みんなの転職経験談_横バナー

LINEで転職の気軽な相談はコチラから

ドライバーの転職サイト1
ドライバー・運転手を募集・採用するためのコツ

求人サイトを使ったスカウトでドライバーの人材採用コストを抑える方法

現在の日本においてドライバー職にかかわらず、実に多くの職種が人材不足に陥っています。ハローワークや自社ホームページは当たり前として、最近は多くの転職サイトや求人サイト、そしてアプリなどもが出てきました。

ただしそれでも人材不足は否めず、人材を確実に採用したい会社の多くはスカウト活動というものを行っており、この方法は上手に使うと採用コストも抑えることができます。

ドライバー採用方法の1つ、求人サイトを使ったスカウトの概要

通常の求人方法は、就職を希望している者が希望する会社に向けて必要書類を送り、就職希望者のアピールから会社の人事部担当者が選考するという流れになっています。

スカウト活動とはその逆で、求人サイトと使って求人募集をしている会社が欲しい人材を自ら探し出し、アプローチするという手法です。

以前は人事担当者が足を運び、直接欲しい人材と面談していました。しかし、今のスカウト活動は変化していっています。なぜなら、日本人のほとんどが今、携帯電話を所有しています。総務省の調査によりますと、所有率は100パーセントを越えています。このように多くの職種で携帯電話によるスカウト活動を行っているのです。では携帯電話によるスカウト活動とはどういうものなのでしょうか。説明していきます。

求人サイトを使ったメールによるドライバーのスカウト

携帯電話によるスカウト活動の最も行われている手法はメールによるものです。まず最初に、就職を希望している者が、求人サイトや人材派遣サービス等に登録し、自分のプロフィールやアピールポイントを公開します。それを会社の人事担当者がチェックし、欲しい人材かどうかを見極め、直接就職を希望している者にメールを送ります。このメールにも3種類あります。

一つ目は、条件だけを重視し、それに見合う就職希望者に自動に送る、自動送信メールです。これは、自動で行ってくれるので求人募集中の会社にとっては大変便利な手法なのですが、本当に欲しい人材とマッチした就職希望者が集まってくれるかどうか、確実性は一般の求人方法と大差がないというのが実際のところです。

二つ目は、選考してみたいと思う就職希望者に送るメールです。これは、実際に人事担当者が一人一人をチェックし、応募をして欲しいという人にメールを送る手法です。これは、テンプレート的なメールですとなかなか集まりにくいので、ひと工夫が必要です。

三つ目は、ぜひ我が社に来てほしいと思う就職希望者に送るメールです。このメールはスカウトメールの中で最も重要なメールになります。この会社なら入りたいと思わせるメールの作成が大切です。

では次にスカウトメールの作成のポイントについてお伝えします。

ドライバー採用の確率を高めるために効果的なスカウトメールの送り方

ドライバーの求職者に、スカウトメールが一斉メールと思われないようにすること

まず求人募集している会社は、就職希望者の立場に立つことから始めます。

そして、多くの就職希望者の中から、あなたを選出したと就職希望者に感じてもらえる演出が非常に重要になります。そのためには一文、一文丁寧な言葉遣いを心掛けることが大切です。

そして大勢に送っているテンプレートメールであると思われないように、なぜあなたを選んだのか、あなたと一緒に働きたい旨を一人一人に向けたメッセージにして送ります。

ドライバー未経験者にもよりそったスカウトメールにすることで応募を促す

また、就職希望者がドライバー職の経験がない場合には特に心を配ることが大事です。経験がない人が自社で活躍している、わからないことは先輩が丁寧に教えてくれえる、研修やフォロー体制が万全であるといったところを記載すると、就職希望者の心に響くと考えられます。よくある質問等も記載されているとより親切です。

スカウトメールはキャッチーな件名・タイトルにすること

また、一番大事なのはタイトルです。就職希望者は真っ先にタイトルを目にします。

ここは一つ、就職希望者のプロフィール等を織り込むと、就職希望者の目を引きます。これは、自動送信メールではないと思わせることができます。就職希望者は、ちゃんと自分を見てくれて、メールを送ってくれたと思うでしょう。

この積み重ねがドライバーの求職者を増やすことに繋がります。

ドライバーに就職・転職したくなるように求職者の心を掴む

スカウト活動をメールで行うことは非常にメリットがあります。

まずはメールでやりとりをすることによって、就職希望者が不安を解消することができます。

ドライバー職に経験がないものですと、業務の内容をイメージしにくい部分があります。

例えばタクシードライバーの場合ですと、支払方法が今はたくさんありますので、未経験者は混乱してしまうかもしれません。

バスのドライバーですと、バスと一言でいっても種類がありますので、業務内容もそれぞれ特性があります。

物流ドライバーですと、車両もそれぞれ異なってきますし、バス同様に業務内容が違いますので、未経験者は二の足を踏んでしまうかもしれません。

このような不安を一つ一つ解消することが、メールでは可能ですのでこういった面でもドライバー職のスカウト活動は有益であるということができます。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー