ドライバーや運送会社が知っておくと便利な情報

ドライバーがトラック持ち込みで運送の仕事をするときの注意点

トラックドライバーとして勤務する際、会社から所有しているトラックを貸与される場合と、自分でトラックを用意する場合があります。トラックドライバーを目指している方の中には、いつか自分のトラックを相棒として、色々な土地を走りながら働きたいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。では、自分のトラックを持ち込んで働くにはどうすれはいいのでしょうか。今回は働き方の違いをトラックが貸与されるかどうかに焦点を当てて説明し、それぞれの働き方によるメリットとデメリットについてもご紹介いたします。

個人事業主として自分名義のトラックで働く場合の注意

自分のトラックを持ち込んで働くには、会社と直接雇用ではなく業務委託で契約するという方法があります。

トラック持ち込みで仕事をするメリット

  • トラックを法律の範囲内で自由に改造、デコレーションすることができる。自分好みにカスタマイズすることで愛着が湧き、仕事のモチベーションが上がる。
  • 直接雇用されたトラックドライバーよりも高い所得を得られることが多い。
  • 自分で仕事の量を調整することができる。複数の会社と契約すればその分収入も上がるのでやりがいがあり、頑張った分だけ結果が出る面白味もある。

トラック持ち込みで仕事をするデメリット

  • トラックの購入費、維持費などはすべて自己負担になる。トラックは普通車よりも高額なので、あらかじめある程度の資金がある人でないと飛び込むことが難しい業界でもある。
  • 高速道路代や駐車代などの経費もすべて自己負担になる。(その分給与が高い)
  • 病気やケガなどの理由で仕事ができない場合、収入が無くなってしまう。いつ働けなくなるか分からないという不安を感じながら働くことになる。

運送会社名義のトラックで働く場合の注意

では資金が無い人はどうすればトラックドライバーになれるのでしょうか。それは正規にせよ非正規にせよ、会社と直接雇用という契約をすることで、会社所有のトラックを貸与してもらうことが可能です。

貸してもらったトラックで配送をするメリット

  • ガソリン代や高速道路代、駐車代、車の維持費など業務上必要な支払いは経費として会社が負担するので、自己負担をする必要が無い。
  • 固定給なので毎月一定の給与が入り、経済的に安定する。
  • トラックを運転するために必要な中型免許などを取得するための補助金が出る制度があるなど、福利厚生が充実している会社もある。

貸してもらったトラックで配送をするデメリット

  • 繁忙期であっても給与が上がらない会社もある。
  • トラックは会社から貸与されているものなので、自由に改造やデコレーションすることはできない。

自分に合ったトラック利用方法を選ぼう!

このように、貸与トラックにせよ、マイトラックにせよ、それぞれメリットとデメリットがあります。初めから自分のトラックを購入するのは金銭的に難しいと思います。まずは正社員を経験してトラックを購入するお金を貯めてから独立してマイトラックを購入する、新車ではなく中古車を検討する、カーリースを利用するなど方法はたくさんあるので、ご自身に合う働き方を考えましょう。

最初に登録するならドライバーアイランド

ドライバーアイランドは今最も勢いのあるドライバーとして働きたい方向けの求人サイトで、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

優良会社、大手企業から中小企業まで個人にあった会社をご提案

まずは無料で相談してみる