みんなの転職経験談_横バナー

LINEで転職の気軽な相談はコチラから

ドライバーの転職サイト1
ドライバーや運送会社が知っておくと便利な情報

トラックの車内を快適にするポイントをドライバーに聞いてみました!

どんな車を選ぶのか以外にも、どんな車内にするかにもこだわりたい。そう思う人もいるはず。特に、最近は「デコトラ」と呼ばれる派手なトラックをほとんど見かけなくなってきました。ですが、ダッシュボードにプレートが置いてある、シフトノブにカバーを付けているなど、車内はこだわってる人が多いです。デコトラやプレートを作るほどではないというような人でも、シフトノブを変えている人は多いです。

自分にとって、便利なものを載せるのもよし、癒やされるものや気合が入るものを載せるのもよし。同じ車であっても、その車内は人それぞれ違うでしょう。また、長距離を走るドライバー、途中で仮眠を取るというような人もいるでしょう。中距離以下でも、長時間トラックに乗ることもあり、その付き合いも数年と長いです。

今回は、ほぼ半日をともにするトラックの車内を快適にするものをご紹介します。

トラックにあると便利なカー用品

エアサスシート

普通に私たちが座っているような椅子とは違い、運転席の下(椅子の脚の部分)が特殊になっています。これにより、走行中の振動が抑えられ、疲れにくくなります。

私が普段履いているランニングシューズも、振動を抑えることで筋肉の疲労を軽減するというものです。走行中の振動が伝わる椅子や靴も、クッションを柔らかくする、増やすなどではなく、振動を抑えることを重視すると考えると、なかなか侮れない要素なのでしょう。

大型トラックに装備されることが多いです。乗り心地の良さに関わる大事なものです。また、振動が伝わりにくいということは、単純にストレスも減ります。

通称、デコデコことDCーDCコンバータ

トラックドライバー、特に長距離や大型の人には定番です。インターネット上に限らず、私の周囲でも、トラックを仕事で使う人や現役・元トラックドライバーは全員持っているので、やはり定番ですね。全員、大型や長距離、現場が遠いので、中型や小型はよくわかりません。乗用車に乗る人で使う人は少ないかもしれません。

だいぶおおまかにご説明します。乗用車とトラックの電圧は違います。そのため、乗用車で使えた機器がトラックでは使えないこともあります。そういう時に、乗用車用の機器も使えるように電圧を変更してくれます。

これがないと、せっかく載せた便利なものも使えないということになりかねません。トラックの電圧に対応している機器を選ぶか忘れないでこれを載せるかの二択です。

ほかには、そもそも車の電気が必要ないものや方法を選ぶことです。乾電池や充電式などです。しかし、充電式は途中で切れてしまう可能性もあります。充電器や発電機が必要ですが、それらはトラックに何人か乗って現場に行く時などに、使うことがあります。トラックドライバーの中にも、使う人はいるかもしれません。

DC-ACインバータ 通称、インバーター

一言でまとめると、家庭用のコンセントが使えるようになります。長距離やそうでなくとも、一日の殆どをトラックで過ごす人もいます。そんなトラックドライバーや目的地が遠い人の中には、家電を持ち込む人もいます。ケトルや場合によっては小さい冷蔵庫など、家で使うような生活家電です。コンセントが必要なものも使えるようになり、便利であるため持っている人は多いです。

ハンズフリーのマイクやイヤホン Bluetooth機能のカーナビやスピーカー

交通安全や法律上、持っていたほうが良いでしょう。というより、長距離の人や休憩をほとんどしない人、トラックに乗っている時間が長い人は必須でしょう。走行中は絶対電話に出ないという人は必要ないかもしれませんが。

電話をしていなくても、手に持っていただけでもアウトです。条例により、ハンズフリーでも捕まる地域もあります。電話を持っている人と同じく、そちらに注意がそれてしまうので危険ということです。また、ドリンクやタバコを片手に運転することも実はだめです。警察官のさじ加減にもよります。できれば、邪魔にならない路肩や時間帯に車を止めて通話するか、かけ直すようにしましょう。

Bluetoothを利用する場合は、カーナビ等の機器が対応していることを確認しましょう。最近は、ほとんどのカーナビに付いています。

バックアイカメラ

後ろが見えにくいトラックですが、後方にカメラを付けることにより、ルームミラーの位置にあるモニターに後方の映像が映ります。乗用車でも、バックして駐車する時などに使います。ここ数年の車には、ほとんど付いているのではないでしょうか。

非常に便利ですが、それでも乗用車も含め事故は起きます。カメラに映る範囲だけ考え、その周りを確認せずに車や人が来ていることに気づかない。駐車する際に、実際に自分の目で確認せずにバックしたら隣の車にぶつかってしまった。というような、人の目による確認不足が原因で起こる事故が多いです。

私自身、駐車が得意ではなく、車が古くカメラもないため、次の車には付いていたら便利だなと思っていました。ですが、やはり自分の目で確認することが大事だと再認識しました。練習あるのみですね。

カーナビ

長距離やその時によって目的地が違うトラックには、最新ではなくとも、2、3年以内の地図が入っていて、きちんとしたものが備わっているだろうと思っていました。ですが、ドライバーの人たちは自分でカーナビを買っていました。Bluetoothがついているものにする、古いので買い換えるなど、理由はそれぞれ違いますが、自分で買うものなのかと驚きました。

また、地図アプリを使っているという人もいます。そういえば、そんな時代でした。トラックドライバーにも使われているんですね。高機能なアプリを使いこなせるなんてうらやましいです。私は、グーグルマップをうまく使えません。駐車が苦手なのも含め、ほとんど出かけないことが理由でしょう。

カーナビやアプリの中には、車両の大きさや規制情報に合わせてトラックが通れる道に誘導してくれるものもあります。場合によっては、それでも狭い道に誘導されてしまうことあります。機能自体がついていないものも多いです。いざという時は警察等に頼ってください。

長距離トラック向けの快適な生活におすすめなアイテム

家電アイテム等

ケトルやポット、冷蔵庫など、カップラーメンやスープ、レトルト食品を作る時に便利です。カセットコンロを載せる人もいます。

入浴のための道具

タオルやシャンプーなど、出先でお風呂に入るための道具一式です。場所によっては、シャンプーなどが置いてないところもあるので、持っていると良いでしょう。

また、置いてあるシャンプーなどを使用することで、肌が荒れることもあります。出先でアレルギー症状が出ても大変です。アレルギーが不安な人は置いてあるものを使わずに、自分で持っているものを使うと安心です。

社内のクリーニングための掃除道具

消臭グッズ

カー用品店で売られている各種芳香剤や消臭剤がメジャーで安いためにおすすめです。特に匂いが気になる人は、ポータブルの空気清浄機で消臭している人もいるようです。

シートやフロアのクリーニング道具

100均で売っているコロコロを積んでおくと便利です。小型のものであれば充電式や電池式の掃除機をもっておくと、清掃が一気にはかどります。掃除機を使うとポケットの中の掃除なども楽ちんです。

快適な仮眠・睡眠のための便利グッズ

カーテン

車内で仮眠を取ることもあります。そんな時に、人の目を気にせずに済み、ライトや太陽の光を防いでくれます。また、夏の強い日差しも防いでくれます。仮眠を取らずとも、停車中でも日差しが強く、車内も暑くなるので、そんな時にカーテンがあると便利です。

遮光カーテンであれば、さらに光が気にならなくなります。また、普通のカーテンよりも、外の気温に左右されにくくなります。

お気に入りの寝具

自分が寝やすく、疲れにくい寝具が良いでしょう。車内に限らず、家でも同じです。ですが、家で使いやすい寝具と車内で使いやすい寝具はおそらく違うのではないでしょうか。例えば、普段は柔らかめのベッドで寝ており、椅子を倒して寝る人の場合です。マットがあまりにも柔らかいとシートの形になり、寝づらいでしょう。少し固めであれば、シートの上に載せてもほぼ平らに近くなります。

枕も同様です。柔らかさもそうですが、場合によっては形状やカバーなど、滑りにくいものを選ぶと良いでしょう。その人の好み、寝方や寝る場所等にもよります。電気毛布などもあると、さらに温かくして眠ることができます。

自分好みの快適な車内で過ごしやすく

いかに快適に過ごせるようにするかも大事ですが、長時間・長期間過ごす部屋でもあるため、自分好みの車内にすることも大事です。また、走行中も音楽やラジオを聴く、ビデオを観られるようにする(当然、走行中は禁止です)等の飽きにくい工夫をすると良いでしょう。

よく見かけるのは、駐車場で漫画雑誌を読んでいる人です。しかし、何かをしながら運転している時も、雑誌を読みながらであることが多いです。長時間、とくに直線道路で気が緩みがちになるのもわかりますが、乗用車よりも大きく重い車体であり、すばやく横に避けたり急ブレーキも難しいです。事故が起きてからでは遅いです。走行中がいかに退屈でも、事故を起こしてしまえばのんびりすることもできなくなってしまいます。

 

シフトノブに自分で選んだカバーを付ける、ハンドルカバーを運転しやすく好みのデザインのものにするなどもおすすめであり、多くのドライバーがこだわっているところです。飽きにくく、快適に過ごせるような空間を作りましょう!

高年収&好条件のドライバー・運送業界の仕事探し

「働いても給料や条件があまりよくならない」「体力的にも労働時間もしんどくなってきた」「将来が不安」、でも”いい仕事ってないよなぁ”と感じたりしていませんか?

もしそうなら、ドライバー不足の今は絶好のチャンスです!

ご存じかもしれませんが、ドライバー不足でどこの企業も人を欲しがっているため、これまで考えられなかったような高年収・好待遇の案件が増えてきています!

なので、もしあなたが最近になっても「あまり年収や待遇がよくならないなあ」と感じるなら転職すれば年収・条件アップの可能性はかなり高いです!

【LINEでドライバーの転職相談】

もちろん転職やお金が全てではありません。慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。

ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。

ただ、ドライバーの仕事は忙しいのでじっくり探す時間はなかなか取れないものです。ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。

それなら、ドライバーズジョブの転職サポートサービスに仕事探しを任せてみませんか?

  • 転職するしないに関係なく完全無料でサポート
  • 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる
  • もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる

ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです!

ドライバーズジョブはドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします!

登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

 

ドライバーの転職サイト
みんなの転職経験談_横バナー