ドライバー/運転手関連の仕事一覧

運送会社の事務や軽作業員の仕事とは

運送業界といえば、ドライバーのイメージですが、一般の企業同様、事務・軽作業員がいます。ですが、実際に私達が見かけるのはドライバーがほとんどでしょう。では、運送業界の事務や軽作業員の仕事は、どんな内容なのでしょうか?

運送会社の事務や軽作業員の仕事内容

ここでは、ある大手運送会社の支店でアルバイト勤務をしていた方に聞いた体験談をまとめました。実際に、事務と軽作業の両方を経験に基づいた内容なので、ほかの運送会社や物流会社とは少し違うところもあるかもしれません。また、会社やその支店によって、仕事内容が変わることもあります。求人情報の一覧を見るとわかりやすいです。

運送会社の事務の仕事内容

電話の対応、受付、PC作業が主になります。掃除などの雑務もします。

お客様に対応する受付では、荷物の大きさや重さを量る、伝票を貼る等の手続きをし、荷物を受け取ります。直接荷物を受け取りに来たお客様に荷物を渡すこともあります。

電話の対応であれば、お客様からの質問に答える、再配達などの要望を聞きます。また、その内容をドライバーに伝えます。

受付や電話の対応など、基本的に、お客様とやり取りをするのは事務です。ドライバーに、荷物やお客様に関する情報を伝えることも仕事です。軽作業員と比べると荷物の運送をすることはほとんどありません。ほかは、PC作業や掃除など、一般的な事務と変わりません。中型以上の免許を持っていなくても事務になれます。

運送会社の軽作業スタッフの仕事内容

主に、荷物の積み込みや仕分けやピッキング作業、事務のような仕事をすることがあります。場合によっては、荷物を配送することもあります。そのため、中型以上の免許を持っている人もいます。

トラックに荷物を積み込む際、フォークリフトを使用することもあるので、免許を持っている人もいます。仕分け作業や自分で荷物を積み込むことが多いので、免許がなくても大丈夫です。

ドライバーの支援が主になるので、情報を伝えたり、電話対応など事務と同様の仕事をすることもあります。事務ほどには、お客様と関わることはありません。仕事内容や会社によっては免許を持っていると便利です。

運送会社の軽作業スタッフの仕事に免許や資格は必要?

持っていなくても事務や軽作業員になれます。

しかし、持っているとさまざまな仕事ができるため、持っていて損はないでしょう。特に、フォークリフトやトラックを運転するには免許が必要になります。

また、会社によってはフォークリフト等の資格、免許や管理者の資格取得をサポートしてくれるところもあります。

当然ですが、免許や資格が必要になる仕事は、事務より軽作業員が多いです。

運送会社の事務や軽作業の仕事の給料は安い?高い?

仕事の雇用体系と労働時間

私のようなアルバイトや、契約社員もあります。大手でなくとも、正社員登用制度のところも多いです。

また、お歳暮等の忙しい時期に期間限定のアルバイトを募集していることもあります。場合によっては、期間が過ぎてもそのまま雇用してくれることもあるので、気になる人は応募してみてはいかがでしょうか。

長距離ドライバーなど、深夜のイメージがありますが、事務や軽作業員は夜遅くまで働くことはほとんどありません。

求人情報や会社の内情を確認してみないと実際はわかりませんが。最終的に、仕事内容も含め、全ては会社によりけりです。

運送会社の軽作業スタッフの月給・時給はなかなか好待遇

年収・月収は会社によってもちろん異なりますが、正社員の軽作業スタッフであれば25万円~35万円程度となります。当然ですが、アルバイトよりも正社員のほうが給料が高くなり、時給ではなく月給になります。

アルバイトであれば時給1000円~1300円程度となりますが、シフト時間が深夜である、残業であれば高くなります。

会社にもよりますが、同じような仕事の一般的な給料の相場と変わりません。なお、免許や資格を持っていれば、手当が付くこともあります。

運送会社の事務や軽作業の仕事にチャレンジしてみよう

特に、免許がないとできないわけではありません。また、雇用体系や勤務時間も一般的な相場と変わりません。なので、気になる方はアルバイトなどからチャレンジしてもいいかもしれませんね。

お客様の対応とドライバーの支援が主な仕事です。ただし、免許を取得していると、フォークリフトやトラックの運転ができます。また、資格や免許を持っていると手当が付きます。免許や資格の取得を支援してくれる会社もあり、仕事内容も違うため、いろいろな会社の求人情報を比較してみると良いでしょう。