ドライバーや運送会社が知っておくと便利な情報

中古トラックのオートオークションって何?参加する方法を教えて!

「ネットオークション」の登場によって、すっかり身近な存在となったオークション形式の売買。誰もが気軽に楽しめ、今や本や洋服などの日常品だけではなく、自動車に関しても、パーツはもちろん車両本体がネット上でオークションに出されています。さて、一般の人にはなかなか知られていないこのオートオークションについて解説します。

オートオークションとは

「オークション」は「競売、競り」のこと。「競り」というと、テレビなどで見かけるマグロの競りを思い出し、急に一般人が参加できるものではないように感じます。

実は、車にも、業者によって運営される「オートオークション」があります。

個人の売買先としては馴染みがないかもしれませんが、中古車の役8割、台数にして年間200万台以上がオートオークションを介して取引されているという統計もあります。

オートオークションはどのようにして行われている?

オートオークションは、オークション業者(運営会社)が運営する全国各地のオークション会場で行われています。

このオークション会場は、会場の所在地となる各都道府県の警察署公安委員会の認可を受けています。

会場では大量の車を展示しなくてはならないため、ある程度の面積が必要になります。なおかつ、搬出・搬入の利便性も大事です。そのため、郊外や港湾部などの、広い場所が確保しやすく、車の便のいいところに会場が多く設けられています。

オークション業者によっては、自前の会場はないものの、提携会場の車を映像で確認できる仕組みを構築しているところもあります。

参加者側も、インターネットなどの発達により、会場に直接足を運ばずにWEBからオークションに参加することができます。

トラックのオートオークションで有名なものは?

全国に多くのオートオークションがありますが、トラックに特化したオークションとしては、旭エンタープライズが運営するAEPオークション、いすゞユーマックスのいすゞモーターオークション(IMA)などがあります。

オートオークションの流れ

オートオークションの流れは会場により異なりますが、概ね以下のようになっています。

まず、前日までに出品希望業者が車両を会場に搬入します。車両の査定はオークション業者の検査員が行い、その後、査定内容をデータベースに登録します。これにより、車両の内容を落札希望者が確認することができるようになります。

オークションは現在は画面を見ながらシステム上で行われるのが一般的です。一台あたり、成約までは数十秒ほどとスピーディ。会場で実際に車の下見をすることもできます。

落札後数日で落札された車両は会場から搬出され、落札者の元に運ばれます。その後、オークション業者を通じて、落札者からの手数料の徴収、出品者への代金の支払い、譲渡にかかる書類などの受け渡しが行われます。

オートオークションの参加資格は?

オートオークションに参加しているのは中古車の販売店やディーラー、海外に売るための輸出ブローカーなどであり、各オークション会場の会員です。

オートオークションの会員になるための審査と条件

会員となるには、会場の審査が必要です。会員となるための条件は、会場により異なりますが以下のような内容が一般的です。

  • 古物商許可を取得しており、なおかつ所定の年数を経過していること
  • 車両を売買するための店舗・事業所があること
  • た、連帯保証人や、入会金、保証金の支払いなどが必要です。

個人でオートオークションに参加するには?

上記で見てきたとおり、専門業者によるオートオークションに個人で参加するのはなかなかハードルが高いと言わざるを得ません。
古物商許可を取得し個人事業主として参加することが考えられますが、売買のための事業所を持つ必要があります。
個人で売買を希望する場合、オークション代行業者を利用する方法もあります。代行業者は、落札・入札希望者から手数料・陸送費を徴収し、入札・出品を行います。

しかし、不当に「安く買える」「高く売れる」などとうたい、価格に見合わない売買を行ったりなどのトラブルも多発していますので、くれぐれも業者選びは慎重に行いましょう。

最初に登録するならドライバーアイランド

ドライバーアイランドは今最も勢いのあるドライバーとして働きたい方向けの求人サイトで、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

優良会社、大手企業から中小企業まで個人にあった会社をご提案

まずは無料で相談してみる