トラック・荷台・備品装備の使い方とコツ

トレーラーの運転のコツ:バックと車庫入れを勉強する

今回は、トレーラーの駐車とバックの方法、練習について解説します。ハンドルをまっすぐにしているだけでは曲がってしまう点が、大きく乗用車とは違う点です。乗用車の感覚で運転をしてしまうと、気付いた時にはトレーラーとトラクターが折れ曲がった状態になってしまいます。

なかか上達しない方は、基本を抑えることで、上達に近づけるかもしれません。以下をぜひ参考にしてみてください。

トレーラーでバックをするときの基本ポイント

バックで大事な2つのポイント

1つ目のポイントは、冒頭でもお話した通り、直進でバックする際に、ハンドルを左右に回さなくても、必ずトレーラーは左右どちらかに曲がってしまう(折れてしまう)、ということです。この「折れ」を修正しないと、「<」や「>」の状態になってしまいます。修正の方法は、後ほど説明していきますね。

2つ目のポイントは、向きを調整する時など、トラクター全体を車の前輪だと想像して運転することです。トラクター側で全体(トラクター+トレーラー)を操らなくてはいけません。

この2点を意識しながら、次からの説明を読み進めてくださいね。

トレーラーがまっすぐにならないときの解決策

もしも、トレーラーがうまくまっすぐにならない時は、前進して切り返しを行いましょう。これは乗用車と一緒ですね。

操舵角はハンドルを最大に回した際に最も大きくなり、それ以上は角度を大きくできませんが、折れ角は最大の操舵角よりも物理的に大きくなることが可能です。そういった場合には、トレーラーをまっすぐにすることができないため、前進して切り返しを行いましょう。

なお、前進や切り返しの時には、特に死角に注意しましょう。後方や助手席側のフロント部分が死角になりやすいので、場合によっては一度降りて確認しても良いでしょう。カメラがある場合は、カメラでも確認しましょう。

バックや方向転換の時のハンドル操作のヒント

トラクターとトレーラーは連結部分のみでつながっており、バックの時にハンドルを回していない状態でもトレーラーが曲がって「くの字」になってしまうことがあるので、トラックよりもトレーラーの方がハンドル操作の難易度が高めです。

そこでバックをする時は、トラクター全体を、けん引しているトレーラーの前輪だと考えることがおすすめです。トラクターの前輪をハンドルで操作します。

例えば、トレーラーが左に曲がってしまった時には、右にハンドルを回すことで、トレーラーがまっすぐに戻っていきます。ただし、この時にハンドルを速く回しすぎると、さらに曲がりが大きくなってしまうこともあるので慎重に行ってください。

練習を重ねて、ハンドルを回す速さと車体の曲がり具合などを覚えていきましょう。

トレーラーで車庫入れをする手順とコツ

今回は、トラクターの進行方向の左(助手席側)にあるスペースへ駐車をする、というケースをイメージして説明していきます。この説明で書いてある左右を逆にすると、右側の駐車ができますので、これをベースに臨機応変に考えてみてください。どちら側のスペースへ入れるかで操作は変わりますので、注意してくださいね。

まずは必ずスペースの確認

これは乗用車でも同じですが、駐車しようとしているスペースをまずしっかりと確認してください。

障害物がないかや、人が飛び出してこないかなど、特にトレーラーは死角の多い車両ですので、注意深く確認が必要です。見えづらい際には、一度降車して確認をしても良いでしょう。

いったん停車し、窓を開けて確認

次に、トレーラーの一番後ろの車軸が、ターゲットのスペースに差し掛かったあたりで停止します。この時、窓を全開にして、周りがしっかり確認できる状態にしてください。

トレーラーをまず曲げる

一般の乗用車であれば、このままハンドルを左に回してバックすれば後輪も前輪も左を向き、左ななめ後ろのスペースへ車体を入れることができますが、トレーラーでは、まず車体を曲げていくという作業が必要です。

まずは、トレーラーを左へ曲げたい(前から見たときに「<」の方向にしたい)ため、ハンドルを右へ回します。乗用車とは逆なので、注意しましょう。

ハンドルを元の位置へ戻す

トレーラーが3で左向きになったら、いったんハンドルを最初の状態(まっすぐ)に戻します。ハンドルを曲げた状態のままバックしていくと、トラクターが折りたたまれたような状態に近づいてしまうからです。ハンドルを戻し、微調整を行いながらバックします。

ハンドルを左に回し、車体をまっすぐにする

次はハンドルを左に回し、ゆっくりとバックをしながら調整を行います。

調整には、トラクターの運転席と前輪タイヤの方向で作られる角度(操舵角)を意識します。操舵角を、その時の折れ角よりも大きくなるようにハンドル操作し、車体をまっすぐにしていきます。ハンドル操作をやり過ぎると、逆方向に折れ曲がってしまうこともありますので、注意が必要です。

トレーラーを車庫スペースの奥まで入れる

続いて、トレーラーを駐車場に収めていきます。

先ほどからの説明の通り、トレーラーはハンドルをまっすぐした状態でも左右どちらかに折れてしまうため、トレーラーの向きにも気を付けながらバックすることが必要です。

また、乗用車とは異なり、トレーラーは動いていない時にハンドルを操作することができません。動きながら、トレーラーとトラクターをまっすぐにしていく必要があります。

非常に難しいので、実際にはトラクターを伸ばすことはほどほどにし、トレーラーをスペースへきちんと入れることを第一に考えましょう。

トレーラーの駐車時の注意

上記のように、1つずつ操作を分けて考えてみると、少しだけ駐車のハードルが下がったのではないでしょうか。ここでは一番気を付けてもらいたいことを再度お伝えします。

それは、必ず「周りをしっかりと確認すること」です。トレーラーは車体が大きいため、どうしても死角ができてしまう乗り物です。大きな車両は、大きな事故を起こしやすく、危険です。自分の身や他人の命を守るためにも、絶対に安全確保は怠らないでください。

記事にも書きましたが、バックをする前には目視確認をすることが必要です。しっかり窓をあけたり、少しでも不安がある場合には、いったん車を降りて確認をしてください。

安全運転で、かっこよくトラクターを乗りこなしてください。

トレーラーの練習方法

慣れないうちは難しく、不安を感じやすい車庫入れやバックは、しっかり自分でも練習されることをおすすめします。まずは公園の駐車場や、広いスペースで実際に運転して慣れる、というのがやはり上達への近道です。周りに危険なものがないことや、進入禁止になってないかなどは事前にご自身で確認してくださいね。

トレーラーが上達するための練習ステップ

まずはバックでまっすぐ進む練習

バックで左右へ曲がってしまう回数や幅を、最小限にとどめることを目指します。トレーラーが右に曲がったら(トラクター正面から見ると「<」の形)、ハンドルを左へ回す、逆なら逆にハンドルを回す、という動きを繰り返します。どのくらいハンドルを回せば、どの程度トレーラーが動くかを体に覚え込ませましょう。

バックでまっすぐ進めるようになったら、次はトラクターを伸ばす(まっすぐにする)練習

大きな折れ角を作ってから、トラクターをまっすぐに伸ばす操作を練習します。これも体にしみこませましょう。

最後に車庫入れの練習

まずは広いスペースで車庫入れにチャレンジしてみましょう。特に初めは、地面に駐車ラインが引いてあるような場所で行うことをおすすめします。ラインがなければ、カラーコーンなどでターゲットとなるスペースをマークして練習してみましょう。

実際にトレーラーを使って運転できないときの練習方法

先輩ドライバー助手席に乗ってみる

自分だけで練習をしていても行き詰ってしまうこともあります。他に先輩ドライバーが周りにいる場合には、助手席に乗せてもらい、運転操作を観察してみましょう。

お願いできるのであれば、自分が乗るトラクターとトレーラーを一度運転してもらっても良いですね。良いところは自分の運転にどんどん取り入れていきましょう。

初心者はアプリやゲームでも

実際の運転とは勝手が違いますが、ゲームやアプリ、ラジコンなどで大体の要領をつかむことは可能です。初心者の方や、実際に運転する機会に恵まれない方は、こういった方法でイメージトレーニングをすることも良いかもしれませんね。

トレーラー運転に必要なけん引免許の取得方法

ここではそもそもトレーラーを運転するための「けん引自動車免許」をどうやって取得するのか、簡単に説明します。

方法は大きく分けて2つです。1つ目は、乗用車のように自動車運転の教習所に通う方法。2つ目は、教習所には行かず、最初から実技試験を受ける方法です。

教習所での免許取得

教習所では、講習をきちんと受けて、スキルを学ぶことができます。全くの初心者の方は、教習所に行かれたほうが良いかもしれませんね。

技能試験を試験場で受けるケースと、教習所の講習を受けて卒業することで実技試験が免除されるケースがあるようです。

実技試験でぶっつけ本番で取得する方法

教習所に行かず、実技試験を受けることも可能なようです。合格率は約82%と高いので、運転のイメージが出来ている人は、教習所には行かずに受けてみても良いかもしれません。

ちなみに試験のチャンスは1回ではなく、不合格でも再チャレンジができるようです。練習のつもりで一度チャレンジし、2回目に本番、という気持ちで受けても良いかもしれないですね。

運転する上では、今回の記事で説明したバックや車庫入れが最大の難関ですが、もし上手くいかなくても焦らず、切り返しを行いながら落ち着いて駐車ができれば大丈夫でしょう。

ちなみに、けん引2種免許も同じ試験内容ですが、合格ラインが違うようです。スムーズに試験で運転できて、基準を満たしていれば、もしかすると2種免許までゲットできてしまうかもしれませんね!

免許取得後も安全には十分注意して、かっこいいドライバーになってくださいね。

最初に登録するならドライバーアイランド

ドライバーアイランドは今最も勢いのあるドライバーとして働きたい方向けの求人サイトで、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

優良会社、大手企業から中小企業まで個人にあった会社をご提案

まずは無料で相談してみる