免許証の(更新・変更・紛失・再発行など)手続き情報

免許証の本籍・氏名(名前)の変更手続きの流れ

長い人生の中では、結婚や戸籍を入れて本籍変更をしたり、氏名(名前)変更したりすることは誰しも起こり得ることです。

しかしこれらは頻繁に発生するわけではないので、もし変わった場合にどう手続きすれば良いのかわからない方も多いと思います。そこで今回は運転免許証の本籍変更や氏名(名前)変更の手続きの流れを解説していきます。

Contents

運転免許証の本籍や氏名・名前の変更をする場所とタイミング

運転免許証の本籍や氏名・名前の変更はどこでできるの?

運転免許センターや運転免許試験場、警察署(公安委員会)などで変更を行うことが可能です。自宅から近い所や、自宅から行きやすい場所など、自分の都合に合わせて場所を選ぶと良いでしょう。

どんなときに運転免許証は本籍や氏名・名前の変更が必要になるの?

結婚や入籍、離婚、改姓などで、運転免許の記載事項に変更が生じた場合に、変更処理をしなければいけません。氏名は免許証の表に記載されていますが、本籍の記載は現在ありません。しかし、現在の免許の中にはICチップが組み込まれており、その中に本籍の情報が入っています。変更処理はとても重要ですので、必ず行いましょう。

免許証の本籍や氏名・名前の変更をしないとどうなるの?

記載事項が変わったら、速やかに変更をしなければいけません。忙しいからと、そのままにして後伸ばしにするのは避けた方が良いです。あまり知られていませんが、変更をしないままにしておくと、道路交通法違反となり罰則の対象です。

第九十四条 免許を受けた者は、第九十三条第一項各号に掲げる事項に変更を生じたときは、速やかに住所地を管轄する公安委員会(公安委員会の管轄区域を異にして住所を変更したときは、変更した後の住所地を管轄する公安委員会)に届け出て、免許証に変更に係る事項の記載(前条の規定による記録が行われる場合にあつては、同条の規定による記録)を受けなければならない。

引用:e-gov 電子政府の総合窓口

上記のように、法律で規定があります。期限やいつまでという記載はありませんが、『速やかに』という表現がありますので、戸籍を入れて本籍が変わったら、免許の失効などないようになるべく早めに変えると良いです。

運転免許証の更新と同時に本籍や氏名・名前の変更はできるの?

免許証の更新と同時に変えることはできます。忙しくて中々行く暇がない方は、更新時に同時に済ませましょう。二度行かなくて良いので、手間が省けます。

しかし、注意が必要です。前項において、変更が生じた場合は『速やかに』処理を行わないと罰則対象となる旨を説明しました。そのため、更新時期までかなり期間がある方は、時期を待たずに変更を行う方が良いです。

免許の住所変更と同時に本籍や氏名・名前の変更はできるの?

こちらは可能なので、一緒に変更処理をすればとても効率が良いです。しかし、必要な書類が少し異なってきますので注意が必要です。

住所変更の場合は、住民票以外にも、公共料金の領収書や本人宛の郵便物などの住所を証明できる書類が必要となる場合がありますので注意しましょう。また、住民票か、住所を証明できる書類のどちらかで良いという場所もあります。

運転免許証の本籍や氏名・名前の変更を行う手続きの流れと時間

運転免許証の本籍や氏名・名前の変更にはどれくらい時間がかかるの?どこで住所変更するのが早いの?

それほど時間を要しません。開始から完了まで、順調にいけば30分程で終わります。

到着したら、窓口に置いてある書類に記入をし、必要書類を提出して受付をしてもらえば、あとは特にすることはありません。しかし、混雑している場合には処理に時間が掛かる場合があります。

免許センターの場合、取得や更新などで毎日大勢の人が訪れるので、混んでいるために受付が遅くなったり、処理に時間が掛かってしまう恐れがあります。その点、警察署の場合は空いていることが多く、窓口も混みませんので早く処理が完了します。

免許証の本籍や氏名・名前の変更は場所によって予約・受付時間や事前に必要な手続きはあるの?

各場所において、基本的には平日の午前8時30分から午後5時15分までの様な受付時間となっています。

当然ですが、受付時間外になると処理は受け付けてくれませんので、時間に余裕を持って出かけるようにしましょう。

各都道府県によって受付時間は変わりますので、自分の住んでいる地域はどうなのか確認すると良いです。また、変更にあたっては、事前に必要な手続きなどは特にありません。当日、処理をする場所へ直接出向きましょう。

土日祝日や休日・年末年始に免許証の本籍や氏名・名前の変更はできるの?

基本的には、土日や祝日、年末年始などの休日は受付していません。そのため、仕事などで忙しいと、中々処理をしに行くことができないという方も多いのではないでしょうか。しかし、都道府県によっては、日曜日に受付を行っている地域もありますが、土曜日は基本的に受付をしていない所が多いでしょう。自分の住んでいる地域でも確認をしてみると良いです。

どの警察署でも免許証の本籍や氏名・名前の変更はできるの?交番での本籍や氏名・名前の変更はできるの?

原則的には、自分の住所を管轄する警察署にて処理します。

しかし、実際には自分が住んでいる都道府県内であれば、全てのところで処理を行うことができます。また、基本的には交番で変更をすることはできません。例外的に、北海道では一部の交番や駐在所で変更を行うことが可能です。

免許の本籍や氏名・名前の変更は代理人にお願いできるの?

代理人に依頼することは可能です。変更の処理は、基本的には平日しか受け付けていないため、忙しくて行く暇がないという方はとても助かるでしょう。しかし、代理人に依頼する場合は、普通に本人が申請に行くよりも多くの書類が要ります。

代理人が処理を行う場合、申請者が代理人に宛てて書いた委任状と、代理人の身分を証明できる書類が必要です。委任状は、各場所には用意されていませんので、申請者が自分で作らなければいけません。また、代理人の身分を証明する書類とは、運転免許やパスポート、マイナンバーなどを指します。

運転免許証の本籍や氏名・名前の変更に必要な持ち物

警察署・免許センター・試験場で免許の本籍や氏名・名前の変更をするときに必要な持ち物は?

必要なものは、まず「運転免許証記載事項変更届」です。これは、各場所に置いてありますので、こちらで用意をしなくても大丈夫です。当日に、処理を行う場所で記入を行います。

次に必要なものは、現在の免許証です。そして、住民票の原本と認印も要ります。

代理人が代わりに変更を行う場合は、前項で説明をしたように、申請者の委任状と代理人の身分証明書類が要ります。忘れ物がないか、持ち物をしっかりと確認してから向かうと良いです。

運転免許の本籍や氏名・名前の変更をするときに必要な持ち物を忘れるとどうなるの?

持ち物を忘れてしまった時は、変更の処理を行うことができません。特に免許証は、変更の処理が完了すると、裏面に新しい氏名が印字されます。裏面に印字されたことで、変更の処理が完了したことの証になりますので、絶対に忘れてはなりません。処理をする場所までが自宅から近ければ良いですが、遠いとなると非常に手間となります。

免許証の本籍や氏名・名前の変更にマイナンバーは必要?

変更を行うのにマイナンバーは要りません。

変更を行う際は、マイナンバーの記載が無い住民票を提出しなければいけません。そのため、マイナンバーは要らないということになります。誤って記載された物を発行しないようにしましょう。

運転免許証の本籍や氏名・名前の変更にかかる費用・料金

免許証の本籍や氏名・名前を変更する手数料としてお金はいくらかかるの?

処理には料金が設定されておらず、費用は全くかかりません。そのため、安心して処理を行うことができます。しかし、処理で使う書類の費用や、電車・バス賃などがかかります。

免許の本籍や氏名・名前の変更の手続きの流れについて紹介をしてきましたが、いかがでしたでしょうか。変更を行うのは、警察署に行けば短時間でスムーズに行うことができ、料金も掛かりません。「思ったよりも簡単だな」と感じた方も多いのではないでしょうか。変更方法はとても簡単ですので、変更がまだできていないという方は、早速行ってみてはいかがでしょうか。

最初に登録するならドライバーアイランド

ドライバーアイランドは今最も勢いのあるドライバーとして働きたい方向けの求人サイトで、今まで数多くの就職支援をしてきたという実績があります。

登録はもちろん無料で、様々な働き方に合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や面接練習もさせてくれるので是非相談してみてください。

優良会社、大手企業から中小企業まで個人にあった会社をご提案

まずは無料で相談してみる