タクシードライバーのリアルな仕事内容

日本のタクシードライバーでもホテルみたいにチップをもらえることはあるの?

外国に行くとサービスの対価としてチップを渡すという文化がありますが、日本人にはなかなか馴染みがなく、ついついチップを渡すことを忘れてしまう方もいるのではないでしょうか。また、日本にいて普通に生活や仕事をしていても、なかなかチップをもらう機会はありませんよね。

チップはホテルのベッドメイキングやルームサービスなどでは日本でも受け取る機会は多いと思いますが、実はタクシードライバーもそういった機会がある職業なのです。ただ、日本では馴染みがない文化なだけに、本当にチップをもらっていいのだろうかと考えてしまうかもしれません。

そこで、今回は知っておくべきタクシードライバーのチップに関する情報を紹介したいと思います。

日本と海外のタクシーにおけるチップ情報

海外のタクシードライバーがチップをもらえるシチュエーション

実は世界的には、タクシードライバーにチップを渡すのは不思議なことではありません。特にヨーロッパにおいては、習慣となっています。逆に欧米の方が日本にはチップという習慣がないと聞くと、驚くことが多いといいます。よって、外国のお客さんをタクシーに乗せた際はチップが受け渡される可能性があると言えます。

日本のタクシー運転手がチップをもらえるシチュエーション

外国人に限らず日本人のお客さんでもチップを支払う場合があります。それは、お釣りが何枚もの小銭になるときです。

例えば、4,760円のタクシー料金の時に5,000円札を渡した時、240円のおつりになりますが、中には小銭が増えることを煩わしいと思い、おつりを受け取らずに下車するお客さんもいます。その場合は、240円はチップとして渡されることになります。

また、サービスに対する対価としてチップが支払われる場合があります。例えば、お客さんの漕艇場に懇切丁寧な接客をした場合や、お客さんの荷物をトランクルームから出し入れした場合などが挙げられます。

日本にはチップという文化はありませんが、心付けを渡すという習慣が特に年配の方にあります。心付けは丁寧なサービスに対する感謝の気持ちです。タクシードライバーとして丁寧な接客を心掛けることで、心付けをもらえる可能性が増えると言えるでしょう。

チップを渡されたらタクシードライバーは受け取っていいの?

タクシーでもらったチップを受け取っていいのかどうか

チップをもらえる可能性があることは説明しましたが、必ずもらえるものでもありません。いざチップを渡された時に、本当に受け取ってもいいのでしょうか。

結論から言うと、チップは基本的にもらってよいものです。

もし、チップをもらった時に申し訳ないなと思い、申し出を断ってしまうとお客さんもどうしたらよいかと戸惑ってしまいます。チップが差し出されたときは、ありがとうございますと、丁寧にチップを受け取ることで、お客さんもタクシードライバーも双方がよい気持ちになるのではないでしょうか。

ドライバーはタクシー会社への報告が必要か

タクシー会社に特段の決まりがない場合は、チップの金額についての報告は必要ありません。チップはお客さんからの感謝の気持ちです。定められた運賃をタクシー会社に納めているのであれば、チップを渡す必要はないと言えるでしょう。

ただし、タクシー会社によってはチップも収める必要がある場合があります。タクシードライバーのみなさんは会社の規則を事前に確認しておくことをおすすめします。

日本のタクシーの運転手がチップをもらえる可能性は決して低くない

チップを本当にもらえるのかどうか気になりますよね。

アンケートでは過半数程度のお客さんは必ずおつりを受け取るそうです。年代別ではおつりを必ず受け取ると答えた割合は30代以下の若者に多く、年配者になるほど低くなります。しかし、逆に考えると40%程度はおつりを受け取らないお客さんがいるということです。さらに、その可能性は年配者になるほど上がっていくのです。

また、少額のおつりの場合や近距離でのタクシー利用の場合に渡す場合があるという声もありました。

ドライバーはチップをもらえる可能性を増やしましょう

チップは基本的にはサービスに対する対価です。お客さんの気持ちになって考えてみてください。サービスが良くなかったとお客さんが感じた場合にチップを払う気になれるでしょうか。きっとならないはずです。よって、チップをもらえる可能性を増やすためには、サービスの質を上げることが重要なポイントと言えます。

サービスの質を上げる為には、運転が上手であり、地理にも詳しい必要があります。さらに、お客さんとのコミュニケーションを上手く取り、接客の質を上げましょう。

そうした努力をしたにも関わらず、たとえチップがもらえなかった、あるいは少額だったとしても接客の質を下げるようなことは避けたほうがよいでしょう。質の良いサービスをお客さんに提供し続けることが、コツコツと評判を上げることにも繋がり、チップを頻繁にもらえる可能性が増えるはずです。

 

チップをもらうことは当然の権利だと考えず、感謝することが大事です。またチップをもらえたということはお客さんが喜んでくれたはずだろう、と自分を鼓舞し仕事に対するモチベーションを向上していくきっかけとしていきましょう。

最初に登録するならドライバーアイランド

ドライバーアイランドは今最も勢いのあるドライバーとして働きたい方向けの求人サイトで、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

優良会社、大手企業から中小企業まで個人にあった会社をご提案

まずは無料で相談してみる