みんなの転職経験談_横バナー

LINEで転職の気軽な相談はコチラから

ドライバーの転職サイト1
ドライバーや運送会社が知っておくと便利な情報

物流・運送会社のための3PLまるわかり解説

3PLとは

3PLは何の略?

カタカナ言葉で「サードパーティー・ロジスティクス:Third Party logistics」の略です。

サードパーティーは第三者の意味となります。ロジスティクスは、元は軍用語であり兵站という意味です。

物流と同義にされることもありますが、物流は「ものの流れ」、ロジスティクスは、それを一元化して管理し最適化しようということです。

3PLって何?

荷主や運送業者でもない団体、組織が荷主に代わって、物流を最適化するための企画や提案、実行をすることです。

短く言うと、第三者が荷主に代わりロジスティクスを担当することです。在庫管理や輸送だけでなく、返品や修理品などのほとんどの物流を請け負います。

3PL業者には種類がある

「アセット型」と「ノンアセット型」に分けることが出来ます。

「アセット型」とは、倉庫を持っている、自分で輸送することができる、物流の拠点などを自社で所有している業者です。全て自分でやっているため、自社の業務改善などで対応できます。荷主にとっても、一社だけで済むので意思疎通がしやすく、信頼関係も築きやすいです。

「ノンアセット型」とは、倉庫や輸送ルートなどを自社で所有しておらず、倉庫業者や輸送業者と連携する業者です。そのため、倉庫ならこの会社、輸送してもらうのはこの会社と、荷主の細かいニーズに応えることが出来ます。在庫や輸送量などにとらわれずに対応できます。

3PLの目的と注意点

なんで第3者に任せるの?

餅は餅屋の発想です。物流のノウハウやルートが無い自社がやるよりも、物流専門の会社に任せようということです。物流のためのコストや時間をかけずに済むので、本職に集中出来るため、質が上がり利益も上がるという狙いがあります。専門家の方が慣れていない自分たちよりも、さらにコストをかけずに仕事も早いだろうと考えたわけです。

例えるなら、職人と販売店、業者が手を組むことです。

職人は作った物を売りたいと考えました。物流も勉強しないといけません。商品をお店まで配達するのにも時間がかかり、お店も店に並ぶだけしか在庫を置けません。毎朝、遠いところまで配達する必要があります。

そこで業者が、私が商品を管理しお店まで配達しますと言ってきました。

職人は、では契約金はこれで毎月いくらでお願いしますと業者に任せました。物流を勉強する必要がなくなり、自分で配達せずに済みます。

業者はノウハウや独自ルートを活かして、商品を管理し、安全にお店に配達してくれました。

その結果、職人は商品にかける時間やお金を多く確保することができたので、今までよりも良い商品をたくさん作ることができました。

3PLにデメリットはあるの?

典型的な内容としては、

  • 「自分が商品を管理していないから、実際はどうなっているのかわからない」
  • 「思ったよりコスト削減されなかった。既に商品にお金をつぎ込んでしまっている。困ったな」
  • 「コスト重視で要求し続けていたら、業者の仕事の質も落ちてしまった・・・」
  • 「ほかの業者に頼んでたけど、何もしてくれなかったしトラブルばっかだったよ!」
  • 「ついつい、自分でやるべきことも頼んでしまった。失敗したな」

といったものがあります。

業者に頼りきらない、コスト削減にこだわり過ぎない、情報を常に把握していること、業者もきちんと選ぶことが大事です。いい加減な業者や詐欺業者に引っかからないようにするためにも、業者選びは重要です。

3PLの注意

3PLは物流を専門の第三者が担当してくれることにより、本業に力を入れることが出来るので、利益や商品、サービスの質の向上にも繋がります。

しかし、自分の商品やサービスなどを他社に任せるということは、当然デメリットがあります。業者の選択、情報を共有し、どこまで他人に任せるか、信頼関係を築けるかが重要です。

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー