タクシードライバーのリアルな仕事内容

タクシーチケット(法人タクシー券)の仕組みとサービスの使い方はこれだけ読んでおけ!

タクシードライバーが支払いのときにチケット(クーポン券)を受け取る場合があります。結婚式や会社の祝賀会などの来賓を送迎した際にこれらを出される機会があるかもしれません。チケットを使う人は、継続的にタクシー会社を利用する重要顧客の関係者ですので、誤った取り扱いをしないように注意が必要です。

チケットといっても単独では完結せず、現金の取り扱いがあるものや、乗客に記入を依頼するものなど、さまざまな取り決めがあります。勘違いした処理によって先方に迷惑がかかるかもしれませんし、不手際によって会社の信頼を損ねることもあります。そんなことにならないように、ここでは、タクシーチケット(クーポン券)についてまとめてみたいと思います。

タクシーで使われるチケット・クーポンについて

タクシーに乗った際によく使用されるチケットは2種類あります。

タクシーチケットとは

ひとつ目はタクシーチケットで「タク券」「タッ券」と呼ばれています。これは契約者が料金の立替払いをするチケットで、乗客は支払いをする必要がありません。利用代金が契約者に請求され、後日、銀行の口座振替やクレジットカードなどで精算されて、タクシー会社に振り込まれることとなります。クレジット会社ではJCBのビジネス用のタクシーチケットが有名ですね。

発行している媒体もタクシー会社やクレジットカード会社などさまざまなので、使用されたときに慌てないように、それらの券面の特徴を覚えておくと良いでしょう。

タクシークーポンとは

ふたつ目は、タクシークーポンです。これは一般的なクーポンと同様で割引券として使用できます。金額が書かれているので、その額面に応じた金額を割引しましょう。

利用代金が不足しているときは現金により差額の精算が生じるので注意が必要です。綴りで売っているクーポンの中には割引で購入できるものもあり、金券ショップでも購入できます。長距離を利用する乗客が使用したいと申し出ることがあるかもしれません。

タクシーチケットやタクシークーポン利用の際の注意点

クーポン券を使用するときに、有効期間や枚数、釣銭に関して制限がある場合もあるので、クーポンの表面や裏面などもしっかり確認しましょう。

また、乗客が持っているのはクーポン券なのに、勘違いしてチケットを使いたいと言ってくることもあります。不足金額の精算のときにもめてしまうこともあるかもしれませんので、乗車時にチケット使用の申し出を受けた場合は、あらかじめチケットを確認させていただく方が賢明です。

利用代金をタクシーチケットで精算するときは、乗客に必要事項を記入していただきましょう。

乗車日、利用区間、運賃のほかに、有料道路を使用していれば、その立替払いも記入していただきます。最後に記名をいただいて完了です。記入間違いがないか確認しましょう。

簡単な内容ですが、すぐに移動したい乗客にとっては、わずらわしい作業かもしれません。記入を拒んだり、チケットを置いて出ようとする乗客もいるでしょう。そういった場合でも署名をいただいたり、記入項目を口頭で説明するなど、やりとりを車載カメラに記録しておくことで、後々のトラブル防止につながります。

タクシーチケットでウソの乗車区間を記載することはダメです

中にはチケットを会社から定められた区域外で利用しようとして、乗車区間をごまかしてくれるように頼む顧客もいます。利用距離が延びたとしても、それに応じてはいけません。

チケットはタクシー会社によって管理され、その写しとともにチケット契約者(契約会社)へ請求されます。そのため、利用外目的は容易に明るみに出るでしょう。タクシー会社の信頼はもとより、ドライバーとしての資質を疑われることになります。マニュアルに沿った取り扱いを心がけましょう。

タクシーチケット利用の場合は領収書は渡せない

また、お客様の中には領収書を求める人もいるかもしれませんが、チケットのやりとりだけでは精算が完了していないため、領収証の発行はできません。クーポンについても同様で、領収書が発行できるのは現金支払いの金額だけです。

いずれのチケットをお持ちの場合でも、タクシー会社にとっては重要顧客です。乗客はさまざまなお願いをしてくる場合がありますが、チケットの取り扱い方法を十分に理解してお客様に対応しましょう。

タクシーチケット・タクシークーポンの管理

チケットやクーポンも現金と同様に厳重に取り扱いましょう。乗務中は会社の規定によって保管方法が決められている場合もあるので、事前に確認しましょう。

一日の乗務が終了したとき、これらのチケットは現金とともに提出します。現金やチケット、クーポン、クレジットカードの利用代金を集計し、売り上げ金額を確定させます。

タクシーチケットはタクシー会社にとっての未収金となります

経理部門によって、これらは未収金として処理されます。会社によっては未収金管理表のような物を作成して提出する場合もあるので、仕事終わりに慌てないように、取り扱い方法から締め処理まで理解しましょう。

最初に登録するならドライバーアイランド

ドライバーアイランドは今最も勢いのあるドライバーとして働きたい方向けの求人サイトで、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

優良会社、大手企業から中小企業まで個人にあった会社をご提案

まずは無料で相談してみる