ドライバー年収一覧のバナー_横長
みんなの転職経験談_横バナー
ドライバー・運転手

トラック運転手の人間関係のホンネ!ドライバーの人間関係がまるわかり

トラック運転手は一般的に仕事中に人と接することが少ない

トラック運転手の仕事は複数人やチームで行う業務が少なく、荷積みから運搬、荷降ろしまで基本的に1人で行います。また、業務の内容にもよりますが、トラック1台につき、1人のドライバーが担当することが基本となっています。

そのため、ドライバーは仕事中に他の誰かとコミュニケーションをとる機会が少なく、人間関係のわずらわしさに遭遇する確率も少なくなります

トラック運転手の1日と人間関係

トラック運転手の1日の仕事の流れはこのようになっています。

  • 5:00~6:00 出社
  • 5:30~6:30 運行前点検・始業点呼・朝礼
  • 6:30~7:30 配達先へ向けて出発
  • 8:00~9:00 配達先到着・納品作業開始
  • 11:30~13:00 昼食休憩、集荷先へと向かう
  • 13:00~14:00 集荷先到着・積み込み作業開始
  • 16:00~17:00 終業点呼後、帰社

1日の中で必ず対面で人と話さなければならないのが、点呼の時です。長距離運行で遠隔地にいる場合を除いて、ドライバーは運行管理者から必ず対面で運行前のチェックを受ける必要があります。この時に、業務に関する指示も受けることが多いため、対話の時間が生じることになります。

また、配達先や集荷先で会話をする機会も多いです。荷積みや荷降ろしの際に担当者の方から指示を受けるため、多少なりとも会話は必要になります。特にクライアントとの人間関係の構築はスムーズな作業をする上でも非常に大切です。

トラック運転手にはどんな人間関係があるか

社内の同僚や先輩との人間関係

トラックに乗っている時は基本的には1人の時間が多いですが、朝夕の点呼のタイミングでは同僚や先輩などと仕事に関する情報交換をする絶好の機会となります。日中、一人の時間が多いドライバーにとって、仲間からの情報というものは仕事を円滑にこなす上で非常に重要なものになるのです。

例えば、『あそこの道路が通行止めになった』とか『いつも納品に行くA社の倉庫の荷降ろし方法が少し変わった』など現場で仕事をする運転手にしか分からない情報を共有したりするのです。

そのため、普段からドライバー同士の円滑なコミュニケーションで人間関係を築いていくことが求められますし、終業時に書く業務報告書などで新たに気づいたことを共有していくことが必要なのです。

社内の事務員との人間関係

トラック運転手には現場の人間関係の他に、事務所内で働く事務員との関係もあります。会社によって呼び方は異なりますが、事務員とは総務・経理・営業の人たちのことを指します。

例えば、営業職の人はお客様からの要望に対して、実現可能かどうかを関係各所に聞いて周ることがあります。その際にもドライバーに対して、『このような要望がお客様からあるのだけど、現場の視点からはどうだろう』などと意見やアドバイスをもらうことがあります。

このように、事務員は現場の状況を把握するためにも、ドライバーとコミュニケーションを取る機会も必要なのです。

横乗りしている間の先輩との人間関係

トラック運転手として採用されて間もない時期は、先輩が運転するトラックの助手席に横乗りして研修を受ける機会が多くなると思われます。その際は、先輩と二人っきりの時間になるので、コミュニケーションを取る絶好の機会となります。

最初は仕事に関することを聞いて、仕事を早く覚えていくことが先決です。慣れてきたら世間話などで打ち解けていくことで、より良い人間関係を築くことができるでしょう。そうすることにより、社内における人間関係の息苦しさや緊張感も緩和されてきます。

配車係との人間関係

ドライバーとしての評価を上げる上で重要になってくるポイントは配車係に信頼されることです。配車係とは依頼された仕事や案件に対して効率的にドライバーやトラックを振り分けていく仕事のことですが、信頼が厚い運転手に対しては、重要な仕事を任せたくなるのも配車係の本音なのです。

また、配車係は運行管理者の資格を持っている人が多いため、点呼の時などでドライバーとコミュニケーションを取る機会が非常に多いポジションです。つまり、ドライバーとして昇給していくためには現場を束ねる存在である配車係との人間関係を強固にしていくことが必要不可欠と言えるでしょう。

配送先での出荷担当者や荷受人との人間関係

トラック運転手における人間関係は自社内だけではありません。集荷先や納品先で先方の担当者とコミュニケーションを取る機会はあります。

例えば、積み込みをしてきた荷物を降ろす際に、倉庫のどの位置にどのように降ろすのかを事前に確認しておく必要があります。担当者が忙しそうだからと言って、何も確認せず、適当に降ろしてしまうとクレームへと繋がってしまいますし、信頼を失いかねません。たとえ、いつも行く納品先であったとしても、出荷担当者や荷受人と会話を重ねることで、良好な人間関係を築くことができるのです。

一方で、納品先に行っても担当者と全くコミュニケーションを取らないケースもあります。例えば、ターミナル間輸送の仕事がその一つです。ターミナル間輸送の仕事は、近くの配送センターから集められた荷物を大型トラックを使ってまとめて長距離輸送する仕事のことです。コミュニケーションが少ないのは、荷積みや荷降ろしの仕事はターミナル担当者がフォークリフトで行う場合が多く、ドライバーは運転のみの業務になることが多いためです。

トラック仲間との人間関係

自社内の運転手同士でコミュニケーションを取ることの他に、他社の顔見知りのドライバーと会話をすることも大切になります。一つ例を挙げると自社で庸車しているドライバーが身近な存在と言えるでしょう。

庸車を言い換えると下請けしている運送会社から出しているトラックのことになりますが、庸車のドライバーは納品書を受け取りに来るために、元請けの事務所などに頻繁に出入りします。その際に、道路状況や他社の状況といった色々な情報を共有することができます。

トラックの中で一人で過ごすことの多い運転手は外からの情報が入りにくいのがデメリットでもあります。そのため、自社のみならず他社のドライバーから得る情報というものは非常に貴重な情報源となるので、広く人間関係を持つことはメリットとなります。

人と接することが少ない職種と多い職種

人と接することが多いトラックドライバーの職種

人との関わりが少ない印象があるトラック運転手の仕事ですが、人と接する機会が多い職種もあります。それは、宅配便配送と引越しドライバーの仕事です。どちらも個人のお客様と接する機会が多いため、コミュニケーション能力と接客マナーが要求されます。

また、コンビニやスーパーといった小売店に食品を配送するルート配送の仕事も人と接する頻度が多くなります決まったルートで配送するため、一定の人間関係に限定されますが、配送する店舗や場所が多いため、接する人の数は必然と多くなります。

人間関係が少ないトラックドライバーの職種

一方で長距離トラック運転手の仕事においては人間関係が極端に少なくなります

長距離ドライバーの仕事の多くは『運転のみで荷物を目的地まで届ける』ということが主な業務となりますので、荷物の積み込みや積み下ろしまでドライバー自らが行う場面はあまり多くはないのです。

長距離ドライバーは納品先で荷受人と荷物のチェックをする際、多少の会話を交わすことはありますが、それ以外でコミュニケーションを義務的に取らなければいけない場面は少ないでしょう。

人間関係が少ないトラックドライバーのメリット

トラック運転手の最大のメリットは、移動中の車内で自由に過ごすことができるということです。

特に長距離トラックドライバーにとっては納品時間よりも移動時間の割合が多いため、車内で一人で過ごす時間も長くなります。そのため、安全運転に支障をきたさない程度であれば自由に過ごしてもOKということになります。

例えば、眠気覚ましのために音楽聴いたり、家族や同僚とハンズフリーで電話をしても良いでしょう。また、休憩中に大音量で動画を見ていたとしても、周りに文句を言う人はいません。

また、人間関係が少ない分、時間管理をするのもドライバー自身で行います。つまり、いつ休憩を取るのか、何時に出発するのかを決めるのも全て運転手です。自分のペースで仕事をしたいと思っている人ほどメリットだと感じる仕事です。

トラック運転手に向いている人

孤独に強い人

トラック運転手に向いている性格の人としては、一人の時間が長くても苦にならない人です。車内で孤独な時間が続くドライバーの仕事は人間関係が少ないため、一人で過ごす時間が好きな人にとっては最適な仕事と言えるでしょう。

マイペースでも責任感もって仕事を管理できる人

トラック運転手は一人で仕事をする時間が多い分、責任感や自己管理能力も求められます。人間関係が少なく、誰かに見られている時間が少ないため堕落してしまいがちですが、自分を律する心を常に持っておく必要があります。

マイペースに仕事をしていたとしても、時間内に正確に納品できればしっかりと評価される業界でもあります。不明・不安なことがあれば、上司や同僚と積極的にコミュニケーションを取って、解決していく姿勢を持つことも大切です。

組織の人間関係に疲れた人にはトラック運転手がおススメ

『上司との性格が合わず、通勤時間になると胃が痛くなる』、『転職を繰り返しているが、どれも人間関係が原因で辞めている』、といった人間関係によるストレスを抱えている人は一度、トラック運転手としてのキャリアを検討してみてください。複雑な人間関係が少ないので、自分の時間を保ちながら仕事に集中することができます。

全ての人にトラック運転手としての仕事が合うわけではありませんが、全くの異業種から未経験で転職してくる人も多数存在する業界でもあります。

実際に仕事をしてみたら、楽しくて長く続けている人もいますので、少しでも気になったら求人サイトや転職サイトで、今すぐ検索してみてください。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー