みんなの転職経験談_横バナー

LINEで転職の気軽な相談はコチラから

ドライバーの転職サイト1
ドライバー・運転手

トラック運転手の腰痛予防・対策のおすすめシートクッションがまるわかり

トラック運転手のかかりやすい腰痛とは

トラック運転手の仕事では肉体への負荷がかかる仕事が多く、特に腰痛になりやすい仕事だと言えます。

おおまかな原因そのものとしては、荷積み・荷下ろし等の腰への負担のかかる重労働長時間の運転に伴い長い間座りっぱなしである、またはその荷物の持ち方や座る姿勢等によって、骨盤や背骨への悪影響や腰まわりの筋肉への負荷による筋肉痛等で腰痛になると言われています。これらの要因によって患う腰への痛みや不快感のある症状を総じて腰痛と言います

その上で、トラック運転手の仕事内容で患いやすい腰痛の種類は世間で言われるぎっくり腰と言われる急性腰痛症椎間板ヘルニアが挙げられます

しかしこれら腰痛への対策や予防として、運転時の姿勢を改善出来るクッションや、腰痛を軽減できるアイテム等があります。これらのアイテムを知って揃える事で、腰痛を予防するだけでなく快適にトラック運転手の仕事をこなす事ができます。

トラック運転手が腰痛になる原因

動作要因による腰痛

トラック運転手の腰痛の原因としてまず挙げられるのが動的要因になります。動的要因というのは腰に動的または静的にかかる負荷の事を指します。

トラック運転手の仕事では、荷物の荷積みと荷降ろしといった「重量物を持ち上げる作業」ひいては「腰を深く折り曲げる」といった事や「急激に姿勢を変える」といった動的な動作要因が発生します。そしてトラック運転手は仕事の大半がトラックの運転になる事から、「長時間同じ姿勢を取り続ける」事に加えて、その際の姿勢が悪い事で更なる負荷が腰にかかる事になります。

他にも「急いで作業をするために、体に負荷のかかる無理な姿勢で作業を行う」といった事も腰痛の動作要因として挙げられます。

環境要因による腰痛

次に挙げられる腰痛の原因として環境要因が挙げられます。具体的な例を挙げるなら「長時間の間機械の振動の中過ごす事」「冬場の屋外の作業を行う事で長時間寒冷な環境に晒される」といった作業面を行う点において、作業者の体への負荷が大きくなる環境全般の事を指します。

他の例としては「照明不足による不安全な状態での作業を進めざるをおえない」「床が滑りやすい状態である」といった荷積み・荷降ろしといった作業に悪影響がでる環境要因もあります。

そしてトラック運転手は長時間の運転を仕事内容上強いられる事になりますが、その結果「窮屈な空間で長時間過ごす」事になりますがこの事も腰痛の環境要因に含まれます。

個人的要因による腰痛

そしてもう一つの腰痛の原因が個人的要因になります。個人的要因としては年齢や性別、そして体力やヘルニアや骨粗しょう症といった疾患を持っているといった、個人の属性に関わる要因とそれに繋がる個人の生活や仕事の状態の事を指します。

具体的な例としては「年齢によって体力が衰えた事で長時間の運転や、荷積みや荷降ろしといった重労働に耐えられなくなってきた」といった事から「慢性的な腰痛を抱えるようになった」といった内容になります。それに加えて「勤務日数や夜勤が多い」「人手不足の状況から満足に休む事が出来ない」といった勤務環境に由来するものから、職場でのトラック運転手としてのスキルとそのスキルを向上させる教育制度等の間接的に腰痛への原因になる内容まで含まれます。

長距離ドライバーに腰痛持病が多い理由

長距離トラック運転手に腰痛持病が多い原因としては、運転時の姿勢とAT車にあると言われています。その時の姿勢としてシートバック深く倒しがちになったり、或いはシートに浅く座ったりする姿勢になります。この姿勢で背骨を支える筋肉に大きな負担を掛けたる等の影響を与えます。

そしてAT車両の操縦も姿勢の悪さに繋がる要因になります。AT車は操縦の都合上主に右足のみを使う事になり、その時左足は楽な体勢をとる都合上曲がっている事が多いと言われています。長時間その姿勢をとる事により左右の骨盤が歪む事になり腰痛の原因になると言われています。

トラック運転手が腰痛になるのを予防する方法

トラック運転手の腰痛の予防方法としてストレッチを行う事や、姿勢保持に役立つクッションを用意する事が推奨されます

まずストレッチとは「伸ばす」といった意味でスポーツは当然として医療においても使われる事もあります。腰痛自体は腰の周囲の筋肉を使いすぎ緊張してしまう事で患うため、ストレッチによる筋肉の緩和で腰痛の予防に繋がります。他にもストレッチは筋肉の疲労回復、体をほぐす事によるケガの予防、そしてリラクゼーション効果も期待できます。

もう一つの腰痛の予防方法として、クッションの用意になりますが、効果として運転時の姿勢において腰への負担が少ない正しい姿勢を保持する事に繋がり、腰痛の予防に繋げる事ができます。他にクッションを使用する事で、骨盤へトラックの運転時の振動が直接伝わらないようにする効果もあります。

背もたれの角度と腰にかかる負担の関係

トラック運転手の腰痛の要因は運転時の姿勢が悪く、前傾姿勢や猫背になってしまう事で腰回りの筋肉に圧力が掛かってしまう事で患うケースが多々あります。その事から腰痛を引き起こしにくい姿勢を取る事が重要になってきます。

そのためには首と背筋を伸ばし手座り腰への負担を減らします。加えて腹筋に力を入れる事でお腹を引っ込めるようにする事も重要になってきます。その際に背もたれの角度が重要になり、腰深く掛ける事で背筋を伸ばせて、ペダルに足を掛けた時に膝が伸びすぎないように座れる角度に調節する事が必要になってきます。

腰痛と椎間板ヘルニアの違い

トラック運転手が仕事の上で腰痛と椎間板ヘルニアを患いやすく、どちら腰に由来する痛みには違いありませんが正確には異なる疾患になります。

まず腰痛ですが、この言葉自体は疾患の名称そのものではなく腰への痛みや不快感などの症状の総称になります。そしてその腰痛の85~90%は原因を特定できない、非特異的腰痛と言われていますが、残りの10~15%は原因が特定できる特異的腰痛と言われその代表として椎間板ヘルニアが挙げられます。

椎間板というのは簡単に言えば背骨をつなぎクッションの役目を果たしていますが、加齢等によってその椎間板が出てくる事で神経を圧迫し腰への痺れや痛みといった症状が出てくるようになります。

トラック運転手のクッションは低反発と高反発どちらが良いのか

トラック運転手のクッションに使われる材質によっては高反発のクッションと、低反発のクッションがりますがどちらも腰痛の予防に役立つ事には変わりありませんが、どちらも材質の都合上、一長一短の性能になります。

  • 低反発のクッションメリットとして柔らかく包み込むように座る事ができ、腰へ車の振動や衝撃の吸収に効果的で保温性に優れますが、デメリットとして夏場に蒸れやすいという点があります。
  • 高反発のクッション:メリットは弾力性に優れ押し返すような感触があるため、姿勢の保持をしやすいという点では低反発のクッションより優れています。しかしデメリットとして反発力がある分必ず自分に合ったサイズのものや感触の品を選ばないとストレスの要因に繋がります。

おすすめ腰痛対策シートクッション

ボディドクター

トラック運転手の運転時の姿勢において、腰と背もたれの間に隙間がある浅い座り方が続くと腰痛の原因になります。ボディドクターバックアップという商品名のシートクッションは枕のような形状をしていて、丁度その腰と背もたれの隙間を埋める事のできる形状とサイズをしていて、腰回りのサポートを行うのに役立つ品になります。

トラック運転手は長時間の運転を行う事で腰や臀部への負荷が大きくなり腰痛の原因になります。ボディドクターのザ・シートは座布団の形状でお尻に敷くタイプのクッションで座っている時の腰への負担軽減に効果があります。

お値段としては4000円を越えますが周囲も口コミからは高い評価をえています。生地の素材にメッシュのものもあり通気性に優れ夏場でも快適に使う事ができます。

 

IKSTAR

ランバーサポート

トラック運転手の腰痛対策としておススメのクッションの1つになります。背中に敷くタイプのクッションで人間工学に基づいて設計された品で、S字カーブの形になっており背中や腰をしっかり支えるのが特徴です。

通気性がよく蒸れにくいのも魅力の1つですが、価格も比較的リーズナブルで3000円前後で購入する事が出来ます。

第四世代ヘルスケア座布団

お尻に敷くタイプのクッションで、こちらも人間工学に基づいた設計となっており、トラック運転手等の長時間座って仕事を行う職業の人におススメ出来る、腰痛対策の品の1つになります。

低反発な素材でできており臀部や太ももにフィットし、優れた耐圧分散を行い、腰痛のみならず商品の名称通りに椎間板ヘルニアの負担軽減の効果も期待できます。

TEMPUR

ランバーサポート

これも背中に敷くタイプのクッションになりますが、お値段は9000円と高額な品にはなります。しかしTEMPURはNASAに「認定技術」のロゴの使用許可がでた唯一のマットレス関連のメーカーで品質に使われる技術は確かな物と言えます。

効果として血行の改善効果があり、トラック運転手の腰痛対策におすすめできるクッションの1つになります。

シートクッション

こちらはお尻に敷くタイプのクッションで、こちらもお値段が9000円はする高額な品です。お尻に敷くタイプのクッションには低反発の素材が使用され包み込むような感触の品が多い中このシートの素材は比較的固い素材で造り上げられています。

しかし使用すれば使用するほど自分のお尻の形にフィットした形状に変わり、耐圧の分散を行う事からトラック運転手の腰痛対策に利用できるクッションと言えます。

MED ケアクッション

MEDとは「医学の」という意味でこれまでのクッションと異なりトラック運転手専用の腰痛対策のクッションではなく、車いすに乗っている人の腰痛対策のための医療用クッションと言えます。

お値段も10000円を越える品ですが、その分性能は高いので重い腰痛を患っている人にはおすすめできるクッションと言えます。

EXGEL

ハグドライブ バッククッション

背もたれと腰を包み込むような形状をしているクッションになり、お値段に関してはここまで紹介下クッションの中でも高額な13000円を越える品になります。

しかしこのクッションにはゲルが内蔵されていることから非常に優れた弾力性を誇り衝撃や振動を吸収する事に優れています。その事からトラック運転手の腰痛対策におススメできる品の一つになります。

ハグドライブ シートクッション

お尻に敷くタイプのクッションになりますが、こちらも非常に高額に品で10000円を越えます。もちろんこちらもゲルを内蔵しており、他のクッションにはない優れた耐圧性を持っております。

加えて太ももに干渉する箇所は薄く造られているのでトラック運転手のペダルの操縦を邪魔しない点も魅力であり、腰痛予防にも繋がる事から推奨出来る品の1つと言えます。

AYCLIF

ランバーサポート クッション

腰に敷くタイプのクッションで価格が2千円位の非常にリーズナブルな一品になります。

特徴としてはメッシュ素材を使用していることで通気性に優れ、腰回りが蒸れない点にあると言えます。こちらも人間工学に基づいて仕上げられた品で姿勢の保持に役立ちます。長時間の運転を強いられるトラック運転手にとっては腰痛対策も兼ねて、必要なアイテムの1つと言えます。

RAKU

スマートシート

こちらのクッションは座椅子のような形状をしています。大きな特徴としてファンが搭載されており、夏場の運転でも涼しい環境を保ちながらの運転が可能になっています。

加えてマッサージ機能まで搭載されているのが魅力的な一品になります。長距離の運転で疲労を溜めるトラック運転手にとってはマッサージによる腰痛対策込みでおススメのできる品と言えます。

Aoomiya

腰痛クッション

背中に敷く形状のクッションになります。取付がしやすく通気性に優れ、立体のカーブになっており正しい姿勢を保持する事に優れます。クッションの材質は低反発の物を使用しており体圧の分散と吸収する事に長けています。お値段も3千円で購入出来る事からトラック運転手の腰痛予防におススメしやすいクッションと言えます。

VELENO

シートクッション

腰あてのような形状をしたクッションで、赤ちゃんのほっぺと形容されるほどの肌ざわりが特徴になります。また腰の左右にもサポートが付いている事でカーブの時にかかるGの負担軽減にも役立ちます。

姿勢の保と長時間の運転の疲れを軽減出来る効果を見込める事からも、トラック運転手の腰痛対策として推奨できるクッションだと言えます。

meiko

シートクッション

背中に敷くタイプのクッションで腰をしっかり守りつつ運転の疲れを軽減するのが売りになっています。背中のS字に沿った形状をしていて腰や背中にストレスなくフィットするのが特徴です。メッシュ素材を用いている事で通気性に優れつつ、耐久性も高く加えてお値段も2千4百円とリーズナブルな事からトラック運転手の腰痛対策としておススメできます。

KUMFI

低反発クッション ランバーサポート

背中に敷くタイプのクッションで、背骨に当たる位置に溝があるのが特徴になります。これにより背骨にかかる圧力を軽減する事が出来き、正しい姿勢を保持するのに効果的と言われています。口コミでは腰の曲がりを抑えてくれる効果があり快適に運転がしやすいという事から、トラック運転手の腰痛対策のマストアイテムの一つに数えられます。

荷積み・荷下ろしで腰痛にならないようにするためのコツ

トラック運転手の腰痛やぎっくり腰の要因としては、荷積み・荷下ろし作業等で腰への負荷が大きい事が挙げられます。

その負荷を軽減する方法として原則重量物の取り扱い時にはリフターといった機材を用いる事で、人力での作業の負担を軽減させる事が重要になってきます。次に人力で取り扱い可能な重量物の重量を明確化事も挙げられます。そして荷物の運搬時には可能な限り台車を利用したする、そして取り扱う荷物の性質を明記する事も推奨されます。

そして人力で荷物を運搬する時は出来るだけ荷物に体近づけて重心を低くくする等の腰への負荷が掛からない姿勢で仕事をする事が望ましいとされています。

トラック運転手がクッション以外で腰痛予防・対策に使えるグッズ

腰痛ベルト・コルセット

トラック運転手の腰痛対策のグッズでクッション以外に効果的なグッズの筆頭として、腰痛ベルトやコルセットが挙げられます。

これらは腰痛の予防時に使うものではなく、腰痛を患いながらも仕事をする際のサポータ―として機能し、作業時に伴う痛みを軽減させます。重量物の荷積み・荷下ろしの時や、長時間の運転を行う際には着用する事で楽に作業を行う事ができます

これらのベルトは腰回りの筋肉の代用といった側面を持つのであまりにも使いすぎると腰の筋肉が衰えさらに腰痛を悪化させる要因になりますので、腰への負担が特に大きい作業をする時のみ装着する事が望ましいとされています。

持ち運び用マッサージ機

持ち運び用マッサージ機はクッション以外のトラック運転手の腰痛対策グッズの1つになります。トラック運転手の仕事は荷積み・荷下ろしにしても、長時間の運転にせよ筋肉に負荷の掛かる仕事と言えます。その結果腰回りの筋肉が固くなる事で腰痛の要因になる場合もあります。

マッサージ機をトラックに持ち込む事で休憩時間等にマッサージを行え筋肉のコリをほぐし血行の良くし腰痛の予防または腰痛の緩和に役立つ事ができます。他にも腰以外のマッサージにも活用でき、疲労回復等の効果も見込めます。

ストレッチポール

厚生労働省からトラック運転手の腰痛予防としてエクササイズやストレッチが推奨されています。その観点からもストレッチボールはクッション以外にもおすすめできる腰痛予防のグッズの一つに数えられます。

仕事終わりにストレッチボールを用いてストレッチを行う事で腰痛の軽減が期待できます。加えてインナーマッスルをほぐす事による疲労回復効果から、腰痛の原因にもなる猫背の改善、正しいS字カーブの背骨への修正にも役立てる事ができます。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー