、路面の水を排除する機能が十分に発揮されず、タイヤと道路の間に水の層ができてしまい、ハンドルもブレーキも効かない状態になります(ハイドロプレーニング現象)。スリップや追突など事故を防ぐ為、法律では「これ以上すり減った状態で走行してはいけない」という限度が定められています。これは道路の種類によって異なります。

道路の種類は一般道路と高速道路に分けられますが、前者の限度は残り溝の深さ1.6㎜です。溝の深さが1.6mm以下のタイヤは使用が禁じられているいため、溝の深さが1.6㎜になったら、あるいは近づいてきたら速やかに交換しましょう。摩耗が進み溝の深さが十分に残っていないタイヤを継続して使用した場合、道路交通法の違反になります。高速道路では、タイヤの種類によっても設定されている限度が異なります。乗用車の場合は1.6㎜、小型トラック用の場合は2.4㎜、バスやトラック用の場合は3.2㎜です。これを下回る前に交換しましょう。

タイヤにはスリップサインという仕掛けがあり、溝の残り深さが1.6mmになると溝を横切るように現れ、交換時期がわかるようになっています。溝のパターン(リブパターン、ラグパターン、リブラグパターン)によってサインの様式は異なりますが、いずれも接地面の溝に現れ、その位置は表示位置マーク(▼)によって知ることができます。

サインが出現する前に溝がどれだけ残っているかを知るには、ゲージを使って直接残りの深さを測るのが有効です。スリップサインが出ていなくても、サインの表示位置以外の別の位置では実はすり減っているかもしれません。ゲージを使えば定量的にタイヤの状態を計測するため、全周の残り溝を確認できます。

最初に登録するならドライバーアイランド

ドライバーアイランドは今最も勢いのあるドライバーとして働きたい方向けの求人サイトで、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

優良会社、大手企業から中小企業まで個人にあった会社をご提案

まずは無料で相談してみる