ドライバー・運転手を募集・採用するためのコツ

運送業界や配送会社の情報発信を強化することがドライバーの人材採用に効果的な理由

少子化に伴い、人手不足の企業は増え有効求人倍率は増加傾向にあります。その中で働く人を確保するためには企業の基本的な情報だけでなく具体的に会社をイメージできるような情報を伝えることが必要となります。就活をしている人が求める情報を伝えることができないと「どんな企業かわからない」「自分には合わないかも」とエントリーされないといった結果になってしまうのです。その中で大事になってくるのが情報発信です。

運送業界の人材不足が示すドライバー確保の重要性

現在、社会的な問題の一つとして、深刻なドライバー不足があるという声が挙がってきています。

インターネットや楽天やAmazonといった企業が発達し家電、日用品、雑貨品、洋服などあらゆる小売店が巨大ショッピングサイトに品物を出店、または独自のECサイトなどを立ち上げています。そういった環境においてインターネット上での商品販売量は益々増加の一途を辿り、ドライバーが増えていないのもかかわらず、仕事量がかなり増えているのです。

その物流を支えるドライバー不足は運送会社、物流会社にとって今後も顕著なものとなるのではないでしょうか。このことにより運送業のイメージは格段に悪くなり、働きたいと思う人が減ってきているのです。

この状況を改善するために、平成27年から厚生労働省と国土交通省が連携し魅力ある職場づくりと人材確保・育成に力を入れています。賃金が低く重労働であるというイメージを払拭しようという取り組みが始まっているのです。

このようにトラックドライバー=しんどいというイメージを払拭する情報が確実に求職者に伝わる広報活動を行うことが求められていますが、ドライバーを集めるための呼びかけは各企業で必要になると考えられます。

そこでドライバーへの応募をどう集めたらよいか、その方法について今回はご紹介したいと思います。

運送業界・配送会社の情報発信が成功している事例

大手運送会社がコマーシャルでドライバーのイメージ改善に成功しているケース

ドライバーという職に関するコマーシャルは以前あまり見かけることがありませんでした。積極的にコマーシャルを行っても、何か製品が売れるわけではないので広告費がかかってしまうという判断があったからでしょう。

しかし、最近は積極的にコマーシャルCMを行う企業も見られています。そこには、昨今の運賃料のアップに端を発したドライバーの慢性的な長時間労働や賃金アップなど環境面の改善を行い、ドライバー不足の解消を図ろうとする企業の目論見があると見られます。

そのような改善活動の効果の一つが、佐川男子という言葉ではないでしょうか。佐川急便で働く男性のことを指した言葉ですが、企業の知名度アップに貢献している事例と言えるでしょう。

ラジオによる情報発信もドライバーには効果的

そのような多種多様な企業のイメージアップや広告の中で運送会社や物流会社が力を入れているのがラジオです。

ラジオは一般の家庭が、家の中で聞く機会というのは以前に比べるとだいぶ減ってきました。

しかし、車を運転しているドライバーがラジオを車内で聞く割合はいまだ高く、また運転をしながらラジオを聞いていることも相まって運送会社や物流会社のコマーシャルが効果的という一面もあるようです。

SNSやインターネットを使ったドライバーへの情報発信

今までの広報活動と言えばテレビ・ラジオ・新聞などのマスメディアでした。従来の採用マーケティングの方法を具体的に言えば、折込チラシやハローワーク、合同説明会などでした。現在も前述したような採用マーケティングはあるものの、インターネットやSNSの普及によりインターネットでの広報活動が主流になってきています。

総務省の調査によると、2016年のネットの利用者数は1億84万人、人口普及率は83.5%とかなり普及しています。年代別で利用率を見ると、13歳~59歳では90%を超え、働き盛りの年代で特にインターネットが普及していることがわかります。

一方で、NHK放送文化研究所が2016年に行った調査によるとテレビを見る人の割合はこの20年間で7%ポイント減少していることが分かりました。また、社団法人日本新聞協会によると2000年から新聞購読部数は徐々に下降傾向にあり、2017年は前年度に比べマイナス26.5%となっています。このことから、働き盛りの若者ドライバーを集めるためには従来の採用マーケティングでは効果がなく、インターネットを使った広報活動を行うことがドライバー確保にうってつけだと言えます。

企業イベントを行うことで会社の情報を世に発信する

コマーシャルという一般大衆に情報を発信する方法もありますが、そのほか会社が主体となってイベントを企画して、どのような仕事を普段しているのか、どういった強みがある会社なのかを伝える活動をしている場合もあります。

例えば、バス会社ではバスをイベント会場に持ち込んで家族連れやバス好きな人に試乗してもらうといったイベントなどを行っています。公共交通機関が好きという人は割と多く、撮り鉄や乗り鉄といった言葉があるほど電車が好きな人は多いですが、バスも例外ではありません。バス好きな人を増やすのは企業の収益改善という目的もある一方、バスドライバーを増やすための活動の一環でもあると言えるでしょう。

また、物流会社の場合はトラック車両を展示するというイベントよりも親睦会などといったイベントが企画されることが多いようです。関係者がメインの参加者になりますが、家族や知り合いを集めることで交流を広げていき、どんな仕事をしているのかよくわからないというイメージを払拭するのが目的のようです。

情報発信のポイントはドライバー求職者の働くことに対する不安を解消すること

タクシードライバーに新しくなりたいという人の最初の不安はタクシードライバーの給与が歩合制にあるということではないでしょうか。歩合制ということになれば当然経験のあるドライバーの方が何時になればどこにお客さんがいるという点を把握しているので稼ぐことが出来るのではないかと普通は考えます。また、お客さんを乗せることが出来ない場合は当然売上を上げることが出来ず、自分の満足のいく給料を得ることが出来ないかもしれないという点は、タクシードライバーへの転職を考える人にとってはなかなか転職への第一歩を踏み出す勇気が出ないことの一因とも言えるでしょう。

 

そこで、タクシー会社によっては、一定期間の給料を保証する会社があります。例え売上が満足のいくものでなくても、その期間で業務に慣れてもらい、売上を上げることが出来るドライバーになってもらおうという意図があります。

この制度があれば、一定期間中はお客さんの動向などを研究することが出来、給料を気にすることなく自分のスキルアップを図ることが出来るため、新しくタクシードライバーとして働くことの不安を一つ解消できることが出来ます。

人手不足の運送業界に優秀な人材を呼び込もう

ご紹介したとおり、運送会社や物流会社は企業が持っている強みを生かして求人活動を行っています。人件費は会社にとっては抑えたい支出の一つではありますが、現代社会において過剰な長時間労働や不必要に休日出勤等を課すことは必ずしもよい結果を生むとは限りません。一人の人材に多量の仕事を課すことは集中力の低下にも繋がりますし、最悪の場合はドライバーの事故にも繋がりかねないからです。また、コンプライアンス違反を犯すような企業はネット上などで公表されてしまう可能性があります。一度悪いイメージがついてしまった企業が優秀な人材を呼び込もうとしても、人はなかなか集まらないでしょう。

新しい求人システムを生み出したドライバー求人サイト「driversjob」がめざすところ

採用マーケティングでは求職者に必要な情報を掲載していたとしても、ちゃんと求職者に届かなければ意味を成しません。必要な情報を必要な人に的確に伝えることができればドライバーを志願する人も増え、人手不足の解消に繋がつでしょう。伝わるPRにすることが大切なのです。

そこで新しい求人システムを生み出したのがドライバー専門の総合求人サイト「driversjob」です。これはドライバー不足解消や運送業のイメージ回復の為に立ち上げたドライバー専門の求人サイトですdriversjobでは職種や勤務地、月給だけでなく、出勤時間や雇用形態、車の形状から輸送品目などドライバーならではの細かな条件で簡単に検索することができます。このサイトの一番のメリットとして、求職者自身が自分に合った企業を探すだけでなく、希望する収入や勤務先といった基本的な情報を登録しておくことで企業側からスカウトが来るということがあるのです。就活において求職者自身が企業を探し応募するという今までの常識を覆し、企業側から有能な人材にアプローチをかけれるという画期的なシステムを実現したのです。また、文字だけでなく動画でも企業を紹介しており、実際の会社の雰囲気を感じやすくなり、入社したあとのイメージの相違を減らすことが可能になったのです。

driversjobは求職者だけでなく働く人を探している企業にとってもメリットがあるのです。ドライバー専門の求人サイトのため、ドライバー志願者のみが訪れるため経験のあるドライバーなど優秀なドライバーの確保ができるようになりました。また、大手求人サイトより月額掲載費用が安く、自と掲載求人数も増えるのです。このことから、サイトに登録するドライバー志願者も増え正の連鎖が起こるのです。まさに運送業の人手不足を解消するのにうってつけの求人サイトなのです。

 

企業はまずは自社の会社員の処遇改善を行い、働いている人の満足度を高める。その上でコマーシャルや独自イベントを行って世間からの企業に対するイメージアップを図ることで、さらなる優秀な人材が集まる、という良い循環が起こるように努力していく必要があると言えそうです。

最初に登録するならドライバーアイランド

ドライバーアイランドは今最も勢いのあるドライバーとして働きたい方向けの求人サイトで、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

優良会社、大手企業から中小企業まで個人にあった会社をご提案

まずは無料で相談してみる