ドライバー(運転手)の給料と働き方

トラックドライバーに支給される手当の内容にはどんなものがあるの?

ドライバーの仕事内容は多岐に渡ります。特に近年ではインターネットショッピング市場の急速な成長により、取り扱う宅配便の個数が増加しており、ドライバーの需要は非常に高まってきています。

さて、そんなドライバーの仕事を始めるにあたって、気になるのが給与ですよね。ドライバーの給与には「基本給」とは別に「各種手当」が設定されています。手当が充実しているほど給与も高くなっていきますから、手当の有無や内容は重要です。

では、各種手当はどのような種類があるのでしょうか。一般的な「通勤手当」「家族手当」「役職手当」などの各種手当のほかに、ドライバーならではの手当がありますのでご紹介します。

トラックドライバーにはどんな手当があるのか

無事故手当・無違反手当

文字通り、無事故を継続している場合に支給されるのが「無事故手当」です。無事故の基準は「1か月を通して無事故・無違反」や、「1年間無事故」など、会社によってさまざまです。

逆に、事故を起こしてしまった時には、車の修理費を支払うために手当がカットされてしまうという事例もあるようです。

安全運転はドライバー自身のためになるだけでなく、車体の維持、会社からの信用、さらに荷主からの信頼にもつながります。無事故を維持して手当まで受け取ることができるなら、より高い意識で仕事に臨めるのではないでしょうか。

愛車手当

ご自身の愛車で仕事をしている方に対して支給されるのが「愛車手当」です。ただし、すべての会社が愛車手当を導入しているというわけではないようです。

その理由としては、

・会社の車を使用することになっているので、愛車は使う機会がない

・車にかかわるものはすべて会社が支払う取り決めになっているので、手当としては支給されない

など、そもそも愛車手当という制度自体を必要としないことが多いためです。

また、愛車を持ち込むという雇用条件でも、持ち込むことを前提にして給与が高めに設定されており、手当としては支給されない場合もあるようです。愛車を仕事で使いたい方は、愛車手当があるか特に注意が必要です。

なお、車の洗車やオイル・タイヤ交換が行き届いていることを条件に支給する場合もあるようです。日々の清掃を怠らないようにしましょう。

ドライバーの求人票をみるときは手当の支給有無と内容を確認をしよう

このように、需要が高まっており、人手不足とも言われている運送業界ですが、手当の内容や支給条件は実にさまざまです。

しかし、雑誌やインターネット上に掲載されている求人広告には、細かい手当の内容までは書かれておらず、「各種手当」と大まかな説明でまとめられている場合もあります。

仕事を始める前には、ご自身の希望に合っているか、雇用条件をしっかり確認するようにしましょう。

最初に登録するならドライバーアイランド

ドライバーアイランドは今最も勢いのあるドライバーとして働きたい方向けの求人サイトで、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

優良会社、大手企業から中小企業まで個人にあった会社をご提案

まずは無料で相談してみる